こりんの遊び部屋

愛知県新城市の’こりん’の道草日誌
好きなテニス・釣り・登山・山野草などの話題を不定期に!!

鳳来寺山に登りました。(その1)

2016-11-25 17:17:20 | 登山
鳳来寺山に登りました。(その1)
11月25日に新城市旧鳳来町の鳳来寺山に、少し変わったルートで周回してきました。
このルートは、養乙女沢から尾根に上がり鷹打場少し上に出て山頂へ
その後、行者越えで湯谷温泉に降りるコースです。
途中は、赤テープと少ない踏み跡が手がかりの難コースです。
なおホームページ版は数日後に更新します。

GPSナビの軌跡による。反時計回りで歩きました。歩行距離L=13.0km(GPSナビによる)

湯谷温泉の足湯の所に駐車して歩いていきます。

飯田線を渡ります。


湯谷温泉街の朝、静かな通りを進みます。

もう一度、飯田線を渡ると前方に山が見えてきます、山の手前が入り口です。

宇連川と道路と飯田線、細い道路ですが、これでも能登瀬新城線という県道です。狭いので軽自動車しか通れません。

養乙女踏切(ようとめ)ここを渡り沢沿いに歩きます。

宇連川は、板敷き川です。(川底が1枚の岩で敷き詰められています。)

昔は、山道として使われていたでしょうが今は、荒れています。イノシシに掘られ、倒木はあり非常に歩きにくい道です。

沢を渡ると尾根への道が、途中までは歩いた跡がありますが最後は、ガラガラの登りにくい坂です。

赤テープが所々にありますが、上に向かっって行けば尾根上に着きます。

紅葉は、木々の間に見えています。

何度も岩場を昇り降り、時々展望のある所に出ます。
浅間山と城山が見えます。この2つの山は、愛知県と静岡県の境にあります。


きれいな紅葉が増えてきました。

こんな岩場がいくつも出てきます。ここも尾根上を歩いてきたら右上に出て進めなくなり、一度戻って巻道を発見して通りました。

岩場から見た鳳来寺山577m地点と、これから進む尾根

歩いてきた尾根、右の沢部を登って来ました。

中央、谷の出口から来ています。

東方の奥三河の山、中央の尖山は高土山

三ツ瀬明神山がくっきりと見えます。

遠くには、南アルプスが白く見えています。今日は、展望が期待できそうです。
山の同定は、’ぶちょうほうさんのブログより転用させて頂きました。

こんな馬の背が多くあります。木々が生えているのと岩がゴツゴツしているので恐怖は少ない。

岩場に時期外れのスミレが一輪咲いていました。日が当たる暖かいところでした。

岩場には、イワヒバが沢山生えています。

ずっと見えている577m地点が近づいて来ました。
今回は、3回で紹介します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登山道具の紹介その4 | トップ | 鳳来寺山に登りました。(そ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好展望ですね (ぶちょうほう)
2016-11-26 00:15:14
こりん様 こんにちは
あの沢は養乙女沢というのですか。
小生が下りで使って、日暮れになってしまい、命からがら下りて来た、その逆向きですね。
それにしても紅葉の色が鮮やかですね。
そして良いお天気に恵まれて、ストライクでしたね。
山頂付近で富士山も見えたとのことで、心掛けの良い人は運にも恵まれるものですね。

小生は本日平山明神を歩いてきましたが、東栄町の柏原・新畑というところから尾根に取付いて、平山明神のドーム直前の断崖絶壁に阻まれて大難儀しました。
眺望もどんどん悪くなり、いまにも雪が降りそうな天気でした。
ぶちょうほう様へ (こりん)
2016-11-26 08:37:14
ぶちょうほう様コメントありがとうございます。
おはようございます。
いくつもの岩場を乗り越えるのに神経を使いました。
真っすぐ進むと、スパッと切れていて、もた戻るということも
岩場の上が展望が良いのでつい登りたくもなりました。
ぶちょうほう様のブログを読み返して実行しました。

平山明神山ですか!それも知られていない所から登ったのですね。
あそこは、どうしてもドームの下部にぶつかったのですね。

富士山は、昼食時のわずかな時間に見られました。
幸運でした、他の登山者が来た時には雲の中でした。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。