筑西市議会議員 仁平正巳

元気な筑西市を目指して☆ 市民の声を市政に!経験と実績!

極寒

2017年01月14日 | Weblog
 今夜は、恒例の「どんどん焼き」である。

 6時点火と聞いていたので、小学生の孫と二人で5時半ごろ家を出て、野良道を歩いて行った。
 孫と二人きりで話をする機会は、意外とないもので・・嬉しかった。

 今日は午後から、床屋へ行ってきたので、今季1番の寒気が来ているとのこと、兎に角頭が凍る様な思いでした。 だから ロシアでは50度もあるウヲッカを飲まなければ、極寒には耐えられないのかも知れない。 
 日本海側では、吹雪いていると言う・・ 実は18日から研修で新潟方面に出かけなければなりませんが、天候が気になります。

 いずれにしても、今年も燃え盛る炎に向かい、無病息災・五穀豊穣を念じながら、餅を焼いて来ました。 帰り道も、孫と話しながら・・







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

しらとり太鼓

2017年01月12日 | Weblog
 本日は、平成29年筑西市新年賀詞交歓会が開催された。
名簿的には、1,000名近く各界の方のご芳名が印刷されておりましたが、何時もの年より 出席者が少なく感じたのは、私だけでしょうか

 オープニングは、「しらとり太鼓」に始まり、世話人や来賓の挨拶で、約1時間以上かかり・・・やっと乾杯でしたが、車での方が多く アルコールを飲まれる方は、少ないように感じました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い加減

2017年01月09日 | Weblog
 成人の日の今日(大安)、昨夜からの冷たい雨の中、弟と娘の3人で 恒例の成田山(新勝寺)詣でをしてきました。
 天気のせいか、何時もの年より空いていたようですが、時間的にも早く着いたからかも知れません。
 護摩焚きの前に、お坊さんから講話がありますが、「護摩というのは、人それぞれの煩悩を燃やし、煩悩は捨てることは大変難しいが、炎に変えて生きるエネルギーにしているのだそうです。政治の世界で、中道を行くと言う言葉がありますが、右でも左でもない真ん中という意味ですが、最近では、いいかげん(良い加減)という言葉は、あまりいい印象は受けませんが、仏教の世界では、偏った見方で物事を見るのではなく、いろんな方向から大局的に見て物事を判断することを、良い加減と言い、真ん中だけが正しいのではなく、加(+)減(-)のバランスが大事で、大切なことだそうです。」・・よくまとまりませんが、良い話でした。
 帰り道は、雨もやみ・・清々しい気持ちで家路につきました。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホカロン

2017年01月08日 | Weblog
 曇天の寒い今朝、29年 消防団出初式があった。
今年は、来賓といえども式中 コート類の着用は控えて頂きたい旨の連絡があり、正直どなたも寒さの我慢比べのような表情が垣間見えた。
 配布されたホカロンを握りしめ・・団員の皆さんは立っているのに・・

 消防団の皆様におかれましては、職業を持ちながら、24時間・365日体制で市民の生命・財産を守るためご尽力されていることに対し、心より感謝と敬意を申し上げます。










コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

自由と責任

2017年01月07日 | Weblog
 午後から成人式に出席した。

 今年は、筑西市では1,115名 その内 明野地区では190名の方が目出度く成人を迎えられた。

 おめでとうございます。
 
 月並みですが、晴れて大人の仲間入りを果たし、自由の身になりましたが、責任も付いて回りますが、若いと言うことは本当に素晴らしいですね
 私にもこんな時代が確かにあったんですね~・・・遠い昔の様でもあり、ついこの間の事の様でもありますが、生意気でしたね・・もし戻ることが出来たなら、真面目にコツコツ生きたいと思います。  そんなことを考えながら 今年も若い皆さんと何回も記念写真に納まりました。








コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

時刻表

2017年01月03日 | Weblog
 何を勘違いしたか、バスの時刻表を何度も確認したはずが、娘と二人で間違って、1時間早くバス停に立った。 
 バス停の時刻表ですぐ間違いに気が付いたが・・・結局 例年のごとく娘の運転で「みどりの駅」まで行き、TXで秋葉・・そして、靖国神社へと向かいました。

