先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

青森に「アイヌ刻印」磁器片…北海道外で初出土

2017-07-27 | アイヌ民族関連
読売新聞 2017年07月27日 07時30分
 青森県南部町教育委員会は25日、戦国大名の三戸南部氏が居住していた聖寿寺館跡しょうじゅじだてあとから、アイヌの刻印「シロシ」が付けられた磁器片が出土したと発表した。
 町教委によると、シロシがある遺物が北海道外で見つかるのは初めて。本州で暮らしていたアイヌが三戸南部氏の中心拠点に居住していた可能性を示すもので、町教委では「謎に包まれた本州アイヌの研究にとって大きな布石になる」としている。
 発見された磁器片は15世紀後半~16世紀頃に中国で生産された染め付けの小皿で、長さ約10センチ。裏側の底面に、金属などで付けたとみられる長さ4~5センチの十字の刻印が入っていた。
 アイヌの人々は身の回りの器物に「家紋」や所有物を区別する目的で刻印「シロシ」を付ける習慣があったという。北海道上ノ国町では、周辺を支配していた蠣崎氏の勝山館跡から、シロシの付いた皿や茶わんが出土している。
 アイヌの歴史に詳しい関根達人・弘前大教授は「三戸南部氏が本州アイヌと共存を図り、味方に付けていたことを物語る発見だ。海産物などが豊かな北海道アイヌとの交易や通訳などの役目を負っていたのではないか」と分析している。
 発見された磁器片は28日から、南部町小向の史跡聖寿寺館跡案内所で公開される。問い合わせは同案内所(0179・23・4711)。
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170726-OYT1T50135.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アフリカンアートミュージ... | トップ | JR飯田線全線開通80年 浜... »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事