先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

公立校生、人種別の入学枠 USPが大学審議会で初承認

2017-07-11 | 先住民族関連
サンパウロ新聞2017年7月10日
 サンパウロ総合大学(USP)の大学審議会は4日、来年度から大学の学部課程で、公立学校の学生と、自己申告による黒色系および褐色系、そして先住民(PPI)の学生のための入学枠を設ける事を承認した。USPが入学システムで社会枠、人種枠を採用するのは初めてとなる。アジェンシア・ブラジルが4日付で報じた。
 USPによると、この入学枠設置は来年度から段階的に実施されるという。これにより2018年度入学では各学部の37%、19年は各学科と課程の40%、20年は45%、そして21年以降は50%の入学枠が設けられる事になる。
 公立校卒業生のために設けられる入学枠の割合の中には、PPIの自己申告を行う学生達の入学枠である37%も含まれる。ブラジル地理統計院(IBGE)によると、この割合は、サンパウロ州内におけるこれらのグループの割合に等しいとされる。この入学枠は、大学が行なうFuvestと統一選抜システム(Sisu)の2つの選抜試験を通して検討されるという。
 USPのマルコ・アントニオ・ザゴ学長は、大学審議会の決定を歴史的なものと評価している。同学長は、「社会的包含は、我々国民の統合の観点から重要な問題である」と述べている。
 USPが発表したデータによると、17年に公立学校から同大学の学部課程に入学した学生は4036人だった。この数値は前年の3763人から増加し、全体に占める割合も34・6%から36・9%に上昇しているという。
 大学審議会はまた、次回の入学試験で統一選抜システム(Sisu)に向ける枠を増やすことも承認した。18年の全体の入学枠1万1147のうち、8402人分がFuvestの選抜試験に合格する学生達に、2745人分がSisuに合格する学生達に向けられる。Sisu向けの枠は、17年度の入試から407人分増えているという。
 Sisuに向けた2745人分の入学枠は、3種類に分けられている。423人分は全ての学生達に、そして1312人分は公立学校で中等教育を修了した学生達、1010人分は黒色系、褐色系または先住民族と自己申告した公立校の学生達に配分されている。
http://saopauloshimbun.com/%E5%85%AC%E7%AB%8B%E6%A0%A1%E7%94%9F%E3%80%81%E4%BA%BA%E7%A8%AE%E5%88%A5%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%AD%A6%E6%9E%A0%E3%80%80%EF%BD%95%EF%BD%93%EF%BD%90%E3%81%8C%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%AF%A9%E8%AD%B0%E4%BC%9A/
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイヌの里、世界から誘客 阿... | トップ | ピックアップ 旅する平和学 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む