川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

岩崎宏美with国府弘子ピアノ・ソングス<エッセイ風>

2017-03-21 11:36:44 | エッセイ風
 インターネットのホームページを見ていたら、むかしNHK趣味悠々でジャズ音楽の講師をなさっていた国府弘子さんが、地元の市民文化会館で岩崎宏美さんと「岩崎宏美with国府弘子ピアノ・ソングス」タイトルで演奏に来られると案内を見つけので興味を持った。
 どんな風にアレンジするのか、わたしも娘が残していったピアノがあるので<ほろ酔い演奏をしている、>1か月前に予約席をとっておいたのです。
 ピアノ・ソングス当日、15:30開場、開演16:00 まだ時間があるので市民文化会館の回りを散策する。開場待ちのお客さんで賑わっている。
 16:00開演、暗闇の中からスポットライトは両人にあたる、ジャズの演奏・スカボローフェアではじまる。情感溢れる演奏ぶり、宏美さんの声量豊かな唄いぶり両者力量たっぷりである。
 つづいて宏美さんオリジナルの曲、Baby Love、ロマンス、シンデレラ・ハネムーン、万華鏡など唄う。、
 それにこの年寄りが若いころカラオケで唄った「時の過ぎ行くままに」を国府さんのピアノ伴奏入りで歌ってくれたのには感動した。
 中のころには、国府弘子作曲・岩崎宏美作詞の「大切な人」は温かく心に思い出として残った。
 両人とも世の中を知った中年の後半に入った世代になったでしょう。
 78翁、夕暮れ暗くなると車の運転がやりにくくなるので途中で帰宅した。 

 <いわどの山荘主人>
 <案内看板 14:53>


<開場待ちのお客さん 14:58>


 <場内看板 15:06>


 <開場の様子 15:34>


<市民文化センター内雪柳 14:53>
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春分・黄水仙・木っ端堆肥床 | トップ | 赤い日とモクレン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL