川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

孫の書初め<エッセイ風>

2017-01-03 15:26:56 | エッセイ風
 孫が新中学生になって早2学期が終わった、正月休みにやってきた。去年の5月連休いらいである。孫の成長は爺にとっては楽しみである。さすが中学生になると育ちざかり伸び盛りである。
 柱のキズは前回遊び<5月>に来て以来、1cmもの柱のキズを上に伸ばした。
 
 毎年の恒例になっている、孫の書初めを<書いてもらう>、去年は「爺喜寿」、ことしは一つ増して
「爺七八」と爺の願いで、孫に墨書してもらう、孫の書の筋がイイ、5年前からである、小学校4年が最初だったか、最初のスジが良かった、爺にとっては気に入ったものである。
 今年の出来はさらに上手、旨くしっかり書けている。
 爺が生きている間は爺の居間に飾っておきたい・・・・。
 <いわどの山荘主人>

<ことしの書初、爺七八>


<去年の書初、爺喜寿>

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元旦祭<エッセイ風> | トップ | 白鳥の飛翔<エッセイ風> »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初詣 (iina)
2017-01-03 17:55:20
「爺七八」を、書初めで贈られる喜びが伝わってきます。頬笑ましいエッセイでした。^^

>ことしの江の島から見る富士山は天気にも恵まれキレイのことでしょう。
今朝早くから、江の島に(発毛出)ではなく、 「初もうで」 に 行ってまいりました。お正月は、かなり混んでました。
江島神社の一番目の辺津宮では、下の階段から並んでいました。ここをカットして、次の中津宮に参りました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/d49dea80fd0d62d468a8e53a0ce4b6a2

コメントを投稿

エッセイ風」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL