題名のないBLOG (いわおのブログ)

いつもご覧頂き有難うございます。
より多くの皆様にご愛読いただける様にしたいと・・・。よろしく願い致します。

父:伊三郎の日本刺繍

2014年07月21日 | 日記

父:伊三郎の日本刺繍です。
以前このブログに載せましたが、今日は縮小版でなく数点を
載せます。
私も出来れば刺繍台を作製し縫ってみたいですが、とても無理ですね!









いずれの作品も下地は麻布です。父はこの麻布が良いと 言っていました。
今、家に残る作品はほんの少々となりました。
2007年10月に谷中のギャラリーTENにて、この展示会開催後 譲って欲しい
と言われてお譲りした経緯が
あります。

ギャラリーTEN     eひぐらし

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

娘夫婦のお世話に・・・・・。

2014年07月17日 | 旅行

先日、娘夫婦のお世話になりドライブを楽しみました。
秩父武甲山の麓にある丸山鉱泉に宿泊です。

早速に写真を貼ります。

もちろん朝食の写真です。(夜食は写しませんでした!)

「蛍の鑑賞」がありましたが、私は夜道の棚田が危ないので行きませんでした。
イヤー綺麗だったと・・・・・・。 



天然かき氷を食べました。何とも美味しいものですねー。


何ともサクサクで美味しいです。


お店を出るとこの混雑です。早く来て良かったと・・・・。


案内板には、英語・中国語・韓国語も・・・・。


安価に売っていましたが・・・・。


懐かしきブラウン管で「力道山」のプロレスを見ました。懐かしいですねー。


安価なトウモロコシを3本買い、先日食べましたが美味しく戴きました



長瀞で・・・・。


秩父神社で夜祭の準備です。確か12月に開催ですけど?


秩父神社




秩父神社です。


訪問日の前日あたりから、急に水が湧きだしたらしいですね!


誰か有名人の録画でした。




川越でウナギを久し振りに戴きました。うまい!!


とても有名なお店だそうで・・・・。

川越から高速を利用せず帰宅しましたが、混雑なしに帰れました。
いやー 久しぶりの一泊旅行でのドライブ、ご親切に有難うございました。

東京・谷根千の谷中銀座奥?のヒミツ堂は、確か「日光の天然氷」ですが、
ココも美味しいですね! ヒミツ堂もいつも大混雑ですね。

ココとは長瀞の「かき氷」を言っていますけど・・・・・。

秩父夜祭  ☆以上です。

コメント (4) |  トラックバック (0) | 

懐かしきキューバの出張写真を再公開します。

2014年07月09日 | 旅行

                  

キューバへの出張は、2回訪問しました。
下の写真は2回目のもので1988年です。
メキシコ経由でハバナに到着しました。

初めは1984年の出張でした。

メキシコのホテルに到着です。


メキシコのピラミッドに登りました。

 
この写真はピラミッドの上で、確かイランから来た旅行者と一緒です。
 
 
メキシコの風景です。


メキシコの郵便局階段 


メキシコ市内で!      

下の写真はメキシコから飛行機に乗り継いでのキューバです。

 
ハバナから約200厠イ譴織魅┘咼織后にある油層所で!

 
石油基地の社長宅?に招待されて・・・・。


  コンプレサッサーパネルの点検  


コンプレッサーがやっと動いたのかも!


仕事中おどける私 


仕事が終わって海岸へ 


ハバナの街で


写真の日付けから見て、帰国の成田空港です。

上の写真は以前一度公開しておりましたが、改めて配信致しました。

キューバ

写真はいろいろと残っておりますが、即ココに張り付けられませんので、
いつの日かに、改めて配信したいと思います。

 

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

とび職人の学友(刺青姿)

2014年07月06日 | その他


学友の刺青姿を2012年に配信しましたが、
本日
色調等の調整を行いましたので、
3枚の写真を追加し再配信させて頂きます。



相変わらず背中上部は、ライトで光っています。
以前、何故フラシュを利用しなかったのか?とご注意を頂きました。
年寄りの紋々は余り見たくないですなー!とのコメントもありました。
でもこれだけの刺青、「浅草の三社祭り」ではお見受けしますね。
以前女性の刺青を見て、いやー凄い!と思いました。





彼は、文京区の根津神社で働いていましたが、最近はお眼にかかって
おりませんが、今もお元気だと思います。

 

以前配信のブログ、下記に張り付けましたのでご覧下さい。
☆2012年3月4日の記事です☆

以前から刺青の写真を撮って残しておきたいと思い、
その方に逢った時その話をしたかったが、
運よく先日バッタリとご本人にお逢いし、
その話をしたら快く「OK」を頂いたのだ。
私の小学校同級生なのだ。

お礼は何にしようかと思っていたが、約束の時間より
半日も早く私の家に来て何の準備もせずに
写真をとることになった。
どうしてこんなに早く来たのか聞いても返事がない。
3月3日の10時過ぎで、私は犬の散歩から帰ってすぐの来客。
部屋も寒くストーブをつけて暖めたが、
裸になるのだから少々時間がかかりました。

写真は背中だけであるが、なかなか立派な刺青で驚きです。
余り上手に写真が撮れませんでしたが悪しからず!

  

刺青をしてからしばらく経って調子が悪いので、病院へ。
「裸になってください」との指示で、

先生は「C型肝炎」だと即座に言われたそうだ。
刺青の開始はもう30年以上前の話だから彫る

道具もたらいまわしで消毒もろくにしない時代だったのだろう。
今は病院のお陰で完治しており、お酒も飲んでいるとの事。

 

少し年を重ねていますので若い時とは、艶等が違うのが残念。
しかし、なかなか見ごたえがありますね!

彫師・三代目彫よし氏、日本が誇る入れ墨の技を披露

何故かユーチュブで良いのがありませんでした!
多くあるのはタトゥーでした。

 刺青 タトゥー

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

岩波写真文庫「戦争と日本人」1953年発行の写真を見る

2014年07月03日 | 日記

 
初めに朝日新聞記事から 
(憲法9条を持つ日本は、集団的自衛権を行使できないとありますが・・・・)





以下、岩波写真文庫 「戦争と日本人」の写真から

1953年発行(64ページ:定価100円)私が10歳の時です。


 










       













カストリ       以上
 

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

人力車・音羽屋さん(JR日暮里駅の西口にほとんど毎日?出ています)

2014年07月02日 | 日記


今日は、過去の写真が沢山残っていますので一部を
公開させて頂きます。

人力車の車は、本来ニンベンが付きますが今回設定をしていません。

圓岡さんも以前は、浅草で引いていたそうですが、客引きが多くて嫌だと!
この日暮里駅の西口に来てくれました。


音羽屋さんと私です。(日暮里駅西口に出て坂を少々のぼったところです)

下の新聞は、何時の新聞だか忘れています。(整理が悪くごめんなさい)

この記事に書いてありませんが、確か5年ほどアメリカに居たと聴きました。



 


圓岡さんの一枚です。

下の写真は、以前 お宅を訪問した時のおもちゃ (フィギユア) 沢山残っていました。

 


ここは「朝岡彫塑館」の裏道です。私を載せて谷中の駐車場に帰る処です。

何時でしたか、若い男性が加わりました。益子力丸(ましこりきまる)さんです。
なかなかハンサムで圓岡さん同様に優しい良い男ですが、残念写真がありません。

お世話になりっぱなしの音羽屋さんです。

いわおの部屋・音羽屋さん  フィギュア(Wikipedia)
 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

平山郁夫先生の日本画

2014年07月01日 | 芸術鑑賞


今日は、私も大好きな「平山郁夫先生」の絵画を載せます。
いずれもパソコン検索、パソコンに向かいカメラで写したものです。
綺麗に撮れていませんが、お許しください。







私は、絵画も観るだけで描いたのは、
小学生時代のみでさっぱりダメ。鑑賞は大好きです。
小学生時代、谷中にお住まいだった「安波先生」は絵の先生
良く私の家に来られ、父と話をしていました。

当時私の家に 詩吟の先生が来られ「詩吟」を私も習っていました。
近所の方々が、習いに
来られましたが大昔の話です。
残念にも今は、越されたり亡くなられたリ・・・ です。

絵画の時間になると「大野は詩吟をやれ!」と、

良く言われ 皆さんの前でご披露したものです。
そんなことを思い出す 年齢 になりました。

そんなことは どうでもいい話、平山さんの絵は素晴らしい!


