岩倉高等学校 放送部

東京都台東区上野にある岩倉高等学校・放送部のブログです

前期期末試験ですが

2017年07月11日 | 活動

前期期末試験が始まりました。金曜日までの4日間です。

キャノンケーブルなど、ちょっとした備品と消耗品を購入したので部室に持っていきました。もちろん無人です。少し荷物整理をしていると、Nコンで提出した創作テレビドラマを制作する最初の一歩で部員がどんどん書き込んでいった模造紙が、奥から出てきました。

昨年は1作品でしたが、今年は当初から2作品やろうということで、本当に大変でした。(あくまでも部員が、ですが…)そもそもの骨子はあっても、展開をどうするのか、ところで誰が出演するの?等、紆余曲折がたくさん。さらに、一眼レフカメラを初めて使いましたし。結構、初めてだらけ。




こんな人間関係図を部員が次々に書き込んで、2つの作品のチームが次第にまとまってきた過程はとても良い光景でした。

最初の書き込みは、作品「おもい」。女子部員が手掛けた所謂「胸キュン」です。先輩女子が後輩男子を好きになる中で、色々な「思い」「重い」「想い」に変化していくというテーマです。演技の問題、構図の問題…色々課題はあったのでしょうが、完成したことが最大の成果です。

2つ目は、作品「UNION」。「部活は労働じゃないんだ」という言葉が先にあったのを勢いで作り切った力技のドラマでした。男子部員のカラーが出ている異色作で、ちょっと暴走した感じも否めません。まあ、それでも良かったのかな。

両方のドラマとも、作品としては13~4分で出来上がったものを大会作品既定の8分に「切って」「削って」「直して」の作業の末、エントリーしました。予想通り、やはり創作テレビドラマを2本やるのは実にしんどいです。しかし、今はそれをやり切った部員たちを誇らしく思います。

大会作品は、審査されて優劣をつける運命にあります。残念ながら決勝には進めませんでしたが、視聴者が作品をどう感じてくれたのかという声を積み重ねて、次の部員たちが生かすかによって、これからの厚みが出てくるものです。それに期待したいところです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壮行会 | トップ | Nコン 各部門タイムテーブル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。