映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

戦火の馬

2012年03月04日 20時01分12秒 | 映画 さ行
評価:★★★★【4点】


雰囲気的には1950~60年代のレトロっぽさのある作品。

映画の背景も関係してるんでしょうが
風景の構図やら、松ケン似の主人公のルックスやら
いや、松ケンというよりテレビドラマ「ライフルマン』の
チャック・コナーズ系の顔立ちからしてそう思える。

そして、トドメは作品自体の、ぬり絵のようなカラー表示。
そのぺタッとした色の付け方が妙に古臭さを感じさせたのです。



第一次大戦前夜のイギリス。
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。
その仔馬は貧しい農夫テッドによって競り落とされ、
少年アルバートの家にやってくる。
そしてジョーイと名付けられた仔馬は、
アルバートの愛情を一身に受けて、
賢く気高い名馬へと成長していく。

しかし戦争が始まると、アルバートが知らないうちに
イギリス軍へ売られてしまうジョーイ。
やがて、ニコルズ大尉の馬として
フランスの前線へと送られたジョーイは、
ついにドイツ軍との決戦の時を迎えたのだったが…。
<allcinema>



とにかく、馬のジョーイの演技が素晴らしく
それぞれのシーンで観る者の期待に応えてくれるのがいい。
よくもまあ、あんなに細かい演技ができるモノですね。

調教したスタッフの苦労も計り知れません。

戦火の馬として、行く先々でひとの手を渡り歩き
その誰もが名馬として手厚く接するところが
なかなかいいんですよね~。

ジョーイの背中にまたがると、それは別れが近くなる。
これは人手に渡るたびに、ひとつの法則のように
それは確実に起こっていたことが興味深かった。


おまけ)
・もうひとつ説明不足な部分があった気がするんですけど。。。
 ニコルズ大尉が前線に向かう時、ふと振り返ったときに
 蔵のなにを見てどう思っていたのか。
 アレはしっかりピントを合わせてワンカットでも映すべきでしたね。

・有刺鉄線に絡まったジョーイを敵味方双方の塹壕から兵士が出てきて
 ジョーイを助けるところは、本作で唯一の笑える名シーンだった。
 敵同士なのに世間話はじめちゃって
 コインでジョーイの引き取り決めるシーンは、なんてお茶目なんでしょう。

・また、その前に塹壕でだれもフクロウの泣き真似せずにホッとしました。
 っていうか、ほんとうにフクロウの泣き真似で馬を呼ぶことが
 先住民のインディアンの時代から続いていたのかが怪しいとか。

・家にはお金がないと言っていた爺ちゃんと少女の家庭が
 いつのまにか1000ポンドもポンと出せるまでに急成長した秘密とは?

・エミリー・ワトソンのことを美人妻という小作料取立人の
 その感性にチョット疑問符が^^;

・ひときわでかい黒馬とジョーイの友情はいいね!
 連れを気遣う気持ち自体が人間並みだった。
----------------------------------------------------------
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:リー・ホール/リチャード・カーティス
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演:ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/
    ピーター・ミュラン/


『戦火の馬』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒューゴの不思議な発明 (... | トップ | シャーロック・ホームズ シ... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
馬は良いよね~。 (オリーブリー)
2012-03-05 13:51:51
エミリー・ワトソンって、急激に老け込みましたよね(苦笑)
「レッド・ドラゴン」、盲目女子のエロさが忘れられません(笑)

ベタながら泣かされる古典的な作品に安堵(笑)
高年齢層での観賞で、館内、すすり泣き状態でした(笑)

「シェイム」
どうせヤバイとこはモザイクだらけなんでしょうね…。
クルーニー兄貴に「ゴルフクラブ並み」と言わせた持ち物は拝見できないのでしょうか…(大爆)
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-03-05 19:56:20
こんばんは。

『レッドドラゴン』のエミリー・ワトソン思い出せませんです^^;
あの額がキュートなのかなと想像してます。

本作、なんのヒネリもなく、まっすぐストレート勝負でしたね(笑)
こちらの映画館もラスト辺りから館内のあちこちからすすり泣き多かったです。
ワタシも、じんわり涙が。でも、流れるまではなかったな^^;

マイケル・ファスベンダーのアレってゴルフクラブ並みなんですね!
って、細長くて先端がクイックに曲がっているのでしょうか(爆)
クルーニーの言い回しって外人独特なんですよね。
日本人なら馬並みって言われた方が分かりやすい(爆)
モザイクも目を細めれば大凡は見えるかもよ(←おい)^^
ジョーイ (ぺろんぱ)
2012-03-07 21:38:31
こんばんは。

次々に更新される貴レヴュー、勢いを感じます。(*^_^*)
さて本作、予告編だけで泣きそうになりました。
動物モノはどうしても涙腺が弱くなります。
ジョーイ君の孤高なる姿、美しさ、絵になりますね。

週末、『ものすごく・・・』で後追いさせて頂くつもりでしたが鑑賞予定作が変わりそうです。なので貴レヴューも先程解禁(*^_^*)、いつか鑑賞させて頂く時に備えます~。
こんばんは~☆ (kira)
2012-03-07 22:30:25
はい
itukaさんのおまけの突っこみ、1から10まで(そんなにナイか
全く私も同様に思いましたよー♪
特に
>エミリー・ワトソン、観ながら突っこんでしまいました。スマンッです~(笑)

ジョーイと黒馬が寄り添う度に"馬が合うのねぇ~"と繰り返し(笑)
ジョーイが痛そうにする度に、な~んてウマいのの~~ぉでした!

予定調和は否めませんが、やはりこうあって欲しいラストで良かったです♪
ぺろんぱさんへ (ituka)
2012-03-08 23:20:25
こんばんは。

1日に3件もアップしたり、2週間もなにもなかったり、このバラツキがワタシの適当なところです^^

そうなんですよ、予告編だけで良作なんだろうな~って思わせますよね。
スピルバーグだけに、細かい演出も期待して行ったり
そして、その期待どうりでそこそこ満足しています^^

お!「鍵穴を探す少年」の予定が変わったのですね。
変更された作品は、もしかして『シェイム』でしょうか~(←おい)^^
kiraさんへ (ituka)
2012-03-08 23:33:13
こんばんは。

おまけの箇条書きに同意してくれて安心しましたよ(笑)
あそこでの、その台詞を言い終わる前に「はあ?」ってなりましたもの^^;

黒馬トップソーンはひときわでかかったですよね。
まさにサラブレッド!
ジョーイも彼(黒馬くん)から見たら自分の弟みたいに見えたのでしょう。
馬同士のさりげない労り合いも泣かせますよね。
じんわりと目が潤んで「いい映画を観たな~」って満足しました(笑)
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-03-16 00:47:58
動物が大好きなので、ジョーイにどっぷり感情移入しながら観ていました(T^T)
予定調和でも、映画には夢を求めたいので
こういう作品好きです^^
ラストも感動しました(T.T)

オマケ部分ですが・・・

エミリーワトソン、美人って(^^;
私も思いました(笑)でも、あの時代で、あの辺の地域では、美人だったのかも?

前半、フクロウの泣き声で馬を呼ぶなんて聞いたことないって思いましたが、最後に生きてくるんですね。でも、itukaさんが言うように、あの塹壕で誰もフクロウしなくて良かったです(笑)

>いつのまにか1000ポンドもポンと出せるまでに急成長した秘密とは?

あのおじいちゃん、馬の鞍とかも縁の下(って言うのかな(^_^;))に隠していましたから
隠し財産も持っていたのかも?(笑)
ひろちゃんへ (ituka)
2012-03-17 00:25:51
こんばんは。

最初ワタシは、馬になんか感情移入できるんだろうかと、若干の不安があったんです。
でも、観ていくうちに徐々にジョーイのペースにハマってしまいました(笑)
確かに予定調和な作品でしたが、スピルバーグはこういうの撮らせたら巧くまとめますよね。

美人妻エミリー・ワトソンに???ですよね!(爆)
そうか~、あの時代のあの集落(←こら)では高根の花だったのね。
もしかしたら、小作料取立屋は体で返せという深読みもできますよね^^;

