JAZZIN'

新たなジャズと出会うキッカケとなれば幸いです。

Walt Dickerson / To My Queen

2017-04-29 19:12:47 | その他

Walt Dickerson / To My Queen



このアルバムは、夜のひっそりとした裏通りの薫りがする。

そもそもヴィブラフォンという楽器そのものが夜の雰囲気を持つが、

ミルト・ジャクソンのそれは表通りの夜の喧噪を感じ、

ウォルト・ディッカーソンには静謐で冷え冷えとした人気の少ない裏通りの雰囲気を感じる。

しかし、白熱灯の街灯が遠くに灯っているため、嫌な気持ちになる通りでは無い。

その様な雰囲気に包まれたい夜や、哲学者のような真摯な雰囲気があるウォルト・ディッカーソンを聴きたいときに手にとるアルバムで、頻繁に聴くことは無いが愛聴している。

アンドリュー・ヒルのピアノもこのアルバムの雰囲気に合っており、他にも好い演奏が有るのではと思い探しているがまだ見つけることは出来無い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ジャズ批評を真似して 僕の... | トップ | 渋谷ジニアスの思い出 »

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL