川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

花の旅・足利フラワーパークの大藤編

2017-04-29 21:12:41 | 花だより
 バスツアー花の旅は、足利フラワーパーク大藤編です、昨日のひたち海浜公園「ネモフィラの丘」をご紹介しましたが、その日午後からの部です。撮影場所を足利フラワーパークに移します。
 <きのう紹介残した箇所を追加しておきます。>
 <今回の行程>東松山駅西口前を<発7:00>→熊谷組を<発7:40>を乗せて国営ひたち海浜公園「ネモフィラ」観賞に向かいます。羽生ICから東北自動車道に乗り→栃木都賀JCTで北関東自動車道に入る、国営ひたち海浜公園には11時に到着する。とにかく公園敷地は広い。散策時間<80分>
 追加場所は、チューリップ会場である、多くの花色多くの数での見心地があります。
 ①チュウーリップ会場、まだ雲がたれさがっている。<11:19>


 ②菜の花畑から見る晴れて青空になっている。<12:15>

 
 海浜公園をあとに買い物地、那珂湊市場に向かう、<着13:00>
 ③買い物風景<13:09>


 那珂湊<発13:40>→北関東自動車道を戻り、足利フラワーパーク到着<15:20>
 午前の一緒の仲間と行動を伴にする。


 ④藤の花が足利フラワーパークの売り物である。頃合いイイ・・・<15:39>


 ⑤藤のうしろボケ、<15:42>


 ⑥花の中のモデルさん、<15:45>




 ⑦みどりのトンネルのモデルさん、<15:59>


 ⑧花の中のモデルさん、<16:04>


 ⑨八重桜、<16:07>


 ⑩風に棚引く藤の花、<16:12>


 ⑪藤と空と・・、<15:34>






 ⑫一本の木からできた大藤、これから花穂が伸びる、まだ青空が覗ける、Fish-eye<15:49>








 ⑬近い藤と遠い藤、<15:54>


 ⑭藤の花のモデルさん、<15:54>




 *たまたま隣あわせの席になられた二人のお姐さんたち、わたしは写真撮影の花見なので1人の前方席オプションを取りました。ひたち海浜公園は広いので80分間の散策は心細かったのです。降車する際にご挨拶をしました。すると前に一度来たことがあるとの方と写真に興味があるとのことの方で話が合いました。
 でご一緒同行することに相成ったのであります。
 道中、ひたち海浜公園と足利フラワーパークと「花の縁」での仲間としてモデルとしてなってもらいました。ありがとうございます。
 後日、写真交換の約束をして帰路、下車ののち別れたいう次第です。
 いろいろお世話になりました。
 きょう本日<午後5:30>大気の状態が不安定で雷鳴が轟いておりました、きのうひたち海浜公園到着前の突然の雨と同じ、<結果小1時間遅れの原因となりました、>二日つづけて茨木と埼玉での件、何か関係があるのでしょうか・・・。

 <いわどの山荘主人>










ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花の旅・ひたち海浜公園「ネ... | トップ | 皐月5月風薫る、朔日参り<... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
足利フラワーパーク (tsukey)
2017-04-30 07:28:36
どちらもスケールが違いますよね。
藤の花は蕾が多かったのでしょうか・・・
見事な藤ですよね~
ライトアップも見応えがあります。
それにしても素敵な旅でしたね(^^)
 (yamasa)
2017-05-01 05:40:22
旅は良いですね。。。(^O^)
今の時期は、花がたくさん綺麗です。
足利の藤は、関東最大級ですから見ごたえがありますね。
咲き具合によって料金が変わりますが、大藤はまだ、これ
からという感じでしょうか。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL