岩国矯正歯科クリニック(山口県)院長の矯正日記

院長が、健康・矯正に関すること、日々の出来事などを綴っています。

池上彰氏の新成人に贈る言葉より

2017-01-09 14:55:08 | 日々のこと
私の敬愛している池上彰氏は、テレビ・新聞・本で情報を発信し続けています。非常にタフで、発信源が異常に豊かな方です。成人式に向けて、日経新聞で新成人に贈る名文を書いています。

ー内面では苦悩と恐れと葛藤を抱え、どうしていいか不安に苛まれている。青春とは、そんなものです。

社会に出て、人間関係に揉まれ、仕事上で難題を切り抜けていくうち、人は理想を失い、感性を摩滅させ、恐れを知らなくなっていきます。それが年を取るということでしょう。これは、恐いこと。恐れを知らなくなることを恐れよ、と私は言いたいのです。

人生に恐れを持つことは若さの特権です。それがあれば、自分の思想や行動に自省的になり、驕り高ぶることもなく、大きな過ちをしなくなるのだと思います。時代と場所を超え、この認識は人々の共通認識になっていきます。ー

できれば20歳までに、自分の人生の大きな方向性、これを人生の目標と呼ぶなら、この人生の目標を明確するための教育・助言を生かしましょう。目先のことばかり追い続けると、年を取ってから後悔します。

自分の存在意義は何か、これを早く明確にすれば、自分の選んだ道で努力が継続できると思います。私の新成人へ贈る言葉です。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗学の権威が成功学を語る本

2017-01-04 15:41:04 | 感動した書籍
畑村洋太郎氏は失敗学の権威であり、失敗の前兆としてのヒヤリ・ハットという概念を唱え始めた方です。東京電力福島原発の事故調査委員長も歴任されている方です。畑村洋太郎氏の「考える力をつける本」を読みました。予想通り、素晴らしい内容です。

要は、自分で感じて、自分の考え、仮説を立て、検証を繰り返すことです。その行程が具体的に書いてあります。

変動し、不確実で、複雑で、あいまいな時代(VUGAワールド)に生きる我々には、旧来の世界には通じたモデルや生き方や知恵だけでは、対処できません。「正解のない問題に対して、そのたびに最善と考える答えを出していく」ことが求められています。

こんな時代を生き抜くために必要なキーワードが、アジェイル(agile):「俊敏さ」とレジリエンス(resilience):「回復力」です。つまり、とにかく行動してジタバタしながら答えを見つけようとして、窮地に陥ってもへこたれな「しぶとさ」を発揮することです。

「俊敏に」かつ「しぶとく」自分で考えることが、成功に通じると、理解しました。何やら松下幸之助氏の言葉を思い出しました。「成功するまでやるから、成功するんや」

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「心技体」の脳科学的な正しい解釈

2016-12-16 19:14:57 | 日々のこと
大相撲の関取が話す言葉に、「心技体」があります。先ず心を鍛え、技を鍛え、最後に体力を鍛えれば、強くなるような意味で、私は解釈していました。

これに対して、脳神経外科医の林成之氏が脳科学的な立場で「心技体」の正しい解釈を説明します。(新潮2016.12.22)説得性があると、私は感じます。

『強い体を基に、独自の技術を編み出すことによって、初めて強いを心が生まれるのです。技のない者がいくら精神統一しても技は生まれません。つまり、「他者の追随を許さない、想定外の自分の技を磨く」これこそが「心技体」源なのです。』

とかく日本人は根性ものが好きで、レベルアップには「気合いだ」とか言って、スポーツをしがちです。根性心が優先されて、次ぎに技を磨き、最後に体が強くなっていき、勝つようになると解釈をしがちですけれども、大きな間違いのようです。

中年太りの私が根性を出し、精神統一し、体力をつけたら、大相撲の横綱に勝てるか?と具体的に考えれば、正解が明らかです。

正しい順番は体・技・心で、この順番に鍛えて競技・勝負に勝つということです。運動以外にも応用できそうな気がします。健康や体力こそが勝利の大前提であると強く感じます。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレスの対処方法の分類があるとは?

2016-12-07 18:07:45 | 健康に関すること
最近、ストレスマネジメントという分野の学問があるということを知りました。医学と心理学の境界に位置する分野だと思います。「ストレスマネジメント」という古本を見つけたからです。

ストレスに対する対処方法を「コーピング」と言います。生きている限り、いろんな種類のストレスを受けていますので、我々はその性質に応じて適切に対処していく必要があります。普段は、本能的に対処していることを、学問的にに分類していることに、ある種の感銘をしました。

対処方法を3段階で分類し、問題の解決(問題焦点型)か心の状態(情動焦点型)の解決か、真っ正面から取り組む(関与型)か回避(回避型)するか、認知を優先する(認知型)か行動を優先する(行動型)かで、8種類に分類されます。

<問題焦点型>
計画立案 :問題解決の計画を立てる  (関与型ー認知型)
情報収集 :情報を集める       (関与型ー行動型)
あきらめる:あきらめる        (回避型ー認知型)
責任回避 :責任を逃れる       (回避型ー行動型)

<情動焦点型>
積極的思考:良い面を探す       (関与型ー認知型)
カタルシス:誰かに話しを聴いてもらう (関与型ー行動型)
思考回避 :くよくよ考えないようにする(回避型ー認知型)
気晴らし :気晴らしをする      (回避型ー行動型)

仕事でのストレスには、情報収集して問題解決の計画を立てて実行していきたいですね。時には、良い面を探したり、気晴らしをしているかもしれません。

何か失敗しても、前向きな教訓を見出して、失敗したために気づいたプラス面や良い面を探すこともあります。

決定的な失恋であったら、誰かに話しを聴いてもらって、くよくよ考えないようにするのですかね。気晴らしをすることもあるかもしれません。最後は、あきらめるのでしょう。

この8種類の対処方法を上手に使い分けているから、前向きに生きていけるであると思います。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元日本女子バレーボール監督の柳本晶一氏の講演

2016-11-24 16:16:08 | 日々のこと
元日本女子バレーボール監督の柳本晶一氏の講演を、先日聴く機会がありました。

日本女子バレーボールのどん底時代に監督を引き受け、7ヶ月でアテネ・オリンピックに出場できた秘策を講演してくれました。

先ず「目標を明確にして、キャスティングする」ことから、仕事を開始しました。

つまり、目標はずばり目前のオリンピック出場です。キャスティングでは、従来リーグ戦優勝チームをそのままオリンピック出場チームにしていました。それを変革しました。

「先ず挫折を知り個性の強い3選手を選抜しました。勝つという結果を出せるチームメンバーを選抜しました。試合中、監督はコート内へ指示を出せません。あくの強い選手を入れて、コート内で監督の替わりに他の選手に適切な指示が出してもらって、組織を活性化しました。」

最後に、経営者向けに組織作りの基本にも言及しています。

「負けたことを引きずることなく、落胆せず、良い経験をしたと前向きに扱うことです。人生には負け・勝ちがあり、負けは変われるチャンスになります。そこで、3つの『切り』が大事です。
踏み切り
割り切り
思い切り
負けの感じ方を変えることに踏み切って、負けを経験に変え、新しいことに挑戦するように割り切ることで見えるものがある。あとは信じることに思い切ることです。」

素晴らしい講演でした。機会があれば、柳本晶一氏の著作物を読んで見たいと思います。

 広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加