映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ラビング 愛という名前のふたり

2017年03月04日 23時23分28秒 | 映画 ら行
評価:★★★★【4点】



第89回アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品がこれ。



1958年、バージニア州。
レンガ職人の白人男性リチャード・ラビングは、
幼なじみで恋人の黒人女性ミルドレッドから妊娠を告げられ、
結婚を決意する。
しかしバージニアでは異人種間の結婚が法律で禁じられていたため、
2人は法律で認められているワシントンDCまで行って
結婚の手続きを済ませる。
その後、地元に新居を構えて幸せな結婚生活をスタートさせるが、
ある日突然、保安官に押し込まれ、逮捕されてしまう。
そして法廷で、離婚するか、25年間の州外退去かを迫られる
ラビング夫妻だったが…。
<allcinema>



まずはじめに、ちらし&ポスターというのは
その映画の顔となる部分なので、これがもうひとつパッとしないと
作品を観ようとする最初の一歩がなかなか向かないのだ。

現に、このちらし&ポスターの画を見て何をイメージしたか。
ワタシは、てっきり介護を要するご老人と彼にそっと寄り添う
心優しい看護師か介護士、あるいはヘルパーの禁断の愛だとばかり。

なので、この画を見れば見るほど、本当にこういうパターンも
あるんだな~と納得するしかなかった。
しかも、それは上映開始されても男性はお爺ちゃんだとばかり。

で、冒頭の1950年代のドラッグレースが出てきて
やっとこの男性がお爺ちゃんでないことに気が付いた(爆)

しかしながら、この人どこかで見たような見てないような。。。
いったい誰?ってことで、しばらくモヤモヤ。

そして中盤辺りでよく似た俳優として
マット・デイモン系列のジェシー・プレモンスかその他の誰?状態だった。

なんか、若いのか若くないのかさえよくわからないまま見ていたが
不意に、「あ、あれだ!」と思い出しましたよ(笑)
目元が『ブラック・スキャンダル』の刑事だし『ザ・ギフト』のストーカーで
なんといってもナタリー・ポートマンの西部劇『ジェーン』で
最も頼りになった元夫ではないか! うん確かにそうだ。

あ~、スッキリした!(笑)

なぜ、彼だと気づかなかったのか!
それは、ブロンドに染めた短髪のせいでした。
今までのジョエルの作品キャラで、そういうの観たことなかったしね。

ということで、ほとんど映画の内容に触れてませんが
たまにはそういうのもいいではないかと、一人で納得。


【今週の実話】(←ころころ項目変えるな)

これは、米国で初めて異人種間の結婚を禁じた州法を、
連邦最高裁判所が憲法違反とした出来事。
白人男性と黒人女性のラビング夫妻とバージニア州が裁判で争い、
1967年に連邦最高裁が違憲判決を下した。

<某辞書より抜粋>

・実話なのにサスペンス要素がふんだんに盛り込まれている。
 保安官との駆け引き、公にさらされた夫婦に忍び寄る不穏な空気など
 映画として十分堪能することができる。

・全編に於いて緊張感が持続している中、記者としてマイケル・シャノンが
 取材交渉にやってくるのだが、彼の話術と行動が営業のお手本のよう!
----------------------------------------------------------
監督:ジェフ・ニコルズ
脚本:ジェフ・ニコルズ
音楽:デヴィッド・ウィンゴ
出演:ジョエル・エドガートン/ルース・ネッガ/マートン・ソーカス

『ラビング 愛という名前のふたり』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサシン クリード | トップ | モアナと伝説の海 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~☆ (kira)
2017-03-04 23:55:35
確かに狙ってセピアっぽい地味なポスターなんでしょうが
私的には、この時代と南部ということで、
大体理不尽なラブストーリーだと思ったので
足が向きませんでしたが、、ヨカッタのですね?
〉実話なのにサスペンス要素がふんだんに盛り込まれて
そうなんだ!黒人の差別もの、苦手になってるけどキモチが元気な時に観たいですね~
kiraさんへ (ituka)
2017-03-05 00:18:38
このポスターをパッと見たときに、お爺ちゃんと若い女性だとばかり。
ワタシ、事前情報はまったく入れないので(劇場で掛かってしまう予告編くらい)てっきり歳の差の愛だと(爆)
しかも、見た感じが認知症とか患っていそうだし
すごく訳ありな感じに興味を持ったんです(笑)

