アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行っています。
アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」     ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログ



おはようございます。アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。 

いよいよ桜が満開に近づいています。

日曜日にテレビで「上野公園が桜が満開です」と言っていましたが、私たちの実感では「ウソこけ!」でした。

今日(4月6日)か明日が満開でしょう。

家の近所のお寺の桜のご紹介です。

さて、この時期にふさわしい元気が出る話です。

私はこの話を第二次南極越冬隊長を務めた西堀栄三郎氏の講演で1982年に聞きました。

日露戦争が終わった頃、資源問題こそ日本の活路で、そのために南極探検隊を派遣しようと白瀬矗(しらせ のぶ)は周囲の人たちに訴え続けていました。
「白瀬矗 画像」の画像検索結果

ところが、誰も白瀬の主張には耳を貸しませんでした。

南極の場所を聞くと「南極よりも精神病院の方がふさわしい」という人すらいました。

当時の日本の技術力では、無謀な提案だったからです。

しかし、白瀬は熱に浮かされたように訴え続けました。

「大馬鹿」と言っていいほどでした。

そうこうするうちに、白瀬の熱意がある大物に伝わったのです。

<次回に続く>

<お目休めコーナー>4月の花(6

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ビジネス分野... 大馬鹿+大物... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。