なんだ

「なんだ」へようこそ。岩崎ってナンダと思ってらっしゃる方々へ、岩崎がナニやってるんだかをご報告。

健康登山講座in 金沢

2017-03-14 | おしゃべり・講演会

3月8日(水)
            

 救心製薬さんに特別協賛頂き、年3回開講している健康登山講座、
2016年度の3回目として、金沢で開講。今回はアルパインツアー
名古屋営業所担当。

 新幹線が金沢まで伸びた現在、東京から金沢は近い。上野発12時
30分はくたか563号で金沢着15時25分。所要2時間55分。
タクシーで会場の教育会館に入る。会場で販売する『いまそこにある
山の危険』にサインを入れておく。17時半開場、18時開講。希望
としては、開場をあと30分遅らせて欲しい。雪が降ったり止んだり、
しかも寒いという天気の中、二百数十人がご参集下さった。

 1部では「山に登って元気になろう」と題して、山がいかに心身の
健康に役立つかを紹介、引き続いて救心のPRビデオ、これがなるほど
納得の内容で、一見の価値がある。

 休憩後、第2部では『自然人』編集長と岩崎の対談、なんとかまとめ
上げて終了。登山は健康の回復・維持・増強に大きく寄与するもので
あることを再確認頂き、一人でも多くの方に山に登って欲しいと、
「一億二千万人総登山者化計画」をアピール、また、山岳遭難事故を
減少させるためには登山者一人一人が、「いまそこにある山の危険」を
自覚すること、山は遊園地ではなく、危険にあふれた非日常の世界で
あることを、フェイスtoフェイスでアピールできるチャンスであった。
特別協賛して下さる救心製薬株式会社に改めて謝意を表したい。

 翌9日、アルパインツアー名古屋営業所の旅行説明会にお付き合い
した後、金沢発15時52分のかがやき530号で上野着18時22分で
家路につく。金沢〜上野の所要時間は、2時間30分だった。さすが新幹線、速い。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康登山講座、札幌で開講

2015-06-23 | おしゃべり・講演会

6月18日(木)

            

 救心製薬株式会社の特別協賛で、全国各地から三ヶ所開催地を
選んで、毎年3回開催されている「健康登山講座」が、2015年度の
1回目として、道新ホールで開催された。主催:日本山岳会北海道
支部、後援:北海道新聞、協賛:秀岳荘、ICI石井スポーツ札幌店、
スポルティバジャパン、カシオプロトレック、ザ・ノースフェイス、
協力:りんゆう観光、アルパインツアーサービス(株)。

 1部は「山に登れば元気になります」、2部は「今そこにある山の危険」
について、秀岳荘の小野さんとICI石井スポーツ札幌店の及川さんと
岩崎による鼎談。400人超の方がご参集下さり、盛り上がった集会になった。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新刊出版記念トークイベント

2014-12-09 | おしゃべり・講演会

12月2日(火)


 山と渓谷社が「今そこにある山の危険」を出版してくれた。アルパイン
ツアーサービス(株)が、新橋の本社説明会場でトークイベントを企画
してくれた。朝日新聞が顔写真入りで紹介してくれた甲斐もあって、
50人以上の方が参加して下さり、会場は一杯になった。岩崎のトークは
毎度のことながら、あっちに飛びこっちに飛び、退屈しないものであった。

 登山するに際しての一番の危険は、「登山の危険」を認識していないこと、
と岩崎は指摘、遭難防止のベストの対策は、一人でも多くの仲間を創ること、
いっときでも多く仲間と集うこと、この日のトークイベントの、それが結論であった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康登山講座 in 秋田

2014-11-26 | おしゃべり・講演会

11月22日(日)


 きょうは、「いい夫婦の日」だそうである。朝、茶の間に降りたら、そんな
話題がテレビから流れていた。

 上野発7時40分の新幹線で秋田に向かった。本日14時から、市内で
救心製薬特別協賛の「健康登山講座」が開催される。開場は13時30分
からだが、その前から顔出してくださる。太平山三神社総本宮の宮司、
田村泰教氏にもお出かけ頂いた。第一部は「山に登って元気になろう」、
第二部は「山の危険」、あっという間に終了時間の16時になってしまった。

 けっこう盛り上がって楽しい2時間であった。

岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html

無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩崎元郎の健康登山講座

2014-03-03 | おしゃべり・講演会

2月25日(火)


 救心製薬がスポンサーになってくれて、毎年3回各地で開催されて
いる健康登山講座、13年度の3回目がこの日、25日に徳島市で開
催された。NPO法人剣山クラブが10周年記念と銘打って、主催を引
き受けてくれた。

 徳島空港には、剣山頂上ヒュッテのオーナー、新居綱男さんと剣山
クラブの副理事長で日本山岳会四国支部長の尾野益大さんが出迎え
て下さった。会場に向かう途中、弁天山にご案内頂いた。標高6.1m、
日本一低い山であるそうだ。

