こりんの遊び部屋

愛知県新城市の’こりん’の道草日誌
好きなテニス・釣り・登山・山野草などの話題を不定期に!!

奥三河の山野草探索(5/5)

2017-05-06 09:15:44 | 山野草
奥三河の山野草探索(5/5)

山仲間の’ぶちょうほうさん’から山野草探索の誘いがありました。
その第二弾、奥三河へ行くことに。

弓張山地でエビネを探した後、移動して奥三河の山へ行きました。
こちらでは、貴重なラン・ヤマシャクヤク・クマガイソウを探して歩きました。

山里奥深くの民家横から山に入っていきます。
ここは、本当に静かな山の中で聞こえるのは鳥の声と風の音のみ

民家脇には、この家の方が保護しているクマガイソウがあります。

残念ながらまだ蕾のようです。満開になれば素晴らしいですね。

ヤマシャクヤク!!咲いていました。

これも保護していたものです。

私は、初見です。今まで蕾は何度も見ていましたが。

山道を歩いていくと、ぶちょうほうさんから声があり見ると、コアツモリソウです。

本当に小さい山野草です。教えていただかないと通り過ぎてしまいそうです。
この辺りを探すと続々と見つけられました。5月下旬頃が開花でしょうか?

トチバニンジン



林の中をゴソゴソと二人で探すと、またぶちょうほうさんから声があり行くと・・・
これがキンセイランだそうです。非常に貴重な山野草で保護がされています。



次に教えて頂いたのは、アオフタバラン
これは山中に沢山ありました。小さく杉の枯れ葉の中に埋もれていますので注意しないとわからない山野草です。



ぶちょうほうさんの見つけていた山中のヤマシャクヤクの群落です。

残念ながら蕾でした。開花すれば急な斜面に点々と白い花を咲かせるでしょう。

ウラシマソウ

浦島太郎の持つ釣り糸のようなヒゲが花の先についています。

ヤマブキ

ニリンソウ

このクマガイソウは、民家の横の山の斜面で自然の物だそうです。
ここも例年に比べ10日ほど遅いようでした。



ワサビ

フデリンドウ

ウマノアシガタ

カヤラン

周りの老木を探すとカヤランが着いています。

ちょうど花が咲いていました。

こんな風景の奥三河の山の中です。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弓張山地の山野草探索(5/5) | トップ | 岩古谷山に登りました。(5... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
引き継ぎ? (ぶちょうほう)
2017-05-06 10:34:31
こりん様 こんにちは
希少ランの生育場所が特定されないように配慮していただきましてありがとうございます。

ここの希少植物については、こりん様に花の在処情報を引き継ぐ?ような形になりましたが、花の時季が最適ではなかったのが残念です。
でも、最盛期に再訪問できるという楽しみもありますね。
その時には、未確認情報ですが、ここにもあるというユウシュンランも見つけ出せると良いですね。
ぶちょうほう様へ (こりん)
2017-05-06 11:34:28
こんにちは、ぶちょうほう様
コメントありがとうございます。
引継ぎですか?そんな寂しいことを言わず、また付き合って下さいね。!
案内頂き、こんな所にあるんだ!と驚きでした。
花の時期に、ちょっと休んで出かけてみたいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。