フラメンコギタリスト 渡辺イワオ 

教室案内、ライブ情報などお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本 台湾友好LIVE!

2016-11-29 | 日記
2/7
「日台友好Flamenco Live in Tokyo!」
Jinbōchō Oleole
神保町オーレオーレ
03 5280 1137

1stage 7:00〜
2stage 8:30〜
chage 500yen/1stage
(food,drink is extra)
or
foods+2chage 3500yen
(drink is extra)

Bailaora(dancer):
李律 Lu Lee
柯乃馨 Olga Naishin Ko
洪瑋儷 Weili Hung
許嘉倩 ChiaChien Hsu
Bailaor:
佐藤哲平 teppei satou

Cantaora(singer):
陳柏因 Po-yin Chen
Tocaor(guitar):
游柏彥 Ivan Yu
渡辺巌 Iwao watanabe

凄い企画がやってきますよ!
台湾のフラメンコダンサーの
lu leeちゃんのチームが
丸ごと神保町オーレオーレに
出る事になりました!
日本からは
佐藤哲平くんと僕が出て、
フラメンコを通した
日本と台湾の友好ライブです!
今回は台湾のダンサー達は
人数が多いので一人一曲ずつです。

よろしくお願いします!

この記事をはてなブックマークに追加

日本の演劇、映画人

2016-11-28 | 日記
トランプに対して
アメリカのアーティストは
結構すぐに反対したと思うんです。
トップが率先してやれば
後輩たちもついてきやすい。

それに負けず劣らず
戦争法案に対して
日本の演劇人や映画人たちの
態度は
毅然と反対している人が多く、
とても頼もしかったです。
そしてとてもナチュラルに
「表現」しているように
感じました。
くれぐれも
後世には良く伝えておきます。

「戦争法案が出た時に
日本人は
みんなダンマリだったけど、
演劇人たちは
ハッキリ反対して
立派だったんだよ。」

一方、
他の日本のアーティストを見ると
クラシック界の人は
結構反対しましたが、
他はほとんど全滅でした。
フラメンコ界もボロボロ。
(あ、後世にはくれぐれも
ありのままを
伝えておきますから
ご安心ください!)

でも、
何でこんなに違うんでしょう?
この差が何となく僕は分かりました。

一概には言えないけど
演劇の人は言霊を操るのです。
本当の魂の言葉を操るのです。
戦争で死んでしまった人や
それを体感してきた人の魂や訴えを
今日の僕らに代弁するのです。

心を表現するわけだし、
体内を通して言霊を発信するから
理解出来ないといけないし、
同化しないといけない。
だからそこら辺が
違うんでしょうね。

日本の戦争体験者は
減っていきます。
語り部を後継する方も
いらっしゃいます。
こんな今、
戦争の悲惨さなどを
色んな作品を通して
今日の僕らに訴えられるのは
演劇人や映画人なんじゃないかな、
と思いました。

今求められていて
彼らにしか出来ない
大切な仕事をされてると
思います。

この記事をはてなブックマークに追加

喉元すぎれば

2016-11-26 | 日記
「馬鹿は死ななきゃ治らない」
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
その証拠を示すバロメーターが
あのアベ政権だと思います。

平和を維持する為に必要な事。

それは、
「人間は馬鹿で自分は馬鹿だから
すぐ忘れる」
と、常日頃から
謙虚に自覚する事によってのみ
得られる事なのかも知れません。

真に生きるとは
死を意識する事であり、
明日も死なないだろうと
高を括ってるから、
今日やるべき事を
先送りにしたりしてるうちに
だんだん腐ってきて
生きてんだか死んでんだか
分からない生物になってしまう。

だから
戦争があった方がいい
みたいな言い方する人もいるけど、
誓ってもいいけど、
絶対にその人は行きもしません!
アベ内閣と同じリアル馬鹿です。

死をイメージすればいい。
五体のありがたさを
イメージすればいい。
食事のありがたさを
イメージすればいい。
そういう事をみんなが
忘れなきゃいいだけなんです。

だけど簡単じゃない。
だからこそ、
自分たちが馬鹿なんだと
認めてしまう以外
ないのかも知れません。

馬鹿だと気がつかないから
また学習する事もなく
今、こうして憲法を
壊そうとしてる。
何と失礼な事でしょう。

馬鹿だとあらかじめ分かっていたら
「また馬鹿をやらかすに決まってる」
と注意するし、
そんなに簡単に
自分を信用しないと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

私のかわいそうなマラート

2016-11-26 | 日記
「私のかわいそうなマラート」
と言う演劇を観てきました。

旧ソ連レニングラードでは
1941年から1944年の間、
ドイツ軍に包囲されて
餓死者や死者が100万人を出したそうです。
そんな中で10代の男女が飢えたり
凍えたり戦争に行ったりしながらも
生き延びる話です。
最後のセリフで泣きました。

今、
僕らは飽食であり、
当たり前に幸せに生きていますが、
生きたくても生きれなかった人や
食べれなかった人の上に
その幸せはあります。
それを人は
時間が経てば忘れてしまうのです。

現に何が平和憲法を書かせたのか
すら理解出来ないでいる。
それは、
戦争で僕らの仲間が
いっぱい死んだり苦しんだり
飢えた悲しい事が
沢山あったからです。
その点は
亡くなられた野坂昭如さんも
いっぱい訴えておられたはずです。

人は忘れてしまうのです。
そして、
ついには生きる喜びすら
惰性になり忘れてしまうのでは
ないでしょうか?

本当に今あなた生きてますか?
そんな波動を感じました。

この記事をはてなブックマークに追加

マナーって何?

2016-11-24 | 日記
子供の世界のいじめは
今もいっぱいあると聞きます。
自殺してしまう子供もいますよね?
泥酔させて強姦する大学生とかもいます。

僕らのモラルやマナーは本当に
向上してるんですか?
「タバコは吸ってはいけません。
パワハラ、セクハラ、モラハラは
いけません。差別はいけません。
いけません、いけません。」

表面上はその風潮に合わせて
みんな同化してるけど、
内面って全然そうじゃないですよね?
上っ面だけ装うのって
意味ないんじゃないの?

第一、
あんな破廉恥な連中だらけの
アベ政治に
バカ高い税金払って
崇めてる時点で絶対アウトでしょ。

だって、
差別主義者、暴力大好き、
SMクラブに通う大臣とかも居たし、
パンツ大臣は未だに
テレビに映るよ?
あんなの放送禁止でしょ?
モザイクかけてよ。

何がどうモラルなの?
マナーなの?
だったらアレに
毅然としないと全部嘘じゃん。
何の説得力もなくなりますよね?

この記事をはてなブックマークに追加