映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ダイアナ

2013年10月28日 20時49分22秒 | 映画 た行
評価:★★★★【4点】



映画を見る限りダイアナは結構大胆な性格だった。

“やっと会える。本当のあなたに――。”




1995年。
ダイアナは、チャールズ皇太子との結婚生活が破綻し別居中。
2人の王子とも離れて暮らす孤独な日々を送っていた。
そんなある日、心臓外科医のハスナット・カーンと出会い、
その気さくな人柄に心惹かれていくダイアナだったが…。
<allcinema>



世界で最も愛された王妃とされているが
それは見た目の美貌はもちろんだが、社交性に於いても
そう言われ続けたのだろう。

さて映画ですが、
内容はほとんどチャールズ皇太子との別居後の数年間だけ。
心臓外科医のハスナット・カーンとの純愛が描かれ
彼女がパリのハイウェイで謎の事故死とされている
我々が最も興味深い部分には一切触れてません。
そこはただの事故的扱いのみで終わらせているところが
この映画がメロドラマといわれる所以なのかも。

作品自体の重厚さはカメラワークや音楽などで
なかなかの良作だったと思います。
翼が折れかかっている自分を受け止めてくれる王子様に
彼女は一目惚れしてしまったのでした。

そして、結構願望へと突き進み、それが叶わないと知ったとき
彼女は意外にも大胆な行動に出るのであった。。。

クルーザーでの有名なパパラッチ写真はダイアナ自ら撮らせるよう
仕向けたようだけど、あの富豪は単なるアテ馬だったのか。
もし本当なら、彼女と結婚してもハスナット・カーン氏は
事あるごとに政治力を多用され決して幸せになれないと思うよ。


【今週のツッコミ】
・これ本当にそうなの?
 映画自体、本国(英国)でかなりの不評だったようだし
 映画評論家のなかでも支持率が低すぎというからね^^;

・公式ではただの運転手の飲酒が原因と発表されてましたが
 ほんとうにそうだったのか!
 アメリカ第35代大統領ジョン・F・ケネディの暗殺以来の
 謎多き事件と勝手に思っているのですがどうなんでしょう。

・別居後のダイアナの住居はケンジントン宮殿であった。
 そこは、玄関開けたら2分で伴奏!(どこかのCMであったな~)
 あっちはご飯か^^;

・背中にカニを入れないでください。

・恋人の留守中に部屋の掃除をしたという証しが斬新だったが
 これって嘗てのマリリン・モンローがやっていなかったか?
 

・ダイアナの愛車の後部シートに隠れて門を通過したカーン氏。
 本人らは門警護を上手く騙したつもりでも
 警護兵は車のチョッとした車高の低さも見逃さなかった。
 人間ひとり分沈む量まで分かるって流石だわ!(笑)
--------------------------------------------------
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本:スティーヴン・ジェフリーズ
撮影:ライナー・クラウスマン
音楽:デヴィッド・ホームズ

出演:ナオミ・ワッツ/ナヴィーン・アンドリュース/ダグラス・ホッジ/
    ジェラルディン・ジェームズ


『ダイアナ』

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グランド・イリュージョン | トップ | 2ガンズ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ビックリ! (オリーブリー)
2013-10-28 23:08:27
★の数に驚きました!
「トランス」より多いじゃないですか(爆)

これ、男性と女性で感想が分かれてるのかなー。
ナオミの「インポッシブル」がすごく良かったのに、こんななら観なきゃ良かったとか思っちゃった(汗)
オリーブりーさんへ (ituka)
2013-10-28 23:34:03
こんばんは。
いや~!この映画、内容はともかく撮影監督の腕がいいのか
かなり絵的に惹かれました(笑)

冒頭のシーンは常にダイアナの背後からカメラは追い
終盤では同じ映像を正面から撮る。

ダイアナのピアノ独奏する姿をゆっくり横移動するカメラは
彼女の心情を表すのにドンピシャな感じでしたからね(笑)
撮影監督をおもわず調べちゃいましたよ。
でも、過去作にこれといった作品がないのにびっくり(爆)

『インポッシブル』のナオミは最高でしたもんね!
その辺りはわかる気がしますよ~(笑)
どんな状況? (ぺろんぱ)
2013-10-29 20:41:00
itukaさんもご覧になられたのですね。
先日はTiM3さんのブログにコメ入れさせて頂いたところでした。

>・背中にカニを入れないでください

そして今、これが一番気になってます。^_^;

ぺろんぱさんへ (ituka)
2013-10-30 23:25:03
こんばんは。
今週、、、いや先週末の目玉作品がちょいと微妙な感じでしたので
スルーと決めていた本作を急遽鑑賞することにしました(笑)

この映画、主役のふたりの肩書きを取ってしまえば、ほんと、普通のカップルなんですよ。
なのでふたりで居られれば何やってても楽しい時期なんでしょうね。
海辺で戯れる大人のカップル^^

