『日本発進』

本当の意味での、事実上のカウントダウンがはじまった…と思っています。今日も明日も明後日も頑張ろう…

『こんな法案で委縮するという奴らは一生委縮してろ』実行して犯罪者になる前に委縮して断念してくれたほうがいいと思うのが普通では?というか、そもそも思うなよ…と。

2017-06-18 13:30:00 | 事実はいつも変わらない現実は印象操作で変わる
世界中のテロや組織犯罪は直接的でなくても、間接的には
僅かでも『日本の対策・対応の甘さ』が関係してると思っています。

例えば、資金源


『共謀罪』『テロ等準備罪』はその『日本の対策・対応の甘さ』を埋めるものです。
この法律→FATF でようやく、過激派・まんま共産主義の共産党員だとか
日本を侵略攻撃している東亜三国人の工作員等々。
『現時点で容疑者と認識できる明らかな容疑者達』『その全て』
もう容赦なく逃がさない、厳格に適用するだけで法の第一目的が達成されそうな気がするのですが。
その他、対象にされている犯罪を見れば対象となる人々がどんな人々か想像がつきます


明らかな組織的犯罪行為の処罰に効果を求めるものであることがあきらかであるのに
無関係な一般人の反対意識を呼び込むための印象操作は姑息で許せません

とはいうものの…
本当にこの法案に反対する真っ当な一般人って存在するのでしょうか?
そこが疑問です

TV新聞では一般人に不安を与える、言論の自由が奪われる、委縮する等…
犯罪者の代弁者のような方々ばかりの意見ばかりが取り上げられます

もちろん反対意見のなかにもまともな意見が沢山見られます。
一方的な反対ではなく、法案を理解したうえでの前向きな意見として。
なのに、そういう意見は大きく取り上げられず、おかしな反対意見・一方的な批判のみが国民の意思だという
利害関係の当事者のような行動を繰り返すメディアがおかしいのです。

性善説と性悪説というのがあります。
私の使い方認識が誤っているかもしれませんが
日本人の民度が素晴らしいから性善説に基づき配慮するべきというのは違うと思います。
今迄の日本の方はなんでもかんでも性善説で
法を意図的に犯す確信犯には対応しきれていません。
だからこそ、犯罪を防ぐときは性悪説で徹底的に厳しく取り決め
犯罪を見つけ裁く時にこそ本来の日本人らしい性善説で情状酌量し処罰すればいいと思うのです。

憲法9条のように無抵抗を美化するのはおかしいのですから
凶悪、悪質、残忍、姑息な確信犯にも対処できないような、不完全な法が今迄の日本を苦しめ
姑息な犯罪者が罪を逃れ、潤い、汚染される原因にもなってきたと思っています


そこでひとこと


『こんな法案で委縮するという奴らは一生委縮してろ』

そんな犯罪者は犯罪を実行する前に委縮して断念してくれと思うのが普通ではないでしょうか?

だから疑われるような思想を持つことをやめろ
思い切り委縮してくださいというのが私の本音です(笑)



弱者、被害者、人権という言葉の解釈が捻じ曲げられ、弱者・差別・人権という単語が日本や世界を苦しめています。
本当の意味でまともな人間、普通の人間、本当の意味での弱者・被害者が我慢し委縮する社会はおかしいのです。
『なぜ逮捕されない?、なぜ平然と社会復帰している?なぜ処罰が甘い?違法が合法化でもされてるの?
なぜ強制退去されない?、なぜ新聞TVの嘘捏造がまかり通る? なぜ?なぜ?なぜ?の異常な社会』


我慢し委縮しているだけ(黙ってみている)では駄目なのです
声をあげる方法があるのですから
一人一人が正当に認められた国民の権利を行使するだけです
相手(敵)がしているような違法なデモ(内政干渉)ではないのです
日本国民として堂々と行使できる請願権です

例えば選挙権もそのひとつです


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月17日(土)のつぶやき | トップ | もう少し…結局何も新しい事で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。