こりんの遊び部屋

愛知県新城市の’こりん’の道草日誌
好きなテニス・釣り・登山・山野草などの話題を不定期に!!

茶臼山と面ノ木からの展望と冬景色(その1)

2016-12-19 20:23:14 | 展望
茶臼山と面ノ木からの展望と冬景色(その1)

今日は、青空で茶臼山と面ノ木からは素晴らしい展望がありました。
今日と明日に分けて紹介します。


茶臼山高原道路の天狗棚トンネル東側坑門に、大きな氷柱が出来ていると中日新聞に出ていました。
少し落下して小さくなっていましたが、山からの湧水が凍って氷柱になったようです。

こんな氷柱が車に当たったら大変です。

茶臼山高原道路の富士山の見えるポイントで今日も綺麗に富士山が見えました。
何故か富士山は、なんど見ても感激します。
わかるでしょうか?ほぼ中央の谷部左に山頂頭部の一部が見えます。

同じ茶臼山高原道路で、木々の間から真っ白な今までこの位置から見たことのない山が見えました。
こちらは、中央アルプスの駒ケ岳付近のようです。こんな場所からも見えるのですね。

茶臼山高原スキー場の様子です。ファミリーゲレンデのみに雪が付いています。
矢筈池も一部、結氷しているようです。

矢筈池

芹沼も少し結氷しているようです。

茶臼山も青空に映えています。

茶臼山の北側道路を進みます。ほぼ茶臼山北側で落葉した間から、今まで見たことのない山が見えました。
『あれ~~御嶽山?いや違う乗鞍岳だ!』見えるのですね。(間違っているかな?)
違っていました。白山などが見えていました。カシミール図は、『ぶちょうほうさん』より頂きました。


茶臼山北東位置からの展望地からは、今年一番の展望が待っていました。
恵那山と手前に高峰と長者峰

大川入山

蛇峠山と中央アルプス

そして蛇峠山の横、遠くに特徴的な尖った山が見えます。
蓼科山??かなと思いましたが、案内看板を見ると霧ヶ峰高原の車山です。
今まで見たことがない遠くの山でした。
違っていました。蓼科山が見えていました。カシミール図は、『ぶちょうほうさん』より頂きました。



明日は、南アルプスの主峰と面ノ木、井山頂上からの展望を紹介します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新城市大原調整池から五葉城... | トップ | 茶臼山と面ノ木からの展望と... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い! (ぶちょうほう)
2016-12-19 23:04:07
こりん様 こんにちは
高原道路からの富士山は言われてから、探して見ますのでちゃんと見えて来ます。
しかし、中央アルプスの駒ヶ岳のよう…としたものについては撮影位置がしっかりわからないとカシバードで調べるすべがないと感じました。

御嶽?乗鞍?とされた山については、撮影場所が大体推測できますので、これからカシバードで描画してみようというところなんですが、もしかしたら白山かも・・・と感じてもいます。

霧ヶ峰の車山とされたものについても描画してあれこれ推測してみたいと思っています。

それにしても高原道路のトンネルに下がったつららは
大きいものでしたでしょうね。
ぶちょうほう様へ (こりん)
2016-12-19 23:20:06
こんばんはぶちょうほう様
コメントありがとうございます。
駒ヶ岳が見えたのは、面の木ビジターセンターの天狗棚トンネル東側の富士山展望地です。
富士山から北に少し角度を変えた高原道路方向になります。
乗鞍岳と思ったのは、茶臼山のほぼ北側の道路上からです。
正面に大船山が見えています。
茶臼山高原道路など北設管内は、ほぼ雪も凍結もありません。
朝早くは、高原道路の日陰、カーブ区間のみ注意すれば大丈夫です。
茶臼山の根羽側も、全く雪はありません。

今日は、白山、乗鞍岳か分かりませんが、それと車山も見ることが出来幸運でした。
ただ、カメラがコンデジですので画質が悪いのは残念でした。
ぶちょうほう様へ (こりん)
2016-12-19 23:26:07
書き忘れです。
車山は、展望地に看板がありここから見える山が図とともに描かれていました。

氷柱は、折れていましたが、1.5mほどの長さでした。
落下した破片がありましたので、二人で撤去しました。
寒くなれば、また育ちますね!

こちらに来られるようならお知らせください。
雪情報をお知らせします。
車山について (ぶちょうほう)
2016-12-20 00:01:14
こりん様 再コメです。
実は車山方面を写した御写真の撮影位置を推測してカシバードで描画していますが、車山の見え方が結構微妙なのです。
前山に隠れない位置からでしたら見えうるのです。
ただし、車山は名前通りに丸くなだらかに見えるはずで、蓼科山よりももっと左に位置します。

念のために茶臼山の頂上で長野県側の鉄櫓の上と仮定して標高を1418mで描画しますと、車山は前山の稜線上に丸い山稜を表すのです。

つまり車山の見え方については場所によって微妙な変化があるかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。