アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行っています。
アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」     ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログ



おはようございます。アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(8月12日)は、午前中に『男と女のアドラー心理学』(青春出版社、1,400円+税、Amazonでは9月1日発売)の最終稿のチェックを終え、この本の最初の読者であるうちのカミさんと澁谷に映画「忍びの国」を観に行きました。
カミさんは5度目になります。
楽しむだけでなく、何だか現代社会のさまざまなことと通じるものがあって、いろいろ考えさせられるものがありました。

さて、『男と女のアドラー心理学』の最終稿は、うちのカミさんにも読んでもらいました。

女性の立場からより細やかな視点も入って、私の見逃していた側面をカバーしてくれ、ページ数に影響が出ないように編集者にお送りしました。

ちなみに、うちのカミさんはブログ「ままごと日記」『男と女のアドラー心理学』 として概要次のような感想を書いてくれています。

・ある女性の手記で始まり、ある男性の手記そして最後に手紙で終わるのですが、その手記と手紙には涙が出ました。

・ふんだんな事例とその解決策、5つの極意を読みながら結婚っていいな、自分を育てることができる何よりのものだと思いました。
結婚しない、不倫、そんな話題が多い今に勇気をもらえる本です!

Amazonでは9月1日発売として予約受付が始まったようです。
男と女のアドラー心理学 単行本(ソフトカバー)   2017/9/1発売
岩井 俊憲 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4413230523


ヒューマン・ギルドでは、8月17日(木)のメルマガでこの本の拡販キャンペーンを打ち出そうかと思っています。

<お目休めコーナー>8月の花(12)

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 長岡で 人生で... 10月に名古屋... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。