岩国矯正歯科クリニック(山口県)院長の矯正日記

院長が、健康・矯正に関すること、日々の出来事などを綴っています。

「幸せ」を探して

2017-04-11 19:09:20 | 感動した書籍
山のあなたの空遠く
「幸」(さいわい)住むと人のいふ
噫(ああ)、われひとと尋(と)めゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
「幸」住むといふ

私もカアル・ブッセの「山のあなた」を中学生の国語に習ったことがあります。その奥深い意味を忘れていました。雑誌「致知」2017年1月号の鈴木秀子氏の連載シリーズで解説され、その解釈を読み、感銘しました。

「山のあなたの空遠く」とは意味は財産、地位、名誉まどです。財産、地位、名誉を得ても手に入らない幸せが、実は既に目の前にあることに気付かずにいるというにです。面白い例えを教えてくれました。幸せは「No where」から「Now here」に視点を換えて、見つけろと述べています。同じ綴りでも、意味は全く違います。

自らが財産、地位、名誉などを得ても幸せにはなりません。自分の喜びや満足だけに時間を費やすのではなく、家族や縁あった人達の幸せを祈ったり、地域社会のために奉仕したり、困っている人達のために尽くしたり、という行為が心の中の深い喜びや幸福感を呼びさますのです。

出会っている人達を愛おしく感じ、遭遇する出来事に無限の価値を感じましょう。私達の人生経験はすべて永遠の世界で生きていくための準備と考えて。

鈴木秀子氏の少し宗教的な発想には敬服しますが、私には少し修養が足らず、この境地にまで至っていません。しかし、カアル・ブッセの「山のあなた」の深い意味は理解でき、共感できます。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉以外の「伝わる力」が大切

2017-03-10 14:38:52 | 感動した書籍
濵家輝雄氏(倉敷芸術科学大学客員教授)が「メラビアンの法則」を紹介している文章を読みました。カリフォルニア大学教授のアルバート・メラビアンが「言葉の力」がどの程度あるかを統計結果した結果です。

言葉で何かを伝える時、いかなる力をもって相手に伝わり、言葉の力はどの程度あるかということです。その結果は意外なものです。

言葉の力は7%、話の内容は38%、表情の力は55%です。

何かを伝える時、言葉に添った形の表情が55%の役割を果たしてします。

お客様をいい笑顔で迎えたり、心から「おもてなし」の気持ちで素直な表情で迎えたりすると、「お客様ファースト」の気持ちが通じます。

連想するのは、飛行機に乗った時のスチュワーデスの笑顔であったり、ディズニーランドのスタッフの気持ち良い笑顔などです。京都弁で話掛かられたりすると、自然に心が和みます。

東京弁は、威勢はいいのですが、忙しない雰囲気になります。無表情で、笑顔もない対応であったり、大声で殺気立ったりした対応であると、むしろ不快感を感じます。

忙しいと、用件だけを機械的に伝えようとしがちです。しかし、伝える力は相手の心の中にまで伝え、心を揺さぶり、行動を変えるということを発揮できることが、本来の目的です。

言葉だけでなく、内容だけでなく、相手に響く効果を狙って表現することが必要であると、つくづく感じました。これこそが、プレゼンのエッセンスですね。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矯正学会のアライナー型矯正装置の推奨例と非推奨例

2017-03-06 18:34:29 | 矯正歯科に関すること
矯正歯科の最大の学会である日本矯正歯科学会からアライナー型矯正装置の使用指針が出ました。今までは、アライナー型矯正装置の利用に関して会員が手探りでした。

推奨例と非推奨例とは、次ぎの通りです。

【推奨される症例】
1) 非抜歯症例で、以下の要件を満たす症例
・軽度の空隙を有する症例 ・軽度の叢生で歯列の拡大により咬合の改善が見込まれる症例 ・大きな歯の移動を伴わない症例
2) 矯正治療終了後の後戻りの改善症例
3) 抜歯症例であっても歯の移動量が少なく、かつ傾斜移動のみで改善が見込まれる症例
4) 金属アレルギーを有する症例