 驚いたことに、毎年 最初の鳥居の所から出店と言いますか、沢山のお店がテントを張っているのに、今年は全くそれがなく、静寂な本来の靖国らしい雰囲気でした。
 人出はいつもと変わりはありませんが、兎に角静かだった。

 お参りの後、いつもの通り 築地まで出て寿司屋で昼食をとり、大手町の箱根駅伝復路のフィニッシュを見に行きました。  いやいや、寿司屋は外国人が半分近く入っていましたね~
 駅伝は、人の頭を見に行ったようなものですが、この雰囲気が何ともたまりません。
 よく歩きました

 明日からは通常の仕事のつもりですが・・「正月は冥土へ続く一里塚、嬉しくもあり悲しくもあり?」ですかね・・・








トップが来た!!!


ひと・ヒト・人




ガンバレ~!


勢いで買ってしまったTシャツ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海賊とよばれた男

2017年01月02日 | Weblog
 正月2日目の休み、「海賊とよばれた男」という映画を見てきた。
 題名だけは、本屋で何回も見ているので知っていたが、毎年映画館は空いていると思っていたが、今年は結構混んでいました。
 この映画、安倍総理も見たそうですね・・今年は正月から、泣かされました
 夕方早目に元気館へ行って、沢山の常連の皆さんと年頭のご挨拶ができた。

 明日は、靖国神社へ初詣に行き、箱根駅伝復路のゴールを見たいと考えています。

 自宅近くの農協バス停から広域連携バスに乗っていく予定です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017年01月01日 | Weblog
 新年明けましておめでとうございます。

 本年も 昨年同様 宜しくご指導ご鞭撻の程 お願い申し上げます。





 ひたすら飲んで食べて、ご~ろゴロ・・の元旦です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年の瀬

2016年12月31日 | Weblog
 今年もついに、大晦日を迎えてしまった。

 昨日のニュースで、除夜の鐘の音がうるさいので、自粛するお寺が増えてきたと言う。
日本人としてこれでは、盆も正月もなく 自由な社会ではあるが、今 世界的に注目を浴びている日本の文化や、料理や風習を、日本人そのものが排除しているのかも知れません。

 さて今年1年を振り返ってみますが、議員生活では、4回の定例議会は勿論 広域議会 3月に筑西幹線道路の開通式・7月には参院選と常総市長選・明野庁舎起工式 10月には初の議会報告会・11月に友好都市 高梁市訪問等
 その他 会派の研修・常任委員会研修・議会運営委員会研修や野球大会などがあり、毎月のように様々なイベントがあり、毎度のことながら忙しい一年でした。

 私生活では、相変わらずの不景気風が吹き荒れ、4月から5月に掛けて母が膝の手術で入院・6月と11月には、従姉と従兄がなくなり、12月には自分の足とも言える軽の車が廃車せざるを得なくなり、大変な年でした。
 本当に良いことなんかあったかな~・・・ 昔読んだ本をたくさん読み返せたこと・・それと、手のひらに出来ていた魚の目が、いつの間にか無くなっていたことぐらいかな~

 そんな年の瀬も押し詰まった昨日は、せめて清潔な寝具で・・と思い、シーツや枕カバー、布団カバーも全部洗濯しましたが、一人で取り換え作業をしていると・・何故か無性に寂しさがこみ上げてきます。   来年で女房が逝ってから10年か・・・

 来年こそは、良い年と成ることを願い、まだまだ大掃除は終わっていませんが、出来る範囲までと諦めています。
 読者の皆様には、今年一年 大変お世話になりました。皆様にとって来る年が輝かしい一年となりますよう心よりご祈念申し上げ、今年最後のご挨拶とさせて頂きます。
               