塹壕でフクロウのまねしてもジョーイは動けなかったですもんね。
逆に、もがいて更に深傷になってたらと思うと、アレで本当によかったです。

あの爺やはそんなことしてたんですか!
まるで、『七人の侍』の百姓みたいですよね(笑)
☆ニッパーは1本だけ投げてくれたらイイってば!☆ (TiM3)
2012-03-28 23:14:32
観て来ました~

何にも期待してなかっただけ、素晴らしい作品に思えました。

風車兄弟が悲し過ぎました・・

密林に突撃するニコルズ大尉の舞台のシーンは
『ラストサムライ』前半の惨敗シーン(トムクルが捕虜になる展開)を連想してしまいました(×_×)
☆あらら・・☆ (TIM3)
2012-03-29 00:01:30
誤:密林に突撃するニコルズ大尉の「舞台」のシーン

正:密林に突撃するニコルズ大尉の「部隊」のシーン

ですです~(×_×)
TIM3さんへ (ituka)
2012-03-29 23:22:05
こんばんは。

そもそも、なんであんなにニッパーを持っていたのか。
兵士ひとりひとり、持ち物のなかでニッパーは必需品なんでしょうかね~(苦笑)

やっぱり、映画は期待しないで観ないといけませんね。
そうすれば、並みの映画でもココロを揺さぶられる可能性が大きいですもんね(笑)

