仲人のブログ・婚活・出会い・交際・のヒント

理想の相手を探している方、出会いを求めている方、片思いの方、恋を夢見て居る方、婚活希望の方、結婚を望む方への案内

結婚相談(婚活アドバイス) 2378

2017-07-27 05:42:08 | 日記

  “自分で結婚相手を見つけよう”

 

    “婚活・婚約・結婚の秘訣”   

 

 

 

 

  

 

昨日の続きで結婚相手としての女性の仕事を考える事にします。

 

 

 

最近は女性の仕事も時間的観念が薄れてきたと云うのでしょうか?男性の職場に女性が進出して来たのが原因でしょうか?

 

 

 

早朝・深夜勤務が考えられる・・・女性の電車運転士、電車の車掌、路線バスの運転士、観光バスの運転士、それに夜間泊まり勤務が考えられる職業として・・・婦人警官、看護師、病院の薬剤師、等々これらの仕事をしている女性は土日あるいは勤務時間が一般と異なります。

 

 

 

この様な職業に就いている女性との交際はどの様に考えれば良いか?結婚後も仕事を続ける場合如何でしょうか?

 

 

 

男性もこの様な女性と同じ勤務状態であれば話も早いのですが、中々その様に行かないのが世の常と考えて置かなければ成りません。

 

 

 

そこで貴男と同じような勤務体系の女性を捜し交際から、意気投合して結婚となり子供さんが産まれれば育児休業を取得して3ヶ月、半年と育児休暇を取り仕事に復帰すれば、以前の勤務体系と違う交代制シフトを組まれる可能性も考えて置かなければ成りません。

 

 

 

これらの事はさて置き、交際中の注意事項として交代制勤務の方でも少々無理をしてでも交際中は間を空けずにお会いする、・・・さもなければ他から横やりが入り、その結果時間を惜しまず近寄ってくる男性に目移りがする、これが自然の成り行きと考えて置いてください。

 

 

 

次に問題に成るのが、自立が出来る可能性のある仕事、或いは結婚して子育て後、条件的に良い仕事に復帰が出来る資格を持っている女性。

 

 

 

云い換えるなら結婚相手で何某らの資格を持っている女性・・・資格を持った女性を結婚相手に考える男性も多く居られると思います。

 

 

 

女性の資格は色々あります。美容師、ファッションコーディネーター、着物コンサルタント、フラワーデザイナー、旅行業務取扱管理者、旅行添乗員、調理師、食生活アドバイザー、エスササイズインストラクター、アドミニスター、インテリアコーディネーター、看護師、助産師、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、歯科衛生士、司書、教育カウンセラー、ホームヘルパー、管理栄養士、保育士、どうせなら結婚をして一時的に仕事を止め、出産子育てが終わった後にその資格を生かして再就職を考えるのですが、

 

 

 

これら、女性の仕事も一般的な男性の仕事に対して時間的に符合するかの問題が有ります。

 

 

 

其れが仕事の勤務状態・・・・それに一昼夜勤務、土日に勤務、なども考えられ、パートの様に自分で勤務時間を決められるのであれば良いのですが、 より贅沢な生活を望む男性で有れば考えるのではないでしょうか? しかし、こうなれば女性に対して一歩も二歩も譲らなく他は成りません。

 

 

 

我々の時代では女性が長く勤めて居れば「お局さん」と陰口を云われたものです。

 

 

昔の言葉に「髪結いの亭主」と云うのが有りました。

 

 

 

処で最近のデパートの店員さんは随分と年を取った女性ばかりではないですか? そのため、昔ほど若い男性がデパートで買い物をしている姿を見かけないのではないでしょうか? (買い物をする男性も自分の身の丈に合った女性店員の対応を期待しているのです。)

 

  

 

 

 

今日はこの位にして続きは明日書かせて頂きます。

 

 

これも男性への婚活アドバイスの一つです。

 

 

 仲人岩本ホームページ

『恋人』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚相談(婚活アドバイス)... | トップ | 結婚相談(婚活アドバイス)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL