タケシのブログ

日常のいろんな事を書いていきたいと思います。

16回連続無投票の村長選、61年ぶり選挙戦へ 2016年10月18日 16時38分

2016-10-18 17:45:25 | Weblog
16回連続で無投票が続いている大分県姫島村の村長選(11月1日告示、同6日投開票)が、61年ぶりに選挙戦となる見通しとなった。
9選を目指して立候補を表明している現職の藤本昭夫氏(73)に加え、新人の村教育委員、藤本敏和氏(67)
が立候補する意向を固めたためだ。選挙戦になれば1955年以来となる。総務省は「半世紀以上も
首長選が実施されていなかったというケースは聞いたことがない」としている。
藤本昭夫氏は父・熊雄氏の急逝に伴い、84年に無投票で初当選して以降、8回連続で無投票当選している。
全国町村会(東京)によると、現職で8回連続無投票当選は北海道乙部おとべ町の寺島光一郎氏と並び全国最多タイ。
村では現職の辞職に伴う57年以降、藤本昭夫氏を含めた3人が計16回連続して無投票当選している。
新人の藤本敏和氏は同村出身で東京外国語大を卒業後、NHKでアナウンサーやディレクターを務めた。
2014年9月に村に戻り、15年9月から村教育委員。読売新聞の取材に「村には閉塞感がある。
自ら風穴を開け、しがらみのない村政を実現したい」と述べた。
同村の有権者数は9月2日現在、1958人。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月17日月曜日 | トップ | 広島の黒田投手、今季限りの... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL