映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つと思ってる管理人のブログ

怪物はささやく

2017年06月11日 19時03分27秒 | 映画 か行
評価:★★☆【2.5点】



意味不明の映画に遭遇した感じ。



教会の墓地が見える家で母親と2人暮らしの13歳の少年コナー。
母親は不治の病のために余命わずかで、
しつけに厳しい祖母とはソリが合わず、おまけに学校でも孤立して、
毎夜悪夢にうなされる日々を送っていた。
そんなある日、不気味な大木の怪物が現われ、“お前に3つの物語を話す。
4つめはお前がお前の真実の物語を話せ”とコナーに告げる。
こうして怪物は毎夜コナーのもとにやって来ては、
不思議な物語を語り始めるのだったが…。
<allcinema>



怪物は木のヒューマノイドということで
『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』のグルートと同じ。
ただこちらは天然な行動することなく不必要に怖がらせてくる。
声優担当がリーアム・ニーソンということもあるが(笑)

で、余命僅かな母を持つ少年を逞しく成長させるために
怪物が現れたことで間違いないのだが、話が回りくどいせいで
テンポが悪く睡魔との戦いが当然のように襲ってきてしまうのだ。

怪物が少年に語る3つの話もいまいち理解しにくいし
とどめは少年が語らなければならない4つ目の話。
まったく意味不明で、結局、怪物にしろ少年にしろ何が言いたかったのか
オツムが弱り始めているワタシにとってこれは難題であった。



【今週のツッコミ】
・若き母親に『ローグワン』のフェリシティ・ジョーンズ。
 病に侵され徐々に弱っていく姿は見てて辛いが結構色っぽい(←おい)

・フォトフレームにリーアム・ニーソンが写ってましたが
 彼は少年の父なのか祖父なのか気になるところ。

・これだけ難解な映画ならいっその事コメディにすればいい。
 怪物も普通に天然グルートでいいじゃないか(笑)
-------------------------------------------------------------------
監督:J・A・バヨナ
脚本:パトリック・ネス
音楽:フェルナンド・ベラスケス
出演:ルイス・マクドゥーガル/シガーニー・ウィーヴァー/フェリシティ・ジョーンズ

『怪物はささやく』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼顔 | トップ | おとなの恋の測り方 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祖父 (まっつぁんこ)
2017-06-11 20:13:24
リーアム・ニーソンは祖父でしょう。
父は出演してました(^^♪
睡魔との戦いに敗退しましたね(笑)
まっつぁんこさんへ (ituka)
2017-06-11 20:46:04
あ~!そこ見落としました(←ぜんぜんダメじゃん)
そういえば、クリスマスになったら家に遊びにおいでと誘っていたのが父でしたね^^;
もはや、ほとんど集中力なくなってます。
こんにちは (ここなつ)
2017-07-03 12:59:08
こんにちは。「怪物がグル―ト」は、実は深~い考察かと。ベビーグル―トになって、輪廻転生…を意味していらっしゃいますよね!?(笑)

私はこの作品は色々と思いを馳せる部分がありました。ただ、確かに集中力が切れると辛い作品ではあると思います。
ここなつさんへ (ituka)
2017-07-03 21:27:45
ベビーグルートの可愛さは『スタウォ』のBB-8と同格と思っているワタシです。
なのでいっそのことグルートで良かったかと(笑)
ここなつさんは心に響く作品だったのですね。
ワタシは、この少年のような気持になったことがないので
そこですでにアウトでした^^;

コメントを投稿

映画 か行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
怪物はささやく (あーうぃ だにぇっと)
怪物はささやく@よみうりホール
『怪物はささやく』 2017年4月19日 イイノホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『怪物はささやく』 を試写会で鑑賞しました。 【ストーリー】  母親が重病に侵されている13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩悪夢にうなされていた。ある夜、......
怪物はささやく/A MONSTER CALLS (我想一個人映画美的女人blog)
「わたしが三つの物語を語り終えたら、、、、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。 おまえが第四の物語をわたしに話す。お前は真実を語るのだ。」 47歳でこの世を......
怪物はささやく (映画的・絵画的・音楽的)
 『怪物はささやく』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだなと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、教会の鐘の音がした後、教会が壊れて......
「怪物はささやく」 (ここなつ映画レビュー)
分類するとこの作品は「ダークファンタジー」となるようなのである。確かに「幻想」という意味で捉えればこれは「ファンタジー」なのであろう。しかし、「ファンタジー」をただの......
怪物はささやく★★★★ (パピとママ映画のblog)
パトリック・ネスによる小説を、『インポッシブル』などのJ・A・バヨナ監督が映画化したダークファンタジー。病に侵された母親と暮らす孤独な少年と、彼に「真実を語れ」と迫る怪......
怪物はささやく (ネタバレ映画館)
大人になったベビー・グルート