平山郁夫先生の日本橋丸善での展示会   平山郁夫Wikipwdia 

 

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

集団的自衛権を問う。

2014年06月28日 | 日記


  朝日新聞に最近毎日の様に「集団的自衛権を問う」の記事
           が有識者の
方から
毎日の様に載せられています。
  今日は、ロックンローラーの内田裕也さん74歳の記事です。

まず、
集団的自衛権とは


  
「内田裕也さんのお考えを、ここに記載します」

安倍ちゃん なぜ急ぐんだ」との見出しです。

大学生のアニキが、戦時中に学徒出陣で戦地へ行ったんだ。
男前で勉強も出来て、大学は今の一橋大だった。
戦地に行く前、
3歳ぐらいの俺を抱っこして、姉とみんなで
写真を撮った。
笑っているでしょ、アニキ。
集団的自衛権のことを考えたら、アニキのことを思った。
生還したけどものすごく荒れてたよ。
やくざが相手だろうが、ケンカをするんだ。
死ぬと思って戦地へ行ってきたから、怖いものがなくなった
のだろう。戦争の話は一言も言わねぇんだ。
どこに行ったのかも。

よっぽどの地獄を見てきたんだと思うんだよ。
戦場って、人間の尊厳をすべて奪う場所ですよ。
アニキがかわいそうだ。
理想もあって一生懸命勉強していたのに。
だからね、当時の政治をミスリードした、靖国神社にまつら
れているA級戦犯はやっぱり犯罪者だよ。
軍国主義は最悪だと思っている。
今、日本の分岐点。メチャ重要な時だよ。
自衛官が血を流すことなんかが決まるんだから。
俺は反戦だけど、現在の日本周辺のパワーバランスを考えた
ら、いつか自分の国を守らなくてはいけなくなる時が来る
もしれない。
でも、米国のやる戦争につきあわない方が良いと思う。
安倍ちゃんは、なんでこんなに急ぐのかな。
簡単な問題じゃない。
少なくともあと1,2年は議論が必要だよ。
みんなが真剣に考えなく
ては駄目だ。
「パワー・トゥ・ザ・ピープル」。
俺はジョンレノンの曲をこれから
も歌い続けるよ。

内田裕也さんの記事はこれで終わりです。
皆さんどう思われますか? 
私は内田裕也さんの考えに大賛成です。
本当に、この集団的自衛権が行使されれば、
憲法9条も無きに等しいものです。
先日、日本の憲法9条は世界遺産だと! 
それだけに日本は、この憲法9条で守られて世界から注目
されていると思われます。

内田裕也さんの言うようにもっと将来の日本をみすえて、
この集団的自衛権について検討する時ではないでしょうか?
                
私は終戦の2年前に生まれた者です。従って第2次世界大戦
話や写真は本でみた程度ですが、むごたらしい写真の数々
を思い出すだけです。
明確にしておきたいのは、戦争は絶対やるべきではない!
従って、集団的自衛権に踏み込ませないよう
してゆくことが、今 大切なのです。
    
安倍総理殿、「集団的自衛権」の話は、もうやめて下さい。
よろしくお願いいたします。

     
 集団的自衛権Wikipedia   憲法9条(Wikipedia)

 

 

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

大沢民子先生の記事

2014年06月27日 | 日記

上の写真は大沢民子先生の木彫版画作品です。

木彫の大沢民子先生は、私も尊敬する一人です。

YWCAの会員でもありました。是松さんが書かれた記事を
入手しましたので、載せさせてください。

私は、「父の日本刺繍」作品を谷根千のギャラリーTENにて
開催した2007年10月からのお付き合いとなり、2013年12月
に亡くなるまで本当にお世話になった尊敬できる方でした。
ここでは、YWCAの是松さんが書かれた大沢民子さんの文章を
載せます。


申し訳ありませんが文字が小さいので、書面を大きく貼りました。
ご了承ください。


この写真は、ギャラリーTENで写されたもので、大沢民子さんが
傘をさされている写真です。
大沢民子さん、別世界で今も木彫に熱心だと思いますが・・・?

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

一年前のブログ記事を振り返る。「抗癌剤について」

2014年06月26日 | 日記

上の写真は、記事に関係ありません。


gooのグログは、一年前の記事が配信されます。
下記は昨年6月18日の記事です。

先週の06月18日(火)お茶の水の医科歯科大学付属病院で診察を受けました。
先生に「実は06月に入って抗癌剤をやめてます」とお話ししました。
先生は、これを呑むと皮膚が薄くなりますよ!と聞きましたが、とてもじゃないが辛い
毎日で足の
ほか手もヒリヒリだと話ました。その上爪の下部は茶色くなり、
足の付け根も茶色くなっています。

40%の発症率が20%に下がる(正確には確認していませんが)とも聞いていますので、
抗癌剤}
が絶対的なものでない事も事実です。
とにかく抗癌剤を処方された時に、気分が悪くなったら呑む薬を頂いておりますので、
厳しい薬と
言う事が解ります。

家の近くの「花水樹・漢方薬専門店」に良くお邪魔しますが、大野さんの抗癌剤は
この夏に
向かって厳しい物だと心配してくれましたが、
もう飲まなくなりましたので一安心です。

何とも皮膚が薄くなって、このヒリヒリ感は辛いものです。
6月に入って抗癌剤をやめましたが、まあまだ皮膚の黒ずみが増え続けています。
何と厳しい薬なのでしょう。早くやめることになって今はホットしている状況です。

もう抗癌剤の話は、記事にしないでしょう。
手足の黒ずみとヒリヒリが無くなったら、抗癌剤についてココに書きこむ
つもりにしております。

                                   以上

今日この件について記載します。
私の大腸癌は、3〜5年経過した癌と言われました。
手術は、東京医科歯科大付属病院で実施、
まったく
問題ありませんでした。

抗癌剤の服用は、2013年03月の退院後以降 毎日呑んでいました。

しかし、06月に入って先生にやめます!と報告し了解を頂きました。

実は、抗癌剤を呑むと人により副作用でこのように出る方もいると、
皮膚がはれて赤く膨れている見たくもない写真を
見せられました。
通常ではない嫌な写真に戸惑いました。

しかし先生のお話し通り、これから抗癌剤を呑むようにしたい!と。

実際呑み始めてしばらくすると皮膚が薄くなりヒリヒリすることが解り、
辛いのでやめると話
し、昨年2013年6月で先生はの了解を得ました。
私の場合、もうこの部位では癌発症しないほど切り取った!様でした。
今思えば、初めから呑まなくても良かったのでは?と悔やまれます。

今日現在2014年6月でも、足や手の平がヒリヒリで歩くのが億劫です。
前回の診察(3月25日)ではもう抗癌剤をやめて数か月経過しているから   
それはおかしい? 心療内科で診てもらった方が良い!と言われました。
しかし心療内科では、「睡眠薬と安定剤に気分の良くなる薬」を出され
一向に良くなりません。


人生は、良いことが続いて欲しいものと思いますが、
私は、若い時の生活がいい加減だった!
神様が言っているかの様に聞える今の心境です。

 
抗癌剤の中止宣言!

先週の06月18日(火)お茶の水の医科歯科大学付属病院で診察を受けました。先生に「実は06月に入って抗癌剤をやめてます」とお話ししました。先生は、これを呑むと皮膚が薄くなりますよ!...
 

            抗癌剤「TS-1」 抗癌剤TS-1Wikipedea

 

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

新聞報道と谷根千の「ギャラリーTEN」での宮本典刀さんの版画展

2014年06月24日 | 日記


新聞の報道から「富岡製糸場世界遺産」に!



以前2回ほど訪問しました。奥の方に桜が満開でした。
「絹の織物」として養蚕を開始し世界遺産に登録し決定
しました。独特な建物が良いですね!中央に古びた煙突
があり思い出します。入口門の脇に昔からの赤いポスト
があり、当時世界遺産の垂れ幕が下がっていた事も思い
出しました。本当に良かったと思います。

さて、前回の投稿も続きで「宮本さんの版画」を
2枚ですが並べます。
独特なセンスの持ち主ですね!


