こりんの遊び部屋

愛知県新城市の’こりん’の道草日誌
好きなテニス・釣り・登山・山野草などの話題を不定期に!!

今日の風景

2016-12-07 19:51:05 | 風景
今日は今年一番の冷え込みでした。
奥三河でも霜が降りて茶畑も真っ白でした。

天竜川水系の大入渓谷へ行ってきました。


東栄町の新畑付近の茶畑が霜で真っ白です。

大入渓谷に静岡県浦川から入りました。急な渓谷沿いの道を進みます。

古い鉄橋を渡ります。

橋からは、エメラルドグリーンの大入川が見えます。

上流には、ダムがありますが、ここに流れている水は途中の沢からの水がほとんどで、人家のない綺麗な水です。

橋から上流を見ます。急峻な山に囲まれています。この奥に『愛知の100山』30番の離山、916.6m
31番の803ピークがあります。
両方の山は、登るのに非常に困難な所にありますね。

入り口からしばらくすると2カ所目の通行止ゲートがあります。新豊根ダムまで7~8km
歩いてみると自然一杯の秘境です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊根村富山の風景 | トップ | 冬到来!! »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
離山 (ぶちょうほう)
2016-12-10 11:38:22
こりん様 こんにちは
離山を地図で見て確認しています。
山頂に至る道が一つも付いていませんね。
これは難しそうです。
離山の約700mほど南側に888m峰がありますね。
この峰のすぐ北側に東西に走る尾根がありますが、それに乗り上げることが出来ればなんとか行けそうな気がしますが、林道からどうやって尾根に乗り上げられるか、それには苦労しそうな気がします。
山裾がほとんど崖のようなところですね。

ところでこの渓谷沿いの道は一体何処まで車で入って行けるのでしょうか。
記事の一番下の「2カ所目の通行止ゲート」までは行けるのですか?
ぶちょうほう様へ (こりん)
2016-12-10 23:51:24
こんばんはぶちょうほう様
コメントありがとうございます。
離山は、愛知の100山では県道飯田富山佐久間線のうなぎだるトンネルの富山側出口から沢を遡行するしかないと紹介されています。
非常に危険だと思います。途中に滝が3ヶ所あり最大のものは10mだそうです。
大入渓谷側も厳しそうですね。
ゲートは、通行禁止となっており関係者のみが入れます。
今回は、点検でここまで入りました。
行かれるようなら相談にのります。この場ではこの程度のみの情報で失礼します。
ぶちょうほう様へ (こりん)
2016-12-10 23:56:16
離山で調べると県道古真立佐久間線から登っているのが紹介されています。
急登と山頂は、展望なしのようです。
登った方は、ダムに駐車して歩いているようです。
眺望が得られないのでは・・・ (ぶちょうほう)
2016-12-11 13:27:02
こりん様 詳細情報をい頂きましてありがとうございます。
レス1ではこれは沢登りのようで、小生には無理な登山形態ですね。
レス2ではトレッキング愛知の記事を読みました。
いずれにしても眺望のすぐれない山のようですので、魅力に欠けてしまいますね。

それでも、どういう風に登るのかとトレッキング愛知の記事を読み進めましたが、小生が考えていたのとは違い、直接離山の尾根に行く道でしたね。
小生は行燈沢の南側の尾根に取付くことを考えていましたが、この場合尾根に至るまでに苦労しそうです。
それ以後は地図には載らない危険個所に出くわす可能性もありそうですね。
季節の良い時にじっくりと歩けばできそうな気がしていますが、なにしろ眺望が悪いということですので、行く気が削がれています。
ぶちょうほう様へ (こりん)
2016-12-11 19:20:52
こんばんはぶちょうほう様
再コメントありがとうございます。
そうですね、展望があれば登っても価値がありそうですが
愛知の100山を完登したい方は、登るようですね!
佐久間ダムからも、急な山が良くわかります。
沢沿いは、恐ろしいでしょう。
また、ぶちょうほう様の家からは時間のわりに、労多くして益少ないですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。