筑西市議会議員 仁平正巳

元気な筑西市を目指して☆ 市民の声を市政に!経験と実績!

明野庁舎

2017年03月21日 | Weblog
 何の一説だったか?「陽光うららかなる・・」お彼岸の中日の昨日は、久々に孫たちと娘で、墓参りに行ってきた。 父方の実家も母方の実家も同じ菩提寺なので、回るところも結構あります。
 孫たちもそれなりに大きくなったので、その親戚のルーツのようなことを教えながら、お線香をあげて回ったが、おそらくよく理解できてはいないだろう。

 今朝は打って変わって「春雨じゃ・・濡れて行こう」あるいは「一雨ごとの暖かさ」ですが、かねてより整備が行われていました「明野庁舎新築工事竣工式」が8時15分から開式された。

 旧明野町役場は、昭和43年に建設され、築後50年が経過し経年劣化や耐震の問題があり、27年度から同場所に整備を行ってまいりました。
 新庁舎は、ユニバーサルデザインに配慮し、防災機能を有した平屋建てと成っております。

 旧庁舎はいずれ取り壊し、駐車場となりますが、この庁舎にはたくさんの思い出があり、もう一度議場や町長室を覗いてみたいものです。

 話はガラッと変わりますが、昨日の都議会百条委員会の証人尋問の質疑者(都議会議員)の情けなさと言ったら話になりませんでした。 準備期間が十分にあったわりには、質疑の内容が全然的外れで、見ていて苛立ちさえ禁じえませんでした。 あの程度の人たちが、都議会議員なんですね~



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の便り | トップ | 大村小学校 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。