きょうも鱒釣り

「きょうも鱒釣り」は故人である芦澤一洋さんの著書です。
この言葉が大好きです。

2017年GWその2 C&Rと本流はスカ(2017/5/1)

2017-05-05 | 釣り

さて、GWに入って3日目、5/1、世の中は一応平日です。
(川治のC&R区間)

今日は昼頃から雨の予報です。本流を見に行きたいところですが、先週、男鹿鬼怒の年券も購入したので、ちょっと上流に行ってみました。
まずはまだ入ったことのないところと思い、鬼怒川温泉のあたりに行ってみましたが、公園らしいところは公園ではなく、キャンプ場で車は止められなかったので、川治に向かいました。10時過ぎに到着です。最上流のプールは、1人いますが、だいぶ埋まって浅くなっている様です。まずは、下流の方に入ってみました。

(一番上流のプールは埋まって浅くなっていました)

流れを見ると、派手なライズがあります。早々に、毛鉤を流すと、元気なニジマスが釣れました。すると、また、同じところでライスです。またまた、ニジマス、それでも、まだライズです。今度はヤマメ、次もヤマメです。ちょっと近づいて流れの中を見ると、結構、魚がたまっています。先頭にいるのはかなり大きいですが、水面には上がってきませんね。
先週、O崎くんとU木くんが来たそうですが、あまり良くなかったとのこと、実は、その後、おそらく、昨日放流を行ったようです。

(結構よく引くニジマス)

釣り上がって、広いプールに行くと、3人に増えていましたが、1人はすぐに帰っていきました。そうです。雨が降り出してきたのでした。雨が降って、気温が下がったのか、ハッチはなくライズもありません。ちょっと粘って、ヤマメを一匹釣ってお昼過ぎても雨はやみませんので終了です。帰りに、コロッケを買って自宅に13時前には到着です。
午後は、ちょっとのんびりして、頼まれた買い物に行き、帰ってくると雨は止んでいました。16時には川に行ってみました。何種類かのカゲロウが水面に少しだけ流れていて、ライズです。早々に狙ってみましたが出ません。毛鉤を変えている時に、雲が切れ、晴れ間が出てくると、ライズしなくなりました。時々、雲に太陽が隠れると単発でライズしましたが、毛鉤には出ません。

(カゲロウが流下しないとライズもないです)

今日もヒゲナガの時間かなと、その時を待ちましたが、ちょっと山から風が吹き出し、気温がだいぶ下がった感じです。18時半、モンカゲも少しだけ、流れてきて、少しヒゲナガ飛んでいいますが、ヒゲナガの羽化は無いようです。一度、かなり大きな魚がライズしましたが、毛鉤には出ませんでした。
19時前、もう、暗くなりよく見えませんが、岸際をのぞくとバシャッと、どうも魚がいたようです。よく見えませんが少し、ヒゲナガがハッチして追ってきたのかもしれません。すると、そのあと後ろで、またバシャッと音がしたので、毛鉤を送り込みましたが、出ません。何度か毛鉤を送り込みましたが、もう見えないので終了です。

(日が沈む瞬間、気温は急激に下がります)

今日はハズレでした。山からの冷たい風も影響してか目立ったハッチも無く、ヒゲナガも出ませんでした。残念。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年GWその1ヒゲナガ(2017... | トップ | 2017年2017年GWその3 今日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL