かんなさんが通る。

日々のたわいもない出来事から何気に思っていること等を、うだうだとしこしことマイペースに綴っていきます。

ライスとルーの配置

2017-04-19 22:34:36 | 日記
2日前の晩御飯メニューのハッシュドビーフ🍛



大好物の1つであり、ご飯メニューに出された時は美味しくいただいています

ところで、カレーライスを含めて、食べる場面におけるライスとルーの配置の関係について着目すると、「ライスが右で、ルーが左」派と「ライスが左で、ルーが右」派に大別されると思われます

右利きの人間が多いことから、右でスプーンを持って食べることを考えますと...

前者の方がライスを左のルーに押し込んでルーと混ぜることができるので都合がよいと思う方もいえば、後者の方が右側のルーを掬って左のライスに運びやすく、そのままライス上からかけれやすくなるから食べやすいと思う人もおられて、食べ方は人によって様々

それぞれの食べ方があることなので、当然ながらどちらであるべきという答えなどはありません

飲食店されている店員によると、お客様に対して写真のように「ルーとライスの位置関係を上下にして提供する」というのが基本らしいですね📺
(TVからの情報)

つまり、食べ方はカレーライス注文のお客様が食べやすいように選んで頂くとのことです

ん〜、なるほどなぁ、見映え的にも左右に配置するのではなく、こうした方が美味しく見える気がします

左右対称というか、程よくバランスが保てている在り方がしっくりと目にも入り込むわけで、感覚として形から入らせておいて「いただきます❗️」を促している効果もあるのかなと思ってみたりもするものです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが町の名産かよ | トップ | 大阪モノレールのガンバ仕様 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。