【推奨されない症例】
1) 抜歯症例
・犬歯が遠心傾斜している症例
・前歯部が大きく舌側傾斜している症例
・歯の大きな移動を必要とする症例
・大きな回転、圧下・挺出を必要とする症例
・患者の協力度が低い症例
2) 乳歯列期、混合歯列期で顎骨の成長発育や歯の萌出の正確な予測が困難な症例
3) 骨格性の不正を有する症例

日本矯正学会から指針の中には、診断と治療計画、治療における留意点、施設基準と術者の資格、リスク対策などが掲載されています。

マルチブラケット装置を嫌がる患者さんへ、アライナー型矯正装置を勧めることがありえます。手軽さと審美性に勝る利点はありますが、治療の仕上げまで達し、保定後までに咬合を長く維持するには、難点がありえます。日本矯正学会所属の矯正歯科医だけでなく。広く歯科医に衆知されることを、望みます。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最新 アメリカ矯正事情 インビザライン編

2017-02-17 13:36:57 | 矯正歯科に関すること
アメリカ国内で開業している著明な矯正専門歯科医から教えてもらった話です。

彼自身でも症例を選んで、インビザラインを使用して治療しています。非抜歯症例だけでなく、便宜的に抜歯をした場合もあるとのことです。一方で、一般開業医や他の矯正専門歯科医がインビザラインを使用して患者さんの後戻りを、ブレイスで治療していることも多々あります。

彼は専門家ですので、患者さんがインビザラインを希望しても、その歯並びには適切でない治療と説明し、了解を得られるほど信頼感がある方です。また、その歯並びに適切である場合には、インビザラインを用い治療をしています。

つまり、歯の並び方だけでなく、周囲組織や咬合の状態まで、所定の診断をちゃんとしているということです。

不正咬合を診断してインビザラインを用いるのが不適切か、適切かの見極めの甘い歯科医師や矯正歯科医が、インビザラインをいることが分かります。

彼は、最後こんなことを話していました。自分は矯正歯科の専門家として、最後の砦となるように、後戻りをした症例をブレイスで治療しています。他医院で以前に治療したことのある再治療であっても、新規に始める方と同様に、報酬も患者さんに提示してますがね。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エディー・ジョーンズ氏の「ハードワーク」

2017-02-10 12:56:55 | 感動した書籍
戦争の戦略論なら、「孫子」でしょう。ラグビーの戦略論ならエディー・ジョーンズ氏の「ハードワーク」とでも言いたくなるような内容です。ラグビー界の最高目標はワールドカップでの優勝です。これを目指して日本チームを指揮したヘッドコーチこそ、エディー・ジョーンズ氏です。ビジネスにも使える内容ですので、多いに参考にできます。

・目標がはっきりしていれば、目先の勝敗は大して問題になりません。チームや個々の選手も、何が欠けていたのかを課題に自覚します。

・私はどんなことでも、成功は、準備がすべてだと思います。勝つためには、準備をしなければなりません。勝ちたいなら相手を上回る準備をするしかない。

・人間にとって、習慣ほど安定したものはありません。一旦習慣になると、忘れることはありません。欲求を感じなくても、行うようになります。

・リスクを負わなければ、進歩はありません。リスクを負わず、決まり事を繰り返すことは楽にちがいありませんが、そこから何も生まれないのです。

・欠点は誰にでもあります。しかし、それをネガティブにとらえると、そこで負けが確定してしまいます。要は、欠点とは、1つの条件に過ぎないということです。欠点を欠点ととらえるか、ただの条件と考えるかが、勝利や成功への大きな分かれ目になるのです。

・大きなことを成し遂げたいと思うなら、それまでの実績を捨て、次のステップへ進まなければなりません。リスクを負うことになるので、当然、不安や恐怖が伴うでしょう。勇気とは、慣れ親しんだ自分を捨てることです。勇気とは、失敗を恐れないことです。

前向きに目標に向かって、自分を追い込むことのできる考え方を学ぶことができます。エディー・ジョーンズ氏は賢い人だから、どこのチームを指揮しても実績がのこせるのですね。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加