50年代の南部とくれば人種差別が真っ先に浮かびますもんね。納得。
これはお薦めします。観てほしい!(笑)
こんばんは〜 (margot2005)
2017-03-13 23:03:29
>てっきり介護を要するご老人と彼にそっと寄り添う...
確かに上のポスターの男性は認知症患者っぽいかも?itukaさんが勘違いされるのわかります。
ブロンドのジョエル・エドガートンは年齢不詳でしたしね。
でもこの夫妻の深い愛には心打たれました。
margotさんへ (ituka)
2017-03-13 23:29:32
しかもこのポスターの下側部分が文字と重なって見にくくなってたので
女性のひざ上に乗ってる小さな老人だとばかり。
もっとしっかり確認しないといけませんね(笑)
『エクソダス』のラムセスやってたの彼だったのですね!
margotさんの記事で先ほどようやく気付きましたよ(遅)

この夫婦の愛はまったくブレることのない強さを感じました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ラビング 愛という名前のふたり』 2017年2月21日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ラビング 愛という名前のふたり』 を試写会で鑑賞しました。 内容は実話だから想像がつく。 【ストーリー】  1958年、大工のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)......
ラビング 愛という名前のふたり (あーうぃ だにぇっと)
ラビング 愛という名前のふたり@一ツ橋ホール
映画:ラビング 愛という名前のふたり Loving 人種の多様性を基本としてきたアメリカの...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ド派手な「ラ・ラ・ランド」とは対極。 だが両方とも主演女優がアカデミー賞候補で、結果はデカ目のストーンがオスカーを獲得(笑) こちらの主演女優 ルース・ネッガ (......
ラビング 愛という名前のふたり (試写会) (風に吹かれて)
なぜ違法 公式サイト http://gaga.ne.jp/loving3月3日公開 実話の映画化 監督: ジェフ・ニコルズ  「テイク・シェルター」 「 MUD マッド」 1958年、レンガ職人のリチ
「ラビング 愛という名前のふたり」☆これぞ男 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
その名の通り、ラビングさんの実話の愛のお話☆ ラビング氏は知恵は無いけど男気のある、まさに彼こそが愛する人をひたすら守り抜いた男の中の男。 彼の男泣きに思わず目が潤ん......
『ラビング〜愛という名前のふたり〜』 (こねたみっくす)
ただ夫婦として生きていきたい。そう願った「愛」という名前のふたり。 何とも地味な映画だ。でも大人の味わい深い映画だ。既婚者の方がより深くこの映画を堪能出来るのではない ......
「ラビング 愛という名前のふたり」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Loving」2016 UK/USA1958年、アメリカ合衆国バージニア州。レンガ職人のリチャードには黒人女性のミルドレッドという幼なじみの恋人がいる。ある日、妊娠を告白されたリチャードは彼......
【映画】ラビング 愛という名前のふたり (アリスのさすらい映画館)
  ラビング 愛という名前のふたり(2016) アメリカ 原題:Loving 監督/脚本:ジェフ・ニコルズ 出演:ルース・ネッガ/ジョエル・エドガートン/ウィル・ダルトン 日本公開...
ラビング 愛という名のふたり (映画と本の『たんぽぽ館』)
ひっそりと寄り添うふたり * * * * * * * * * * 1958年というので、ほんの60年ばかり前のできごとです。 米バージニア州に住む大工のリチャード(ジョエル・......
ラビリング (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラビング 愛という名前のふたり』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)出演しているルース・ネッガがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので、映......
ラビング 愛という名前のふたり (映画好きパパの鑑賞日記)
 1960年代、異人種結婚を禁じる法律を変えさせる裁判を起こした夫婦を抑制された調子で映し出し、妻役のルース・ネッガはオスカー候補になりました。ただ、事実を元にしたとはい......