川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

木っ端堆肥・野菜苗発育させる<野菜だより>

2017-03-07 16:51:11 | 野菜だより
 毎年、グリーン・リサイクル・センターより、発酵した熱度45℃から60℃位の熱量の堆肥を取り寄せている。
 4t車一台である。私の畑では堆肥としては丁度一年分間に合う。それが今の時期、野菜苗を作るのに一番適している。
 トマト、なす、キュウリなど野菜苗を育てるのに、1カ月くらいかかり、イイ塩梅のである。
 
 45℃から50℃位から少しづつ下がって行って4月の末には温度をいらなくなるからである
 電気も使わないで、発酵熱で自然に温度を上げ、太陽熱で自然に温度が下がる仕組みになっている。
 木っ端堆肥が熱量はあるのは分かっていたのですが、これが応用できるとは・・・、
 はじめて5年目になります。

 床を作り、ビニールで被い、あしたは腐葉土に種を蒔いてやり、上手に育てたい。
 トマト、なす、キュウリ、カボチャ、西瓜、春まきさやえんどうなど、意外に旨く行くものである。
 トマト苗など野菜苗が沢山できて、夏の食べきれないのである。

 <いわどの山荘主人>

 <配達された木っ端堆肥 45℃~60℃位  11:16> 




 <用意したトマト、なす、キュウリ、カボチャ、西瓜、春まきさやえんどう、 12:45>


<木っ端堆肥の山  11:16>


 <日本水仙 11:04>

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京 桜の標本木つぼみ膨らむ | トップ | 現代医学・内頸動脈閉塞症 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
堆肥 (tsukey)
2017-03-07 18:58:32
畑の土を肥やすには、やはり堆肥ですよね。これに牛糞か鶏糞を混ぜれば、なお
良いのですが・・・
種まきも準備万端ですね(^^)
仕事してたら、なかなか手伝いにも
行けずに残念です。
春はそこまで? (たけちゃん)
2017-03-08 21:30:26
 久しぶりに拝見してます。
2月に退院された「グログ」拝見して、当分休載かと思いましたが元気に農作業を始めたのですね。
 早い復帰ですね体力が回復に時間がかかるい思っていました。~どうぞ無理せずゆっくり養生してください。

 「初午祭り」へいってきました。月遅れの正月だった時代、翌月の最初の「午の日」は農作業の初めの日だったのです。馬も小屋から出され田畑を歩き始めます。~餌となる雑草も目を出す季節です。

 今日から忙しくなります。どうぞお身体を大切に~

コメントを投稿

野菜だより」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL