先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

「勝てば官軍」史観に異議! 東北では「戊辰戦争150年」

2017-07-01 | アイヌ民族関連
東京新聞 2017年6月30日
 政府は来年を「明治百五十年」と喧伝(けんでん)するが、明治政府により「賊軍」とされた側には「戊辰戦争百五十年」の節目にあたる。東北各地では苦難に満ちた歴史を振り返り、名誉回復を目指す動きが活発化している。蝦夷地(えぞち)から改名して来年で百五十年目の北海道が進める記念事業も、アイヌ民族との共生を前面に打ち出し、「開拓」などの官軍史観から距離を置く。歴史再考の動きから見えるものは-。 (池田悌一、佐藤大、中山洋子)
【こちらは記事の前文です】記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017063002000129.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道名付け親「まつうらさ... | トップ | 吉田松陰も読んだ江戸時代の禁書 »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事