アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行っています。
アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」     ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログ



おはようございます。アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(7月26日)は、午前中にお馴染の出版社の敏腕編集者がご来社。
永藤かおるさん(ヒューマン・ギルド研修部長、7月28日(金)21:00~22:00の Scoo にも出演)の本も含めて企画が進みました。

さて、ジョセフ・ペルグリーノ博士(モントリオール個人心理学研究所理事長、ヒューマン・ギルド最高顧問)が14:00にアメリカン航空の飛行機で成田空港に降り立ちます。
空港では、永藤かおるさんが出迎えに行きます。

今回が21度目の来日。
3タイプのワークショップを行います。

82歳の博士ですが、メールのやり取りからすると、一時期よりもお元気です。

ワークショップのテーマは、今まで開催したことがあるものですが、それぞれ大幅な改定を加え、内容がまるで一新していることからも、今回のワークショップに対する意気込みを感じます。

ペルグリーノ博士(82歳)は、この6月にお孫さんのフィリップ君(フロリダ在住、18歳)の高校卒業式にも参列、「フィリップの大学院博士課程の学位授与式にも出るつもりだ」とおっしゃっているところからすると、92歳での計画を立てているほどです。

私が3つのワークショップのファシリテーターに入って、通訳の埴原由美さん(20度目の通訳)と共にゴールデン・トライアングル(ペルグリーノ博士命名)で臨みます。


(通訳の埴原由美さんを挟んで)

3つのワークショップには、延べ120人近い方々がお申し込みです。

本当にありがたいことです。

それぞれのワークショップごとに今後の受け入れ可能状況もお伝えします。

夢解釈 7月29・30日(土日) 残席3名

援助者のためのグリーフケア 8月2・3日(水木) 満員御礼(キャンセル待ち)

アドラー派のカウンセリング/心理療法の技法 8月5・6日(土日) 残席3名
 早稲田奉仕園セミナーハウスで開催

ペルグリーノ博士の21度目の来日に合わせた歓迎パーティ 8月5日(土)残席10名
(英語を話せる人が10人以上います。彼らを通じてペルグリーノ博士とどしどしお話しください)  
早稲田大学26号館(大隈タワー)15階「森の風」で開催

<お目休めコーナー>7月の花(25)

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 愛と結婚の心... 7月下旬の身辺... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。