 日本一低い山として、天保山を記憶していたが、天保山は江戸時代
に人工的に作られた山で、自然の山で地図に記載されている山として
は、弁天山が日本一低い山なのだ、という尾野さんの説明であった。

 健康登山講座は6時会場、6時半開講ということだったが、5時半頃
よりどんどん人が集まってくれて、二百数十人の山好きで、会場はほぼ
いっぱいになった。「山に登って元気になろう」、人生の主役は自分自身
だ。山は自分自身を演じる最高の舞台である。山に登るということは、
その舞台で主役を演じることだ。いつものように持論を展開し、楽しい
時間を共有できたと思う。

 打ち上げも盛り上がって、お開きは十二時近くなってしまった。

 毎回強力に協力頂いているアルパインツアーサービス(株)、協賛頂い
ているCASIOプロトレック、(株)エバニュー、スポルティバジャパン、
(株)ゴールドウィン、後援頂いた日本山岳会四国支部、剣山頂上ヒュッテ、
(株)笹倉スポーツ、(株)四季美谷温泉、アレックススポーツ、阿波の峠を
歩く会に、ありがとうございました。

 翌日は、剣山クラブの有志の方々と大麻山に登ってから、羽田行きの
飛行機に乗った。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩崎元郎の健康登山講座

2013-12-06 | おしゃべり・講演会

12月2日(月)


 救心製薬が特別協賛してくれて、全国各地で毎年3回開催している
「健康登山講座」、本年度の2回目を前橋ハイキングクラブの主催、
アルパインツアーサービス(株)の協力で開催した。会場は前橋市民
文化会館小ホール。300人超の方々がご参集下さった。

 この日のテーマは、第Ⅰ部が「山に登って元気になろう」。アベノミクス
が日本経済を活性化したとか言われるが、日本が元気になったとは
思えない。誰も彼もが過剰な情報に頭がいっぱいになって、考えることが
できなくなっている。夢を描くことができなくなっている。日本の元気を取り
戻すために、まずやらねばならないことは、頭を空っぽにすることだ。頭を
空にすれば、考えることができ、夢を描くことができる。頭を空にする最良
の方法が、山に登ること。山に登って元気になろう、という次第だ。

 救心製薬の P R 映画に続いて、第Ⅱ部は、質疑応答。最後にお楽しみ
抽選会があって、楽しく終了した。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康登山講座 i n 気仙沼

2013-05-29 | おしゃべり・講演会

5月16日(日)


 東京発10:40の東北新幹線に乗車、13:04、くりこま高原駅で
下車した。旧い山仲間の奥田博さんが、無名山塾同人の佐藤まき子、
アルパインツアーの橋本香織、椙山太郎各氏と待っていてくれて、
ぼくを車に押し込んでくれるて、気仙沼目指して走り始めた。きょうの
夕方6時から、「岩崎元郎の健康登山講座 i n 気仙沼」が開催されるのだ。

 会場に入る前に徳仙丈山に寄って行きましょう、と言って、奥田さんが
ご案内下さる。例年なら山頂一帯は、レンゲツツジと山ツツジで朱に
染まるはずが、今年の寒さは、開花を二週間遅らせているとか。それでも
山ヤのはしくれ、山頂は踏んできた。

「千回登山 ・ 千山登山 ・ 目指せ登頂累積高度百万メートル」なんて
アホみたいなこと、心密かに目指している。徳仙丈山の山頂に立てた
おかげで、一回 ・ 一山 ・ 711.1m、がプラスされた。

 会場の気仙沼市民会館中ホールに入る。主催は、地元登山愛好家
グループ「彼峰の会」。彼峰は、「あほう」と読ませるのだそうだ。

 第一部は岩崎担当、「山に登れば元気になります」。協賛頂いた
救心製薬の P R ビデオを写し、第二部は奥田さんと掛け合いで、
「ぼくのふるさと八百名山」から宮城県 ・ 岩手県 ・ 青森県から
各17山を紹介した。

 あっという間に終了時間、彼峰の会の山小屋に移動して、打ち上げ。
楽しく盛り上がって、ホテルに戻ってベッドに入ったのは、12時近かった。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トークショー開催

2013-04-22 | おしゃべり・講演会

エバニュープレゼンツによるトークショーが、5月4日午後2時より
別記の通り開催されることになった。センター南へ足をお運び下さい。


EVERNEW プレゼンツ  岩崎元郎さんトークショー

テーマ : 「楽しく登山する法、教えます」

日 時 :  2013年5月4日(土)14:00 ~ 15:30

場 所 : スポーツオーソリティ港北センター南店 アウトドアスタイル
      横浜市都筑区茅ヶ崎中央53-1 コーナン港北センター南モール 2F
     (横浜市営地下鉄「センター南駅」より徒歩五分)
     TEL 045-949-5461 

 アメリカ最大級の大型スポーツ専門店。全国のスポーツオーソリティの中でも、
アウトドアスタイルとして、キャンプ、トレッキング、シーズンスポーツに特化した
店舗。店内にはボルダリンジムも併設している、注目度急上昇中のお店です。
(フェイスブックページ:http://on.fb.me/13lvsdC

入場無料

定 員 : 椅子席/50席 + 立見

提 供 : 株式会社エバニュー URL. http://www.evernew.co.jp/outdoor/index.html

スポーツオーソリティ URL.http://www.sportsauthority.co.jp/

  かつて中高年の登山ブームをつくった岩崎元郎さんは、現在「一億二千万人
総登山者化計画」・「ぼくのふるさと八百名山」を提唱し、日本の元気を取り戻そ
うと活躍中です。

 また、遭難事故が増えていることを危惧して、登山インストラクター及び登山
リーダーの育成と地位向上を呼びかけています。

 そんな岩崎さんが安心で楽しい登山の方法を伝授します。

  
岩崎元郎(いわさきもとお)プロフィール

 1945年、東京大井町に生まれる。
 東京理科大学中退。63年から69年まで「昭和山岳会」に在籍、登山の
基本を学ぶ。71年蒼山会同人創立、南アルプス、雨飾山、栗駒山周辺で、
沢登り、岩登り、雪山登山に親しむ。

 1981年春、ネパールヒマラヤのニルギリサウス峰登山隊に隊長として
参加。帰国後「無名山塾」を設立。現在では中高年登山者が中心の「遠足
倶楽部」も併設している。

 95年に放送されたNHK教育テレビ「中高年のための登山学」が、みなみ
らんぼうさんとの凸凹コンビで人気を博し、96年再放送、97年は山内賢さ
んと「日本百名山をめざす」が製作放送、これも支持が高く、98年にパートⅡ、
そして99年は「日帰り登山で基本を学ぶ」と5年連続してテレビ出演した。
おかげで顔が売れてしまい、山の上と下を行ったり来たりの超多忙な日々を
送っている。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇都宮

2013-03-01 | おしゃべり・講演会

2月24日(日)


ダム上から望んだ古賀志山の全容

                 
                 山頂で一緒になった若者組

 年3回実施している救心製薬「岩崎元郎の健康登山講座」の2012年度
3回目を、宇都宮ハイキングクラブの協力を得て、宇都宮で開催した。
マネジメントはアルパインツアー、毎回協賛頂いているのが、ゴールドウィン、
スポルティバ、エバニュー、カシオプロトレック。今回は、地元 I C I 石井
スポーツ、ワイルドワンにも協賛頂いた。

 講座は夜なので、昼間は有志と古賀志山に登ってきた。コースが変化に
富んでいて、人気の山である。この日も日曜日とあって、大勢の登山者が
山頂でお弁当を広げていた。若い人も目立つ。本人たちはもう若くはありま
せんよ、と笑っていたが…。

 アルパインツアーが頑張ってくれて、講座本番には430人が参加して
くれた。「歩いて健康、登って元気」ということで、日本の元気を取り戻すには、
日本中の皆さんに山に登って貰うこと、「一億二千万人総登山者化計画」に
協力をお願いした。救心の P R 映画の後、第2部では地元の皆さんに
栃木の山の魅力を語って頂いた。9月には「栃木の山150山」が出版され
るとのこと。出版記念登山会を12月に実施することを約束して、宇都宮
での「健康登山講座」を終了した。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
無 名 山 塾 http://www.sanjc.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安心登山者養成講座

2012-02-20 | おしゃべり・講演会

2月15日(水)


 安心登山者養成講座6期3回目、きょうのテーマは「山での歩き
方」だ。担当は岩崎。

 安心登山者養成講座は、無名山塾と日本登山インストラクターズ
協会の協賛、ヤマケイとアルパインツアーの協力で開催している。
1期2年間、毎月1回机上と実技を開催している。2年間、机上と
実技を24回企画、各18単位以上取得した人には、無名山塾と
日本登山インストラクターズ協会とが、「安心登山推進リーダー」を
認定する。

 町の歩き方と山での歩き方は、根本的に異なる。昔は、山岳会を
ベースに登山するのが主流だった。山岳会は、新人にとって善き登山
学校になっていた。しかし現在では、拘束や上下関係が嫌われて、
山岳会は、登山のベースになっていない。山登りでも始めてみようか
な、と思い立っても、山を学ぶ場がない。「山での歩き方」をアドバイス
されないまま歩き始めるので、どうしても町の歩き方になってしまう。
歩幅が大き過ぎるから、足がつる、息が切れる。

