アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行っています。
アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」     ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログ



おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(10月17日)の13:30~17:00は、 JMA会員交流フォーラム で1時間半ほど講師を務めていました。

会場の 一般社団法人日本能率協会 の研修室からは、皇居や武道館が見えました。

ファシリテータは 春野 真徳さん (一般社団法人日本能率協会 専任講師、株式会社スプリングフィールド 代表取締役)です。

私は26人の受講者に対して

乗り越えなくてはいけない壁

のタイトルの「勇気」と「変革」をテーマにした講演を行いました。

この中で私はカール・マルクスの墓碑銘に刻まれた言葉を紹介しました。

カール・マルクス(Karl Heinrich Marx 、1818-1883年)墓碑銘

The philosophers have only interpreted the world in various ways, The point however is to change it.

和訳)哲学者たちは世界をたんにいろいろ解釈しただけにすぎない。しかしながら、大事なことは、それを変革することである。

前半の私の講演を受けて春野 真徳さん は、質疑応答やグループ意見交換などをファシリテートされました。

「イエス・バット」を伴うできない材料探し気味の質問に関しては、私はかなり率直な物言いをしたものだから春野さんは「今日の岩井先生は過激ですね」とコメントされていました。

この JMA会員交流フォーラム は、私自身がかなり勉強になりました。

<お目休めコーナー>10月の花(17)

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« Cool Head but... メンタルヘル... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。