 ありがとうございました。 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

しめ縄

2016年12月23日 | Weblog
 今年最後の大安吉日の本日「新中核病院建設工事 起工式」が執り行われた。

 地権者や特別な関係者は、10時から現場にて神事を行い、11時半からは「ホテルニューつたや」において、関係者全員で式典が行われた。
 県知事や国会議員も来て結構な人数でしたが、施主は勿論「筑西市」ですが、設計者や建設施工者が来賓とは何だか・・違和感を覚えたのは私だけでしょうか

 いずれにしても、本当に市民に喜ばれ信頼され赤字を出さない病院が出来ればいいな~

 そんなお日柄も良き日に、しめ縄や鏡餅など正月を迎える準備をした。いつもは親父も一緒に買い物に行く訳ですが、かなり年老いてきて、転びでもしたら大変なので今年から私一人での買い物となりました。
 これからの一週間、考えただけでも やらなければならないことが多すぎて、ゾッとしています。

追伸 新潟糸魚川市の大火事・・困ったことに、1月に会派の研修で人口減少対策について訪問することになっているんですが・・どうしたらいいのか?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふーちゃん

2016年12月22日 | Weblog
 昨日、突然ふーちゃんが家に来た
 ふーちゃんとは、元水海道の市長の娘で、元常総市議で、私が最も尊敬する政治家です。

 彼女は、今年7月の常総市長選に出馬して散ってしまいましたが、スーパーウーマンだと思っていたが、やっぱり人間でした。
 選挙の後、かなり落ち込み 半鬱状態になったと言う・・私には痛いほどその状況、解ります。
私もかつてそうでしたから・・

 約40分、息も切らずにお互い政治や選挙の話をしましたが、「この人とは、あと何十時間も話をしなければならない」と思った。
 ふーちゃん曰く「何度も何度も選挙はやってきたが、この選挙だけは何故か気合が入らなかった」と言う・・最も大事な市長選挙なのに・・・「今だから言うが、出陣式の後 遊説をしながら 終わったな」と感じていたと言う
 私もまったく同じ思いをした経験がありました。

 「今更言うことではないが、政治家は平気でウソをついたり、人を裏切ることが出来るんですね・・私はただのバカな女です」と言い残して元気に帰って行きました。

 今、読んでいる 大内美予子著の「沖田総司」は大好きな本の一つですが、新選組という幕末の志士の中で、近藤勇や土方歳三 そして主役の天才剣士の生き様と、私やふーちゃんの生き様が重なり、時代に翻弄されているような感覚が後味として残り・・来年こそは良い年になることを心に誓って、後姿を見送りました。    
              人生一度きり・・元気出して
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

獺祭

2016年12月18日 | Weblog
 12月定例議会も16日に終了し、最期に議長より 本庁舎移転に伴い この議場での別離の挨拶があり、全員で礼の後、記念写真の撮影があったが、生憎カメラを持って来ていなかったことに自分に舌打ちを禁じ得なかった

 下館時代から実に48年の歳月が流れ、平成17年の合併時から約2年間、旧常陽銀行田町支店に移転したが、今でも威風堂々とした議場である。 私は好きでした。(出戻りしましたが・・

 夕方から恒例の執行部との懇親会があった(勿論自費です)。

 少し気も緩んだせいか、飲みすぎてしまい会派の連中と2次会にも参加し、昨日は年甲斐もなく二日酔いで辛かった。
 それでも暮れは休んでられず、夕方元気館に行けば、やっぱり帰ってからのビールはひとしおです。
 今日は今年最後の休みの日ですが、午前中だけ頑張って仕事をしました。
 そんな私に、神様の恵みか 懇意にしている方が「獺祭」を届けてくれた。
実は、つい先日同じ人から戴いて、しばらくホームバーに飾っていたが、ある大事な会合に持参し皆さんに大変喜ばれましたが、親父や娘にそして仏様にも一滴も与えることができず、少し心残りでした。
 中々手に入らない こんな最高の日本酒、正月にでも大事に 戴くことにしました。
 でもこれ飲んじゃうと、他の酒飲めないくらい美味しいんですよ。

 今夜も後援会の女性部と忘年会です。飲みすぎないようにしなければ・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

