なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

北海道・来馬岳

2017-06-22 | 山歩き番外編

6月17日(土)
         

 ゴールドウィン、ザ・ノースフェイスの協力で毎年恒例になって
いるICI石井スポーツ札幌店のバス・ハイキングイベント、今年は
登別市の来馬岳にきまった。「らいばたけ」と読む。

 前日札幌に入り、札幌在住の守さんにすすきのでご馳走になる。
請川さん、坂本さんもご一緒。皆さん、2012年3月のメキシコ
以来、仲良く友達付き合いが続いいる。お腹がいっぱいになった
ところでホテルに送って頂き、明日に備えてすぐベッドに入る。

 17日の朝6時30分、ゴールドウィンの方に迎えに来て貰い、
ICI石井スポーツ札幌店に行く。7時集合出発のところ、6時
50分全員集合したのでバススタート。登山口のオロフレ峠まで
約2時間。峠の駐車場は車でいっぱい。聞けば、札幌は昨日まで
雨続きで、きょうの土曜日は久々の晴天ということだった。ほと
んどの登山者は、オロフレ山をめざす。

 9時25分、我々は来馬岳めざして出発。たおやかな登り下りの
繰り返しで、10時35分カルルス山到着。標高1077m、きょう
のコースの最高点だ。10分休憩して再び来馬岳をめざす。ゆるやか
な登り下りを繰り返し、12時25分来馬岳山頂を足下にする。ここ
までの間、チラホラを顔は見せていたシラネアオイだが、来馬岳の
東斜面は大群落になっていた。

 30分大休止を取ってから、カルルス温泉めざして下山開始。不安定
な急な下りをおっかなびっくり下ると、スキー場の下りが待っていた。
来馬岳までがのほほんとしたコースだったので、緊張感が倍加した。
くだりきってホッ。温泉に浸かってどうにか緊張もほどけた。帰りの
道もスムーズで、5時過ぎには石井スポーツのお店に戻る。

 夕食は今宵も守さんに面倒をみて頂く。請川さんはお友達とミスチル
のコンサートに行っているので、坂本さんと二人、沢煮鍋をご馳走に
なった。野菜が盛りだくさんの美味しいお鍋だった。

 18日(日)に帰らねばならないのだが、諸般の事情で帰りの飛行機の
手配をしていない。空港に行けばなんとかなるだろうと思って、空港に
行ったらなんとかなり、スムーズに羽田に戻ってこられた。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月7日( 水)〜12 日(月) | トップ | 工事中につき…。 »
最近の画像もっと見る

山歩き番外編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。