先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

皿の破片にアイヌの印/南部・聖寿寺館跡

2017-07-27 | アイヌ民族関連
東奥日報 2017/07/25

聖寿寺館跡から発掘された中世アイヌのシロシ付き染付皿破片。中央の×字がシロシ
 南部町教育委員会は25日、三戸南部氏の中心的城館跡の国史跡「聖寿寺館跡(しょうじゅじたてあと)」(同町小向舘)から、中世アイヌの「シロシ(印)」付き染付(そめつけ)皿の破片が、北海道以外で初めて出土したと発表した。同館跡ではこれまでにも本州に住むアイヌの骨角器などが出土、本州アイヌと南部氏の関係が指摘されていた。今回のシロシ発見で専門家は「本州アイヌが聖寿寺館に住んでいた可能性が高い」とみている。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170725027214.asp
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦国時代の城跡から出土の皿... | トップ | 教育こそ「希望」、アジア初... »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事