岩井のやまのい

鉄道・福祉を主にノンジャンルの雑学情報ブログ。新聞投稿経験あり。南房総の将来を考える人。

地元近くでの踏切事故

2017-04-22 00:40:41 | Weblog・新着


こんばんわ。
昨日21日20時すぎ、千葉県安房郡鋸南町のJR内房線の安房勝山から岩井の区間の市部瀬踏切で、上り列車と車との事故が発生。
けが人などの情報は確認できていませんが、乗客の方には影響ななかったようです。
この事故で3時間、君津から館山まで運転見合わせ。
代行バスがでましたが、運転を再開後、翌日の車両のやりくりの関係で、数本の下り列車が復旧後、通りました。
現場は、国道127号の勝岩トンネルの鋸南町側。踏切自体はトラクター・耕運機ぐらいしか通れない道幅。
無理をして車が、踏切に入ったようです。
過去にもこの踏切は事故があります。

写真は
1枚目は復旧作業の事故を受けた上り列車。運転席の正面の窓ガラスに被害。
2枚目は現場の市部瀬踏切。踏切にある柵が倒された状態がわかります。
3枚目は市部瀬踏切の隣の大五郎踏切。30年前に人身事故がありました。見通しが悪いです。


実は、近日中にある方に宿題を出す予定ですが、この踏切事故について、追加で書き加えることになりそうです。


あけて22日の内房線と地域を守る会へ、参加はできませんが、事務局に報告をだします。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族してどうかかわるか | トップ | 一昨日の踏切事故の続き »
最近の画像もっと見る

あわせて読む