筑西市議会議員 仁平正巳

元気な筑西市を目指して☆ 市民の声を市政に!経験と実績!

人生について

2017年02月12日 | Weblog
今から54年前の秋、病床の母の名前を何度も呼びかける、切羽詰まったような父の声に、夕食中の姉と私は、箸を止めて 一瞬恐怖におののいた様な目を合わせてしまった。
 その夜、母は33歳の若さで愛する家族を残して、旅立って逝った。

 小4の私は、母の兄が、牛久に嫁いでいる母の姉に、電報を打つのに電文を父と確認し、郵便局に向かう姿を、何故か鮮明に今でも覚えている。
 いまだに「危篤」という言葉を聞くとその情景が、目に浮かぶ。

 確か運動会の時期で、その年の前年も祖父のお葬式にぶつかってしまった記憶がある。

 それからの私の人生は、波乱と不幸の連続で、今もその続きを生きている。  
想えば色んなことがあり、幸せの架け橋のような右肩上がりの20年、そして 放物線を描くように下降線の30年・・人生山あり谷あり、登り坂下り坂と言うが、真坂ばかり・・・ 妻の名を囁くように口ごもって病院のベットで見送ったのが、10年前でした。
 母の枕もとで母の名前を呼び続けていた父を(92歳)、今度は私が父の名前を呼びかける番になってしまった。

 夜中に嫌な夢を見て目をさまし、仕方なしに読書をしても頭に入らず、淋しさにまた嫌なことを考え、ラジオの深夜放送は、戸外の風の音とコラボする様なクラシックのメロディーが、私の心を押しつぶそうとしています。

 確かに楽しい幸せなことも有り、盆と正月が一緒に来たような時期もありましたが、一瞬の夢のようで、神様は何ゆえに私にこのような、繰り返す波のような試練を与えているのか・・・男である前に人間である。
 折れそうな心をこの先どうやって奮い立たせればいいのか、一人で酒の苦さをかみしめる 私は弱い人間です。


 「西風に揺れる給油の灯油缶 父の命か宵の明星」・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通告書 | トップ | 大安吉日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。