申し合わせ

2016年12月15日 | Weblog
 議会定例会も明日が最終日となり、本日は議会運営委員会が開催された。

 いくつか協議案件があり、最後のその他の件で 先日、本会議での私の議事進行発言について 
 S議員からクレームとも思われる発言があった。
 私も言おうとしていたので、望む処でした。

 しかし、他の委員の皆さんおとなしいですね~ 期数からすると最長老のS議員と、ディベートすることに・・私なんかワクワクしているのに、それとも「さわらぬ神にたたりなし」なのかな~
 
 出来ればもっともっと納得のいくまで議論したかったんですが、皆さん忙しそうなのでやめましたが、「やるぞと決めたら一本道」ですから、後々いろいろ問題が出てこなければいいんですが、 
 私は、損な人間ですね・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ファーストエイドナース

2016年12月13日 | Weblog
 昨日は、総務常任委員会が開催された。

 今議会の内、6議案が本委員会に負託されているが、これと言って特に議論の対象にはならない議案のようですが、議案第76号「筑西市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について」
 質疑をしました。
 
 実は、9日(金)の議案質疑の日、S議員の質疑の冒頭 「議事進行」発言を私がしました。
 
 それは、「議員のそれぞれ所属する常任委員会に負託された議案の質疑は、本会議では極力控え 各委員会で審議する」という申し合わせがあるのに、そのルールを越脱しているので、議長は制止すべきと発言しましたが、そのまま続行され・・

 私は、ルールに則り、委員会で以下のような質疑をしました。

 つまり「病院事業の設置等に関する条例」に診療科の15番目に「救急科」を加えるという議案なんですが・・

 平成30年10月開院予定の「新中核病院」の診療科の救急科ですが、通常の病院では聞きなれない診療科ですが 
 「常勤医師を配置する診療科目」となると、救急科の専門医が24時間365日体制で常駐するのか?
 「救急科」の定義とは?
 専門医と共に、救急看護師(ファーストエイドナース)が居なければ、救急科は成り立ちませんが・・ 

 私が言いたいのは、救急科とは 病気・ケガ・やけど・中毒などによる急病の患者を診療科に関係なく診療し、特に重症な場合には救命救急処置・集中治療を行うことを専門とし、病気やケガ等の種類・治療の経過に応じて適切な診療科に連携できる、いわゆる仕訳の知識と能力が必要である。
 ちなみに、救急科専門医とは、2年間の初期臨床研修を終了後、日本救急医学会の定めるカリキュラムに従い3年以上の専門研修を修め、資格試験に合格した医師で、私の調査では現在日本人の専門医は4302名で、茨城県には58名在籍していて、運良く「水谷医療監」もその一人であります。
 また、茨城県には「救急科専門医指定病院」は9病院しかありません。

 見出しの「ファースト・・」ですが、場所や状況を問わずに発生する様々な救急や急変時に専門的な救急処置が開始されるまでの間、看護職として適切な緊急・応急処置ができる看護職を言います。 (日本救急医学会調べ)
 つまり、それらの事をクリヤー出来ないなら、安易に「救急科」を掲げるべきではないと思います。

 執行部の答弁については、後述しますが 私には納得の行く答弁ではありませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陸連公認

2016年12月11日 | Weblog
 本日は、第12回ちくせいマラソン大会が開催された。

 確か 数年前から日本陸上競技連盟の公認が得られた 10㌔コースが最長となった。

 参加者名簿を見ますと、NO1~NO6116までありますが、年々参加者が増加傾向にあり、後援・協力団体はもとより関係機関・ボランティアの方々のご努力に感謝と敬意を表したいと思います。

今年も、ゲストランナーとして、谷口浩美さんと川崎真裕美さんが駆けつけてくれました。

 ただ、マラソン大会と言うのなら、少なくともハーフマラソンぐらいないと少しネーミングが違うかなと感じています。 本音は、マラソンより駅伝の方が私は好きですが・・・


下館一高チアガール


谷口浩美さん


川崎真裕美さん


ヨーイどん!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加