仲人のブログ・婚活・出会い・交際・のヒント

理想の相手を探している方、出会いを求めている方、片思いの方、恋を夢見て居る方、婚活希望の方、結婚を望む方への案内

結婚相談(婚活アドバイス) 2382

2017-07-31 06:23:56 | 日記

  “自分で結婚相手を見つけよう”

 

    “婚活・婚約・結婚の秘訣”   

 

 

 

 

  

昨日に続き良きパートナーに成る男性を見つけ見事ゴールへ辿り着ける案内をさせて頂きます。

 

 

 

結婚希望で有りながら、婚活どころか・交際どころか・結婚などほど遠く夢の夢と考えている女性が居られますが、この様な女性は結婚への憧れ、或いは片思いだけで済ませているのです。

 

 

 

もしかすると貴女ではないですか?このブログはその様な女性に意識改革を与えて、ゲット出来るチャンスを逃すことなく自分のものにする方法を書いていきます。

 

 

 

確り勉強して下さい応援しています。

 

 

 

・・・・女性のみなさん、結婚へのステップとして其々有りますが・・・誰かの紹介・・・或いは自ら婚活を行う・・・合コンで知り合う・・・仲人を介してのお見合い・・・街中には結婚相談所が有りますが、果たして結婚相談所は、どの様な内容か?気に成る処だと思います。

 

 

 

ネットではどこの結婚相談所が良いか?どこの結婚相談所が良心的な料金か?どこの結婚相談所が高額料金か?どこの結婚相談所が低額料金かを問題にしているようですが、私が仲人をやり始めたのが会社勤めをやりながら平成2年です。

 

 

 

今で云う先輩仲人のカバン持ちで仲人の一から順次習ったものです。仲人で大切なものとして信用と釣書が有ります。

 

 

 

現在では釣書をご存じない方も多いと思いますが、簡単に云うと就職の時に会社に提出する履歴書のような個人情報(本籍・氏素性)が書かれている書類です。

 

 

 

これらを踏まえてお読みください。

 

 

 

先日この様な電話が有りました。「仲人をやって居られるのに、なぜ結婚相手を自分で捜せと云うのか?」その答えとして男性も女性も青春を楽しみ謳歌して欲しい、青春を謳歌することで青年時代の思い出となり人間的に成長するのです。

 

 

 

人間的に成長せずに青年時代を過ごせば長い人生には、山あり谷あり・失敗する事もあり・つまずき転ぶことも有ります。

 

 

 

この様な時にどの様に軌道修正が出来るか?そこで物を云うのが、相談できる対人関係の構築の上と知り得た人の気持ちと・相手の考えを知る(同性での間では簡単な事ですが、年令的に似通った男性との間では難しい物を感じる方が多いようでが勇気を出して)・・・・青春を謳歌して人間的に成長して欲しい、その先に出てくる・・・・最たるのが男女交際の末に結婚へ望みを・・・・

 

 

 

それらは学校では教えてもらえない、一個人として対人関係(男性に付いて)の勉強ができるのです。婚活に胸トキメカセ・出会いに胸フクラマセ・交際にオドラセテ楽しんで青春を謳歌して下さい。

 

 

 

 

 

昨日、大阪梅田までの6kmをママチャリで行って来ました。と云うのもアデダスのお店で注文していたアデダスカントリーが入荷したとの連絡を受けて行ってきたわけで、私は20才代後半に出会ったカントリーが気に入り、一年半に一足の割合で購入しています。

 

しかし10年ほど前からスポーツ用品店、靴屋さん、百貨店に行っても中々見当たらずネットで買ったり、タマタマ入った靴屋さんに有った物を買っていました。

 

処がそのような靴は長年店頭に並べてあるので接着剤が劣化して接着剤が剥がれるトラブルに見舞われていましたが、家内が先月梅田のHEP FIVEにアデダスのお店が有るのを見つけたらしく24.5cmを注文して置いたのが入荷したとの連絡を受けて取りに行って来ました。

 

 

 

自転車で行く途中淀川(十三大橋)では・・8月5日に行われる(なには淀川花火大会)の準備を忙しくやって居られました。近所に住みながら一度も現地での花火見物をしたことが無く、専ら家の二階から見物を楽しんでいる状態です。今年もそうなるでしょう。

 

 

 

 

今日はこの位にして続きは明日書かせて頂きます。

 

 

これも女性への婚活アドバイスの一つです。

 

 

 仲人岩本ホームページ

『恋人』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚相談(婚活アドバイス)... | トップ | 結婚相談(婚活アドバイス)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL