タケシのブログ

日常のいろんな事を書いていきたいと思います。

公立小中教職員10年後4・9万人減案…財務省

2016-11-05 19:08:24 | Weblog
財務省は4日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、少子化の進行により、10年後の2026年度には
公立小中学校の教職員定数を現状(約69万人)よりも約4・9万人減らすことができるとの試算を発表した。
一方、文部科学省はいじめ問題などへの対応強化のため、約1・5万人減にとどめるべきだ
と主張しており、今後の予算編成の焦点の一つとなりそうだ。財務省によると、文科省案(1・5万人減)
を採用した場合、財務省案(4・9万人減)と比べて、国・地方の財政負担は約2300億円膨らむという。
文科省は、急増する外国人児童・生徒への日本語指導や、いじめ・不登校問題への対応強化が必要で、
大幅に教員数は減らせないとの立場だ。17年度の教職員定数についても、前年度より全国で
計40人減にとどめるように主張しており、少子化に応じた削減を求める財務省と対立しそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朴大統領窮地 韓国政治の病... | トップ | 11月6日日曜日 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事