風車兄妹(笑)
確かに!羽根の太さと回転速度からみてあの展開は予想どうりでしたよ。

死を覚悟したニコルズ大尉が蔵の剣を見てた理由がイマイチ分からなかったですよ。
“部隊”←了解です~^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
戦火の馬/War Horse (LOVE Cinemas 調布)
マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出演となるジェレミー・アーヴァインが演じている。共演に...
戦場を駆ける馬。スティーブン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(War Horse) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説(1982年出版・なんと馬目線の一人称)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化『戦火の馬』(舞台版は2011年第65回トニー
『戦火の馬』 (こねたみっくす)
奇跡の馬ジョーイの数奇な運命。戦争映画大好きスティーブン・スピルバーグの第一次世界大戦を描きたかっただけという本音。 一頭の馬を狂言回しに表面上は様々な人間としての誇 ...
映画『戦火の馬』 観てきてボロボロに泣いた~っ (よくばりアンテナ)
特に観たいわけじゃなかったんだけど、いや、時間もあったから。 そしたらもう泣けて泣けて。 めっちゃ感情移入してしまうんですよ・・・・馬に イギリスのある農家で暮らす少年アルバートのもと...
戦火の馬 (悠雅的生活)
梟の鳴き声。幸運のお守り。ノーマンズランドの奇跡。
戦火の馬 (あーうぃ だにぇっと)
戦火の馬@丸の内ピカデリー
『戦火の馬』 2012年2月28日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『戦火の馬』 を試写会で鑑賞しました。 何とか格安で観ることができました! 実は、24日分が当たってたんですが、『ヒューゴの不思議な発明』を観に行ったんですよね 【ストーリー】  農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の愛馬であるジョーイが軍...
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WAR HORSE】 2012/03/02公開 アメリカ 146分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・....
「戦火の馬」みた。 (たいむのひとりごと)
最近は原点回帰気味な印象のあるスピルバーク作品だけど、戦争映画も十八番なわけで、「きっとそう来るだろう」と分かっていても、思わず涙をこぼしてしまう王道の戦争映画になっていた思う。ものすごく強運ながら、
戦火の馬 (だらだら無気力ブログ!)
146分はちょっと長かった。
戦火の馬 (心のままに映画の風景)
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられた仔...
劇場鑑賞「戦火の馬」 (日々“是”精進! ver.A)
“繋がり”があれば、きっと会える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203020004/ 戦火の馬 オリジナル・サウンドトラック サントラ SMJ 2012-02-22 売り上げランキング : 74358 Amazonで...
戦火の馬 (Akira's VOICE)
千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!  
「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英国の素朴で美しい田園風景そのものだ。
映画「戦火の馬」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「戦火の馬」観に行ってきました。イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜...
所詮は人間のエゴ。『戦火の馬』 (水曜日のシネマ日記)
第1次世界大戦下を舞台に少年アルバートとその愛馬ジョーイの絆を描いた作品です。
戦火の馬 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】悲惨な状況下に置かれたお馬さんがモト
戦火の馬             評価★★★★★100点 (パピとママ映画のblog)
マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説を、「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化。第一次世界大戦を舞台に、1頭の美しい馬と人間たちの出会いと別れを描く感動の戦争ドラマ。出演は、新星ジェレミー・アーヴァイン、....
戦火の馬/ジェレミー・アーヴァイン (カノンな日々)
1982年に発表されたイギリスの作家マイケル・モーパーゴの児童文学をスティーヴン・スピルバーグが映画化した第1次世界大戦下を背景にした馬と人間たちの絆を描いた物語です。短い ...
戦火の馬 (to Heart)
原題 WAR HORSE 製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 マイケル・モーパーゴ 脚本 リー・ホール /リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・スピルバーグ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/ピ....
戦火の馬 (to Heart)
原題 WAR HORSE 製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 マイケル・モーパーゴ 脚本 リー・ホール /リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・スピルバーグ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/ピ....
[映画『戦火の馬』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。  ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^...
戦火の馬 (食はすべての源なり。)
戦火の馬 ★★★☆☆(★3つ) 人々を魅了した馬のお話。 見どころは壮大な景色と、ダイナミックなオーケストラ音楽。 話は・・・。 やっぱり、動物ものって苦手ですわ、私。 それだけでお涙ちょうだいじゃん。 人がばかばか死んでいく中で、こんなことありえるか...
戦火の馬 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★☆“終盤の指笛は鳥肌モノです!”マイケル・モーパーゴが1982年に発表した同名小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品です。 テッドは足が悪く、常に酒瓶を離せないでいます。そんな父のことを母のローズはアルバートに“彼はアフリカでの戦争...
スティーブン・スピルバーグ監督 「戦火の馬」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
戦争物と動物物の映画は正直あまり好きではありません。 凄惨な運命を辿り、お涙頂戴って魂胆だろうと思うわけで 最初は観る予定ではありませんでした( ̄^ ̄)b でもね、今日(3月13日)の公休、他に観たいと思えるのがやってない! まぁいいか? スピルバーグ...
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゜...゜;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
★戦火の馬(2011)★ (Cinema Collection 2)
WAR HORSE スピールバーグ監督が、今、この時代にこそ贈る‘‘希望’’の物語。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/02 ジャンル ドラマ/戦争 映倫 G 【解説】 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が第一次...
馬が繋ぐもの (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...
戦火の馬 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:War Horse監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン・・・スピルバーグの映画には、ジョン・ウイリアムズの音楽ありき!
戦火の馬 (映画的・絵画的・音楽的)
 『戦火の馬』を吉祥寺オデヲン座で見ました。 (1)この映画は、“おすぎ”が、『週刊文春』の映画欄で、『ヒューゴの不思議な発明』を酷評するのとは反対に、下記(3)で触れるようにすごく高く評価していたところ、実際には『ヒューゴの不思議な発明』が素晴らしい出来栄...
映画「戦火の馬」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『戦火の馬』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 第一次世界大戦中の英国。農家の少...
ただ、前だけを見て~『戦火の馬』 (真紅のthinkingdays)
 WAR HORSE  20世紀初頭、英国・デヴォン州。少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン) は、生まれたばかりの一頭のサラブレットに心を奪われる。父(ピーター・ミュ ラン)が競り...
戦火の馬 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
戦火の馬 '11:米 ◆原題:WAR HORSE ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ ◆出演: ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デイヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストラップ、トム・ヒドルストン ◆STORY◆第一次大戦前夜のイギリス...
映画『戦火の馬』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-25.戦火の馬■原題:War Horse■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:147分■字幕:戸田奈津子■観賞日:3月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ◆エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)◆デヴィッド・シュー...
戦火の馬 (いやいやえん)
動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな~どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点々とする。持ち主の小作人の息子アルバートもやがて徴兵され、...