 そんなことにならないように、「岩崎流ゆっくり歩きで、山でバテない
五つの法則」をレクチャーする。

 安心登山者養成講座についての問合せは、無名山塾事務局へ
電話して下さい。
 03-3941-3481。


岩崎登山新聞 
http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

登山とメンタルヘルス

2012-02-10 | おしゃべり・講演会

2月9日( 木)


 社団法人「福岡県情報サービス産業協会」主催の「平成23年度
公開セミナー」に呼んで頂き、「登山とメンタルヘルス」というテーマで、
講演した。

 この業界では、一人が自分だけで抱え込む作業が多く、エンドレス
なので体調を崩す人が多い、と聞いていたので、「山には、自分の発見
がある」し、「山の頂きには、モノの見方を変えてくれるなにかがある」。
山は元気をプレゼントしてくれるから、仕事放っぽり出して山に行こう、
とお誘いしてきた。

 同協会の公開セミナーとしては、専門外の講演テーマは初めての試み
だったそうだ。夜の懇親会で、担当者から「企画した甲斐があった」と
言われて、ちょっといい気分になっている。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第6期安心登山者養成講座スタート

2011-12-22 | おしゃべり・講演会

12月21日(水)


 1期2年間で5期10年目を11月で終了、きょうから第6期をスタート
した。これまでは営業優先で、テーマは優しい言葉使いをして集客増を
目指していた。

 しかし、現状の登山界は甘さが気になるようになった。6本爪の軽
アイゼンとストックで、当然のように雪山登山に出ていく。安心登山者
養成講座第6期では、そうした風潮に歯止めをかけるべく、優しい言葉
使いは止めることにした。

 今回のテーマは、「雪山登山入門」。危機管理をメインにして、中身の
ある講座ができたと思う。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康登山講座 i n 福島

2011-12-05 | おしゃべり・講演会

12月1日(木)


 毎年3回各地で開催している「岩崎元郎の健康登山講座」が福島で
開催された。特別協賛 ・ 救心製薬、協力 ・ アルパインツアー、主催 ・
東北山岳ガイド協会、協賛 ・ カシオプロトレック、ゴールドウィン、エバ
ニュー、スポルティバジャパン、ビックフット。会場は福島テルサ。

 講座に先立ち郡山集合で、蓬田岳バスハイキングツアーを実施。16
時に会場に戻り、18時まで仮眠。いやあ、時差ぼけが辛い。アルパイン
ツアーで企画実施して貰っている「地球を遠足」担当マネージャーの
橋本さんと、主催の東北山岳ガイド協会の集客尽力で、360人の方が
参加して下さった。

 19時開講、主催 ・ 東北山岳ガイド協会々長、近藤明氏の挨拶があり、
第一部は岩崎得意のおしゃべり「山に登って元気になろう」。 続いて
救心製薬の P R 映画、これが面白い。休憩の後の第二部は、岩崎と
東北山岳ガイド協会事務局長、奥田さんとの対談。「ふるさと八百名山、
福島 ・ 山形 ・ 宮城の山」、奥田さんとは古い山仲間である。

 最後に恒例「お楽しみ抽選会」、おかげさまで盛り上がった。打ち上げで
飲み、かつ食い、ホテルに戻ってベッドに入ったのは12 時を過ぎていた。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊島公会堂で講演会

2011-11-09 | おしゃべり・講演会

11月5日(土)


 午後1半から豊島公会堂で講演会「山に登ると元気になります」と
スライドショー「日本の山 ・ 世界の山」。500人近くが集まって下さり、
一億二千万人総登山者化計画をアッピールできた。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐんま山の日

2011-10-03 | おしゃべり・講演会

10月2日(日)


 昨晩帰宅したのは12時近かった。バタングーで、きょうの日の朝を
迎える。きょうは、前橋市の群馬産業技術センターで「第13回ぐんま
環境森林フェスティバル」が開催される。その中のプログラムの一つ、
「ぐんま山の日」制定記念講演に声がかかった。喜んでお請けする。

 日本を元気にするには、みんなに山に登って貰って、一人ひとりの
頭を空にすることだ。ぼくがガキ大将になって日本中のみんなを山に
引っ張り出す、「一億二千万人総登山者化計画」がひらめいたのは、
2007年元旦のこと。山登りのきっかけ作りを天命と聞いたからには、
声がかかればどこにだって飛んでいく。

 きょうも上野発11時58分の上越新幹線で高崎に向かった。講演は
14時から、会場はすでにいっぱいになっていた。テーマは「山を楽しむ
方法」ということで、一時間たっぷりお話しさせて貰った。甲斐のある
一日であった。

 大塚に戻り、カイジマさんに行って散髪。さっぱりしてから、あしたを
夢見て布団に潜り込んだ。


岩崎登山新聞 http://www.iwasaki-motoo.com/home.html
塾 http://www.sanjc.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加