タケシのブログ

日常のいろんな事を書いていきたいと思います。

日野原重明さん、葬儀に4千人…別れ惜しむ

2017-07-29 21:29:30 | Weblog
今月18日に105歳で亡くなった聖路加国際病院名誉院長、日野原重明さんの病院葬が29日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。
生前、交友のあった著名人や一般の参列者計約4000人が別れを惜しんだ。式が始まる前には、皇后さまが弔問された。
キリスト教式で行われ、日野原さん作詞作曲の「愛のうた」を、韓国のテノール歌手ベー・チェチョルさんが熱唱。
同病院の福井次矢院長は「教えやご配慮によって、医療の専門職業人として幸福な人生を歩んだ者は数え切れない」と、
目を潤ませた。終了後は、祭壇に白いカーネーションを献花する人の列が長く続いた。
参列した肢体不自由児療護施設「ねむの木学園」の理事長、宮城まり子さんは「先生は学園の理事長代行だった。私の死んだ時のことを
やってもらうはずなのに、先に死んだらダメじゃないと語りかけた」と話した。聖路加看護大(現聖路加国際大)
卒で女優の石井苗子さんは「かけがえのない恩師でした」と悔やんだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 枝野氏と前原氏、民進党代表... | トップ | 「森友学園」籠池夫妻を逮捕... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL