こりんの遊び部屋

愛知県新城市の’こりん’の道草日誌
好きなテニス・釣り・登山・山野草などの話題を不定期に!!

茶臼山と面ノ木からの展望と冬景色(その2)

2016-12-20 16:00:19 | 展望
茶臼山と面ノ木からの展望と冬景色(その2)

南アルプスの連なる山並みを紹介
その後、井山に移動して御岳山とここから見えるはずの富士山を探しました。
仙丈岳3033m

北岳3193m(日本2位)・間ノ岳3189m(4位)・農鳥岳3051m(12位)・塩見岳3047m(9位)蒼々たるメンバーです。

右、荒川岳3083m(6位)

赤石岳3120m(7位)・兎岳2818m・聖岳3013m(14位)

上河内岳・仁田岳・光岳など




最南部まで写しました。

茶臼山で南アルプスなどの展望後、帰りに面の木の井山にて展望を楽しみました。
御岳山です。面白いですね。昨日の紹介で茶臼山北側からは、同じ大船山を前面に白山でしたが、ここからは御嶽山です。少し見る方位が変わると見えてくる山が変わります。
それだけ面の木から茶臼山付近は展望が良い場所だと思います。

恵那山(2191m)

大川入山(1908.3m)と中央アルプス

中央アルプス

天狗棚(1240m)の1200高地(1229.7m)

さて前回、ぶちょうほうさんよりカシミール図で教えて頂いた富士山を井山山頂で探します。
頂上では、天狗棚が邪魔して見えません。少し南東に下がると風車の横に白く見えます。

もう少し下がってみると見えました。富士山です。
やはり見えたのですね。これ以上下がると小さく見えます。この付近からがベストポジションのようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茶臼山と面ノ木からの展望と... | トップ | 津具金山と東栄町三信鉱工の紹介 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
眺望はこのあたりで一番 (ぶちょうほう)
2016-12-20 18:03:15
こりん様 こんにちは
やはりこのあたりからの眺望が一番良いですね。
本当はタイトルを”愛知県一番”としたかったのですが、愛知県内から写されたのではなさそうでしたので、”このあたりで”と、ぼかしました。
でも茶臼山・萩太郎山からでも同じようにきれいに見えますので、その表現でも悪くはなさそうです。

まず何よりも近いし、高いので、見え方がベストです。
仙丈岳の右側の稜線上には甲斐駒ヶ岳が、ここではちゃんと見えていますね。
そして、3000m峰の山襞までもしっかりと確認できてしまいます。
こんなに素晴らしい写真は、天気と時間の兼ね合いもあってなかなか撮ることはできません。

御嶽の眺めも、厳しさがあって素敵な姿ですね。
恵那山の姿はいつもながらおおらかさを感じます。

さて、井山から富士山を見るのには、少し場所探しが必要でしたか。
山の稜線上の樹木は我慢の範囲内ですが、プロペラはやや邪魔に感じてしまいました。
ぶちょうほうさんへ (こりん)
2016-12-20 19:12:08
こんばんは、ぶちょうほう様
コメントありがとうございます。

確かに、この付近ではすばらしい眺めが見られます。
毎回、ここを通るたびに春夏秋冬と表情も違い楽しみにしています。
今回も、蓼科山・白山と今まで見られなかった山が見られ感激です。
甲斐駒ヶ岳も見えていたのですね。南アルプスは、多くの山が前後にも重なっていて判断が出来ませんでした。


恵那山と大川入山の対比がいつも楽しみです。
恵那山の大らかな山体、笹原が目立つ柔らかそうな大川入山、好きな山です。

井山からの富士山は、山頂より東側に旧牧場の丘があります、こちらからなら少し標高が低いものの風車と天狗棚が邪魔にならずに見られるかもしれません。
機会があれば見に行きたいものです。

コメントを投稿

展望」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。