ぺろんぱさんもいちどは悪戯したことあると思いますよ~^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ダイアナ/ナオミ・ワッツ (カノンな日々)
1997年の突然の交通事故死で世界中を哀しみで覆いこんでしまった元イギリス皇太子妃ダイアナの姿、その知られざる一面に迫るヒューマン・ドラマです。『ヒトラー 最期の12日間』のオ ...
ダイアナ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ダイアナさんの離婚間際の時期から亡くなっ
『ダイアナ』 2013年10月26日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダイアナ』 を観賞しました。 公開2週目の週末というのに上映も夕方以降になり客入りも2~3割という状況でした。 大盛況だったのは、まどかマギカでいかにもヲタクな人たちであふれていた 【ストーリー】  1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太...
『ダイアナ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダイアナ」 □監督 オリバー・ヒルシュビーゲル□脚本 スティーブン・ジェフリーズ□キャスト ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、       ジェラルディン・ジェームズ、チャールズ・エドワーズ、キ...
ダイアナ / Diana (勝手に映画評)
1997年8月31日、パリでパパラッチに追い回された末の事故で亡くなった、元イギリス皇太子妃ダイアナの、離婚の少し前から亡くなるまでの約二年間のダイアナを描いた作品。 ダイアナを演じたのは、ナオミ・ワッツ。世界中に顔を知られた人物ですので、演じるのはかなりハ....
ダイアナ (心のままに映画の風景)
1995年。 チャールズ皇太子と別居中のダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、優秀な心臓外科医ハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い、その気さくな人柄に心惹かれていくが…。 36歳の若さでこの世を去ったダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポット...
劇場鑑賞「ダイアナ」 (日々“是”精進! ver.F)
元英国皇太子妃の“真実”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310190001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送...
ダイアナ (試写会) (風に吹かれて)
愛を求めたけれど公式サイト http://diana.gaga.ne.jp10月18日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー ~最期の12日間~」 「インベージョンン」1995年、ダ
ダイアナ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DIANA】 2013/10/18公開 イギリス 113分監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェームズ、キャス・アンヴァー [Story]1995年、ダイアナが夫のチャールズ皇太子と別居してからすで...
「ダイアナ」みた。 (たいむのひとりごと)
36歳の若さで他界した世界で最も有名な女性のひとりであるダイアナ元英国皇太子妃の最期の数年を描いた映画で、ダイアナ個人とその哀しきロマンスを描いた作品。とにかく、ナオミ・ワッツのなり切りっぷりがお見事
ダイアナ (悠雅的生活)
ジャンクフード。黒髪のウィッグ。世界一有名な女性。
『ダイアナ』 (こねたみっくす)
プリンセス・ダイアナ。彼女は自由を失ったプリズナーか、誇りを持ったプリンセスか、それともワガママでも愛を求める女性だったのか。 世界一有名な女性として、イギリス皇太子 ...
ダイアナ (はるみのひとり言)
「ありがとう」の試写会で観せていただきました。浜村さん30分みっちり喋らはりましたね~。でもいつも入場時には浜村さんとありがとう娘がお出迎え、帰りにはありがとう娘がお見送りしてくださって、そんなありがとうの試写会が好きです。<ストーリー>1995年、ダイア...
「ダイアナ」 (或る日の出来事)
ひとりの男との恋愛を中心にした話になっていたのが意外。映画は、真面目で普通だったな…。
『ダイアナ』 (2013) / イギリス (Nice One!! @goo)
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: ナオミ・ワッツ 、ナヴィーン・アンドリュース 、ダグラス・ホッジ 、ジェラルディン・ジェイムズ 、チャールズ・エドワーズ 、キャス・アンヴァー 、ジュリエット・スティーヴンソン 試写会場: よみうりホール ....
ダイアナ (とりあえず、コメントです)
元イギリス皇太子妃ダイアナの最後の2年間をナオミ・ワッツ主演で描いたドラマです。 どんな人生を送ってきた人だったのだろうと気になっていたので楽しみにしていました。 ナオミ・ワッツの熱演と共に、自分らしく生きようと必死にもがいていた一人の女性の姿に もっと幸...
ダイアナ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ダイアナ '13:米 ◆原題:DIANA ◆監督:オリバー・ヒルシュビーゲル「ヒトラー 最期の12日間」 ◆主演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェイムズ、チャールズ・エドワーズ、キャス・アンヴァー、ジュリエット・ス...
ダイアナ (pure's movie review?)
2013年 イギリス作品 113分 ギャガ配給 原題:DIANA STAFF 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本:スティーヴン・ジェフリーズ 原作:ケイト・スネル CAST ナオミ・ワッツ ナヴィーン・アンドリュース ダグラス・ホッジ ジェラルディン・ジェームズ...
映画・ダイアナ (読書と映画とガーデニング)
原題 Diana2013年 イギリス イマジカBSで観賞 ダイアナ元皇太子妃死亡事故の前、2年間にスポットをあてています ダイアナを演じるのはナオミ・ワッツ本人の特徴を捉えるべく頑張っていましたが、物真似の域をでていないような?それに本人のほうが断然...