岩井のやまのい

鉄道・福祉を主にノンジャンルの雑学情報ブログ。新聞投稿経験あり。南房総の将来を考える人。

千葉のまたも駅などの合理化

2017-07-06 19:28:26 | Weblog・新着
JR東日本千葉支社の合理化

先月末の時点の情報として。


八街駅と姉ヶ崎駅を9月1日から業務委託駅に格下げ
八街駅は佐倉駅が、姉ヶ崎駅は五井駅が管理対応になります。


来年4月1日をもって稲毛駅びゅうプラザ窓口廃止


本年9月末をもって、飯岡、安房小湊、上総湊、岩井、久留里の各駅でみどりの窓口廃止
今回の措置の関係で、窓口がある駅までの乗車票の発行をするとのこと
久留里駅については駅長配置駅としてはそのまま存続。


営業時間の短縮
10月1日より、
松尾・干潟・飯岡・松岸・八積・太東・安房小湊・上総湊・岩井・安食・下総松崎の各駅においては、

朝9時から17時30分まで

に駅の営業時間を縮小
安食駅については夜間無人化駅になります。


以上が、JR側が示された合理化の内容です。

民間企業のこととはいえ、これは限度をこえている。

ICカード利用者が増大している中、そういったお客さんへの配慮もないです。


内房線においては、

蘇我、五井、姉ヶ崎、木更津、君津、浜金谷、保田、館山、安房鴨川の各駅にみどりの窓口が。

富浦、南三原の各駅と久留里線の横田駅は指定券など以外の発売の窓口と券売機が。

那古船形、江見、太海、安房天津の各駅は指定券など以外の発売の窓口が。

これらが合理化以降の駅の業務体制です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駅頭 防災 県庁ほか | トップ | 天候・合理化ほか »
最近の画像もっと見る

Weblog・新着」カテゴリの最新記事