実物はもっと明るかったと思いますが・・・調整不足です。

弥生美術館のチラシです  9月28日迄とあります。

下記はクリック後は、そのページ左上の左矢印をクリックしてお戻りください。
富岡製糸場のHP    富岡製糸場Wikipadea  宮本典刀作品 
大橋巨泉の美術鑑賞ノート   橋本興家(宮本さんの先生)

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

谷根千の展示会場「ギャラリーTEN」での木版画展

2014年06月23日 | 展示


ギャラリーTENを14.06.22に訪問し、以前親しくして頂いた大沢民子さん
の版画展を楽しんできました。

いづれも額のガラスで写真がうまく撮れませんが、極力反射を避けて写して
みましたが・・・なかなか難しいものです。

まず展示会場のHPをご覧になって下さい。 クリック「ギャラリーTEN」
TENをご覧になった後、上部左矢印をクリックしてお戻りください
4人展でしたが、宮本典刀さんとも面識がありますので、次回作品を載せます。


6月14日から7月13日の日程で、土曜・日曜のみ開催されています。

大沢さんとは、2007年からのお付き合いとなり、谷中の大名時計脇のアパート
に住まわれておりました。彫刻の先生でしたが私はヘボですぐにやめる羽目と
なりましたが、意気投合?して良く遊びに行きました。料理もお上手で、あっと
いう間にお作りになられ、皆さんで美味しく頂きました。
何よりも若い方がお好きな方でしたが、今年癌の病に勝てず 旅立たれました。
大沢民子さんには本当にお世話になり、淋しさがつのる思いです。


ある日の大沢さんの姿です。
バックの写真は、外国客に有名な「澤の屋旅館」です。

大沢さんに続いて宮本さんの作品をランダムに載せます。








これは版画でなく「木の壺」です。


すべての作品は額に入っておりますが、この作品は 額ごと写しました。

大沢民子さんの木彫展

大沢民子さん そちらでの生活いかがですか?
民子さんが、旅立たれてお知り合いの多くの方々が淋しい思いをしております。
生意気ですが私もその中の一人です。YWCAでのお別れ会は盛大なものでした。
あんなにも多くのお知り合いの方々が、お見えになりましたね!
もっともっと長生きされて、私達に種々ご教授頂きたかったと今になって、
思い返しております。しかし、いつかは民子さんにお逢いできる日がやって
きますね! その時はいつものように、やさしく迎えていただけると信じて
しばらく今の生活を続けたいと思います。

思い起こせば数々の事柄が沢山残り、それらが自然に眼に浮かんできます。
民子さんの数々の思い出、生涯忘れる事はないでしょう。
本当に本当に 有難うございました。 合掌 (2013・12・01亡)

大沢民子さんを忍ぶ会(YWCA)
 


今から約20年前の「ギャラリーTENの場所」の写真だそうです。


ギャラリーTENから不忍通り側の家並だそうで、
写真の右がTENの様です。


右の電柱の奥の平屋は、今も残っております。奥は「澤の屋」さん?

毎回ご覧頂き有難うございます。
次回は、新聞報道と宮本さんの作品を載せましょう。

 

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

朝日新聞からの切り抜きです!

2014年06月21日 | 日記

上の庭園案内は記事に関係ありません。


新聞報道から2人の記事を載せます。

初めは、山本晋也さんの集団的自衛権です。
彼はもう75歳になりますね!
1965年にピンク映画「狂い咲」で監督デビューとあります。

気になっていますが、安倍総理は賛同者で固めた・・・・の記事になってます。
私も、総理のやり方はいつも❓このようなやり方ですね!
公共放送のNHKにも確か口をはさんだはずです。
ズルイやり方だと思いますが、これで良いとは思えません。

これが通れば、アメリカで戦争を起こせば、日本も一緒になって戦うのでしょうか?
そうだとしたらおかしい国、日本になりますね!
最後の文章に憲法9条でノーベル平和賞を狙ってもいいのではないか。と。

どこの国が住みよいかで検索すると日本は、4番目に住みよい国とありました。
このことを大切にしていきたいと思います。
さて次は、世界の小澤征爾さんです。

世界の小澤征爾さんは78歳ですね!
何ともはつらつとして、好感の持てる方ですね!
中国でお生まれになったとは・・・。

日中関係は冷え込んでいるが、
「お互いの政治がギクシャク。
人間同士がそんな事
ありえないよ。政治は変わるけど、我々
人間同士は
変わらないもん」
と。
民間レベルでの日中交流は不変
との見方である。

私も、会社の出張で中国北京に20日ほど滞在し、
勉強会を兼ねて仕事をしたことを思い出しました。
皆さん当然の様に、親切にしてくださいました。

小澤さんがおっしゃる様に、
冷え込んでいるのは政治の世界だけ!と思います。
私は上野公園に比較的近いところに住んでいますが、
上野公園等に観光の中国人がなんと多いことでしょう。

政治の面でのギクシャクは解らない訳ではありませんが、
皆さんどこの国の方も、腹を割って話せば
皆さん良い方なのだ!と思います。
この日本、憲法9条を大切にして生活してゆきましょう。

住みよい国はどこ

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

朝日「天声人語」と「明治神宮・菖蒲園と参拝」

2014年06月20日 | 日記


本日06月20日の天声人語は、ドスのきいたセリフとある。

金丸 信 は当時、政界のドンと呼ばれ
「このシャバは君たちの思うようなシャバでない!」と。
親分が右と言えば右、左と言えば左なのだ。
永田町の論理は、かたぎの世界ではない、ボスがどんな無理無体を
言おうが黙って従え、と言う事だろう。
当時の派閥政治の体質をよくあらわしている。と・・・・。

憲法の解釈を変えるだけで「集団的自衛権」を行使できるようにする。
歴代の内閣は、行使するなら9条の条文を改めよ!としてきた。

それを突如ひっくり返す事がどうしたら出来るのか今も説明はない安倍総理だ
>なりふりかまわぬ暴走であり、迷走であると!
憲法を軽んじるこの姿勢こそ、一番の問題であろう。と・・・・。

集団的自衛権を使いたいと考えるなら、国民を巻き込んで正面から9条を論じ
ればいい! これがかたぎの人々による議論の姿だ!とある。

安倍政権の考えに自民党の各議員・野党議員は、もっと将来の日本を考えて
政治を進めて欲しい!ものである。

何時だったか安倍総理の事を描いたら、コメントが入り
よろしいのでは (ろばた)2014-05-16 19:55:29
「阿部内閣の支持率 高いですから それでよろしいのではないかな
と思うのですが」と。


さて、話は変わって昨日(19日)数年ぶりで友人と明治神宮の菖蒲と参拝を
してきました。菖蒲も美しいものですね!残念にもカメラを持参せずでした。
神宮で頂いたパンフレットを<写真に撮りましたのでをここに載せます。



下記はいずれも、Wikipedia です。

日本国憲法  日本の政治  明治天皇  昭憲皇太后 

友人のブログ「感じたまま」明治神宮の写真がご覧に慣れます。いわおの部屋

 

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

駒込の六義園を訪問!

2014年06月16日 | 日記


本日 2014・06・16 久し振りに六義園を訪問しました
もう3年ぶりぐらい?の訪問かと思われます。
もちろん庭園の内容は変わっていませんが、新鮮な気持ちで美しい景色と樹木も多く、
広い池の庭園を堪能してきました。

若いカップルの外国の方もおりました。
NHK学園とお聞きしましたが、水彩画を多くの方が描かれておりました。
水彩画は、さらっと描ける良さがあり皆さんお上手でした。

写真を撮りましたので、ここに載せましょう!















レンガの塀がとても立派です。


入り口わきの竹の塀です。とてもりっぱですね! この右側が自転車置き場になっています。


二つの門をくぐってお庭に出ます。


中にまた門がありました。


樹木が見事です。

 
早々 NHK学園?の方々が写生をしていました。水彩画ですから以外と早く出来上がりそうです。


外国のカップルもみえていました。写生されている方も多かったです。


こちらも、水彩画の写生ですね!


渡月橋は上の案内図にありますが、若いカップルの外国人は足に刺青(タトゥー)です。

 


茶店で呑んだ「冷たい甘酒」には、氷が浮いていました。 
従って、甘みをあまり感じませんでしたが、美味しいです。


洒落たつくりの茶店ですね! 日傘は早々に閉じていました。お客さんが少なかったのでしょう。


何とも素敵な景色です。右に見えるのは「白い石」でしょうか?

 
この方が描いているのは、下の写真にある紫陽花でした。


この紫陽花を描いていました。

*以上*

またの機会に都内の庭園を訪問したい!と思います。
ご覧頂き有難うございました。

 

コメント (2) |  トラックバック (0) |