岩国矯正歯科クリニック(山口県)院長の矯正日記

院長が、健康・矯正に関すること、日々の出来事などを綴っています。

失敗学の権威が成功学を語る本

2017-01-04 15:41:04 | 感動した書籍
畑村洋太郎氏は失敗学の権威であり、失敗の前兆としてのヒヤリ・ハットという概念を唱え始めた方です。東京電力福島原発の事故調査委員長も歴任されている方です。畑村洋太郎氏の「考える力をつける本」を読みました。予想通り、素晴らしい内容です。

要は、自分で感じて、自分の考え、仮説を立て、検証を繰り返すことです。その行程が具体的に書いてあります。

変動し、不確実で、複雑で、あいまいな時代(VUGAワールド)に生きる我々には、旧来の世界には通じたモデルや生き方や知恵だけでは、対処できません。「正解のない問題に対して、そのたびに最善と考える答えを出していく」ことが求められています。

こんな時代を生き抜くために必要なキーワードが、アジェイル(agile):「俊敏さ」とレジリエンス(resilience):「回復力」です。つまり、とにかく行動してジタバタしながら答えを見つけようとして、窮地に陥ってもへこたれな「しぶとさ」を発揮することです。

「俊敏に」かつ「しぶとく」自分で考えることが、成功に通じると、理解しました。何やら松下幸之助氏の言葉を思い出しました。「成功するまでやるから、成功するんや」

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「心技体」の脳科学的な正し... | トップ | 池上彰氏の新成人に贈る言葉より »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。