こりんの遊び部屋

愛知県新城市の’こりん’の道草日誌
好きなテニス・釣り・登山・山野草などの話題を不定期に!!

フライフィシング

2016-12-24 19:45:27 | 釣り
10年ほど前に豊橋の出版社『春夏秋冬叢書』から取材の依頼がありました。
雑誌の名は、『叢(そう)』といい季刊号で出版されています。
その中の夏号の特集『流』に南信州の綺麗な川での釣りの取材

知人のカメラマンと根羽村の小戸名川(おどながわ)で私のフライフィッシングを撮影

カメラマンのSさんが後ろから付いてきて撮影です。
ここは、エメラルドグリーンの渓流、私のカーティスクリークです。

フライフィシングは、基本的に下流から上流に向かって釣り上がります。

オレンジのラインがフライ用で、このラインの重さで先端のフライ(毛針)をポイントへ飛ばします。
少し練習しないと上手に飛ばせませんので、始めた頃は職場の広場で練習を繰り返しました。



アマゴがこの川の対象魚です。渓流魚は人影に敏感で近づくと岩に逃げ込んで二度と出てこないので、少し離れて狙います。
この写真では、左の淵の流れ込みへキャストしています。



この釣りでは、毛針をいかに自然に流すかがカギになります。
川の流れを読み、ラインに毛針が引っ張られないように流します。


シルエット姿が綺麗です。

『ヒット!!』この取材はSさんの予定に合わせて朝が遅く釣るのには悪条件でしたがヒットしました。アマゴが毛針にライズした瞬間に合わせる必要があります。

竿を立てラインをたぐります。この瞬間が一番楽しい時間

体正面までアマゴが近づきました。ラインの先は細い糸ですのでランディングネット(たも)で掬います。


無事に取り込みました。


20cmほどのアマゴです。
尾びれ・尻びれなどの朱色が天然の証、初夏のアマゴはほれぼれするような魚体

狙うのは、前面の白く泡立つ流れの切れた所
そこへ水面を叩かないようにキャストします。





最後の写真が雑誌に載りました。
その時の記事の一部を紹介します。
『フライフィシングをする人にどこが面白いか聞くと、全部という答えが返ってきた。釣る場所を決めるのも、毛針を巻くのも、実際釣るのも、そして自然の中に身を置くのも。釣りキチというのはそういうものらしい』
こんな言葉を取材時に話していたのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津具金山と東栄町三信鉱工の紹介 | トップ | 田原臨海風力発電所の見学 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アマゴ釣り (ぶちょうほう)
2016-12-24 22:01:44
こりん様 こんにちは
雑誌の「名人モデル」になったのですか、得難い体験をされましたね。
この小戸名川を地図で探すと、茶臼山が源頭になるようですね。
きれいな水ですね、ほれぼれとします。

終戦直後に埼玉県秩父郡の山の川で魚釣りをしていたころ、釣り餌が無くなったので、”鼻糞”で魚を釣ったと兄が自慢していたのも、竹林の間を流れる水のきれいな川でした。

小生は20年ほど前に、作手村の菅沼でアメノウオを手づかみしたことがありますが、確かに彼らは驚くと岩に身を潜めて動きませんね。

小生は渓流釣りをしたことがありませんが、渓流釣りのどこがおもしろいの?という問いに対する答えの中には、すべての物事に共通するものがあるかもしれません。
世の中は”〇〇キチ”が居てこそ進歩する・・・ということも聞いた覚えがあります。

小生が渓流釣りの世界に入っていたらきっとのめり込んでいたことでしょうね。
ぶちょうほう様へ (こりん)
2016-12-24 22:49:01
こんばんはぶちょうほう様
コメントありがとうございます。
名人なんて、とてもとても。
たまたま知人が雑誌の取材の協力をしており、私が渓流釣りをやっているのを知っていて頼まれただけですよ。
趣味は、やはり準備から実施、整理すべてにこだわると面白いですね。

小戸名川は、矢作川水系の最上流の一つです。ここの渓谷美は素晴らしいです。
また、この川の支川、浅間川も綺麗な林を流れていて好きな川です。ここも、せんげんがわと言い、最上流部には家が2軒のみですが浅間神社があります。谷あいで富士山は見えませんが何故、富士山信仰があるのか不思議です。

ぶちょうほう様も登山にかける情熱を見ていると、良くわかります。何を趣味にされてもキチになるでしょう!

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。