岩国矯正歯科クリニック(山口県)院長の矯正日記

院長が、健康・矯正に関すること、日々の出来事などを綴っています。

ストレスの対処方法の分類があるとは?

2016-12-07 18:07:45 | 健康に関すること
最近、ストレスマネジメントという分野の学問があるということを知りました。医学と心理学の境界に位置する分野だと思います。

ストレスに対する対処方法を「コーピング」と言います。生きている限り、いろんな種類のストレスを受けていますので、我々はその性質に応じて適切に対処していく必要があります。普段は、本能的に対処していることを、学問的にに分類していることに、ある種の感銘をしました。

対処方法を3段階で分類し、問題の解決(問題焦点型)か心の状態(情動焦点型)の解決か、真っ正面から取り組む(関与型)か回避(回避型)するか、認知を優先する(認知型)か行動を優先する(行動型)かで、8種類に分類されます。

<問題焦点型>
計画立案 :問題解決の計画を立てる  (関与型ー認知型)
情報収集 :情報を集める       (関与型ー行動型)
あきらめる:あきらめる        (回避型ー認知型)
責任回避 :責任を逃れる       (回避型ー行動型)

<情動焦点型>
積極的思考:良い面を探す       (関与型ー認知型)
カタルシス:誰かに話しを聴いてもらう (関与型ー行動型)
思考回避 :くよくよ考えないようにする(回避型ー認知型)
気晴らし :気晴らしをする      (回避型ー行動型)

仕事でのストレスには、情報収集して問題解決の計画を立てて実行していきたいですね。時には、良い面を探したり、気晴らしをしているかもしれません。

決定的な失恋であったら、誰かに話しを聴いてもらって、くよくよ考えないようにするのですかね。気晴らしをすることもあるかもしれません。最後は、あきらめるのでしょう。

この8種類の対処方法を上手に使い分けているから、前向きに生きていけるであると思います。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元日本女子バレーボール監督の柳本晶一氏の講演

2016-11-24 16:16:08 | 日々のこと
元日本女子バレーボール監督の柳本晶一氏の講演を、先日聴く機会がありました。

日本女子バレーボールのどん底時代に監督を引き受け、7ヶ月でアテネ・オリンピックに出場できた秘策を講演してくれました。

先ず「目標を明確にして、キャスティングする」ことから、仕事を開始しました。

つまり、目標はずばり目前のオリンピック出場です。キャスティングでは、従来リーグ戦優勝チームをそのままオリンピック出場チームにしていました。それを変革しました。

「先ず挫折を知り個性の強い3選手を選抜しました。勝つという結果を出せるチームメンバーを選抜しました。試合中、監督はコート内へ指示を出せません。あくの強い選手を入れて、コート内で監督の替わりに他の選手に適切な指示が出してもらって、組織を活性化しました。」

最後に、経営者向けに組織作りの基本にも言及しています。

「負けたことを引きずることなく、落胆せず、良い経験をしたと前向きに扱うことです。人生には負け・勝ちがあり、負けは変われるチャンスになります。そこで、3つの『切り』が大事です。
踏み切り
割り切り
思い切り
負けの感じ方を変えることに踏み切って、負けを経験に変え、新しいことに挑戦するように割り切ることで見えるものがある。あとは信じることに思い切ることです。」

素晴らしい講演でした。機会があれば、柳本晶一氏の著作物を読んで見たいと思います。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市川海老蔵主演の<石川五右衛門>

2016-11-21 16:26:51 | 日々のこと
歌舞伎が悲劇であれば、狂言は喜劇。古い観念の知識しか私は持ち合わせておりませんでした。

石川五右衛門を主人公にした歌舞伎は以前より扱われたもので、今回の市川海老蔵主演の<石川五右衛門>の脚本家は最近の方です。石川五右衛門は従来より創作上での主人公ですので、ストーリーは突飛で、歴史的にはあり得ない展開です。

淀君と石川五右衛門とが恋愛関係になって、妊娠します。それを知った秀吉が石川五右衛門と南禅寺の山門で対面し、秀吉が石川五右衛に対して、お前は私の子どもであると言います。

必然的に淀君のお腹の子供は、秀吉の孫になるということになります。秀吉がその証拠を示しながら、石川五右衛門に説明するという展開です。まさに、奇想天外です。

つじつまが合うことなんか、あるわけがありません。ど派手な演出で、煌びやか着物で、演出効果を存分に活用します。多人数が踊り、歌い、完全なショーです。悲劇なんかではありません。

歌舞伎の古典ばかり演じても、新鮮ではありません。観客も飽きます。新作にも挑戦しなければなりません。

不易流行です。守るでき所は元のままで、変えるべき所は変える必要があります。歴史の風雪に耐えたものだけが、生き延びるのでしょう。

歌舞伎の将来を担う市川海老蔵。歌舞伎のファンは高齢化しています。私生活では試練にあります。ど派手な演目を、どういう考えで演じているのでしょうか?ビジネスと割り切っているのでしょうか?彼の考えを聞く機会があればいいなと感じました。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝 トランプ大統領就任

2016-11-11 19:03:34 | 日々のこと
クリントン氏が優勢との前評判でした。選挙結果予測に関して世紀の大誤報で、マスコミ全員が反省しなければならない事態となりました。泡沫候補としか扱われなかったトランプ氏が代45代アメリカ大統領就任です。

トランプ氏を紹介している記事に、気になることが書いてありました。1987年のベストセラーになった自著の一節です。

「少し怒りを買うこと、議論を巻き起こすような言動を起こせば、マスコミは取り上げる。」

「悪名は無名に勝る」ことを利用して、メディアに採用されるような過激な演説を続けました。フィリッピンの新大統領や北朝鮮の若いリーダーにも、同じ傾向を感じます。

「悪貨は良貨を駆逐する。」

「犬が人を咬んでも新聞に出ないが、人が犬を咬むと新聞に出る。」

同じ傾向を表現した表現を思い出しました。

トランプ氏は不動産業者ですから、相手にはったりも言って自分に有利な条件を引き出し、目先の自国利益を重視する交渉することになるのでしょうか?

高い理念や品格、友好国との関係維持とは離れた方針を出していくのでしょうか?

当方は、しばし高みの見物です。そんな余裕が日本に欲しいですね。私の独り言です。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多幸感をもたらす脳内ホルモンを分泌させよう

2016-10-13 16:06:12 | 健康に関すること
2016.10.13付け日経新聞に山王病院の奥仲哲弥先生による脳内ホルモン(エンドルフィン)の考えが紹介されています。

エンドルフィンが脳内で分泌されると多幸感をもたらします。代表的な現象が「ランナーズハイ」で、心肺機能を高めると脳内にエンドルフィンが分泌され、高揚感や満足感が高まります。

強い信念を抱いている状態や褒められたり笑ったりする時、恋愛感情で心がときめいている際にも、エンドルフィンが分泌されています。

意識的にエンドルフィンを放出する心得が掲載されています。とても参考になります。

1.「終活」などしない:死んだ後のことを考えるのではなく、現在の自分の生き方を見つめ直し、最後まで楽しめることを探す。

2.「呼吸」で怒りを鎮める:肺の中にある呼吸をゆっくり吐く。無理をしない程度に吐ききったら、肩の力を抜いて息を吸い、楽にする。。

3.「いとおしい」という気持ちを習慣に:家族や友人、ペット、ぬいぐるみなどと「一緒にいたい」と感じる時間を設ける。

4.歩調をちょっと広げ少し速いウオーキング:かっこよく歩いて「見られている」と意識する。脈拍が110〜120になるのを目安に。

5.「入浴」で快感とリラックスを得る:入った直後に「熱め」と感じるお湯に気持ちよいと思う時間つかる。熱いお湯は危険。有病者は医師の指導に従う。

6.好きなものを好きなだけ食べる:糖質や脂質を無理に制限しなくてもいい。有病者は医師の指導に従う。

7.一日一度の「ウフフ、エヘヘ」:好きなこと、楽しいことをして笑いを増やす。時に他人を喜ばせることを考える。おしゃれや部屋の模様替えなども有効。

体系的にまとめられると、助かります。ストレスを感じた時、悲しい時、落ち込んだ時など、自在に自分の心を立ち治させることができるヒントです。根本的な解決策が見つからなくても、最悪の状態の心を救うことができそうです。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加