先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

思いはせる 丸木舟で川下り-苫小牧アイヌ協会

2017-07-27 | アイヌ民族関連
苫小牧民報 2017/07/24

下流の到着地点を目指し丸木舟で出発する関係者
 苫小牧アイヌ協会(澤田一憲会長)は23日、苫小牧市柏原地区の勇払川で丸木舟を使った川下りを行った。
 川を交通路に丸木舟で物や人を運んだアイヌ民族の営みを体験する催し。21回目となった恒例行事で、千歳、恵庭のアイヌ協会関係者を含めて約40人が参加した。
 国道234号・沼ノ端橋の河川敷で安全を祈るカムイノミを行った後、3人ずつ乗った2そうの丸木舟が約3キロ下流のいすゞ橋の到着地点を目指した。
 民族衣装をまとって乗船した人たちは、さおを操りながらゆっくりと川下へ。祖先の暮らしに思いをはせた。
https://www.tomamin.co.jp/news/main/11787/
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新店も登場! 新しくなった北... | トップ | 来月5、6日「ポロトコタン... »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事