映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

マイ・ファニー・レディ

2015年12月19日 18時08分51秒 | 映画 ま行
評価:★★★☆【3.5点】



元コールガールがハリウッド女優の地位を勝ち取った理由とは



ニューヨークのとあるバーでインタビューを受ける
新進のハリウッド女優イザベラ・“イジー”・パターソン。
コールガールからどうやって女優になったのか、
との不躾な質問にも、顔色ひとつ変えることなく答えるイジー。
それは、ある奇特なお客との出会いに始まる。
紳士的な彼は“この仕事を辞めるなら、君に3万ドルをあげよう”と
奇妙な申し出をする。
これを受け入れ、コールガールを辞めたイジーは、
夢だった女優の道を目指し、舞台のオーディションに挑む。
ところが、その舞台の演出家アーノルドは、
偶然にも彼女に3万ドルをプレゼントしてくれた例のお客だった。
まさかの再会に動揺するアーノルドを尻目に、
みごとな演技で役をつかみ取るイジーだったが…。
<allcinema>



人生が輝きだす街、ニューヨーク・ブロードウェイ。
きっかけは思いがけない3万ドルのプレゼント!?
ひょんなことから交錯してゆく男と女たちのおとぎ話


とまあ、こんなキャッチコピーが付いているから
思いっきり釣られまくって観に行ったわけだけど

結論から言えば、そこそこ笑わせてくれて
軽めで箸休め映画と捉えれば満足感もあるってことでよろしいかと(笑)


【今週のツッコミ】
・インタビュアーと被写体の構図で始まる本作に
 クリント・イーストウッド監督『父親たちの星条旗』を被せ
 これって、もしかして実話?と思いっきり勘違い(笑)

・アーノルドの劇中に幾度と出てくる決め台詞すべてが
 実はエルンスト・ルビッチ監督『小間使』(1946)のパクリだった(笑)
 エンドクレジットでその種明かしが軽快でグッド。

・お気に入りの女性を見つけるとやたら投資したがるアーノルド。
 下心がなくあの行為はもはや神としか思えない(それはアンタだけ)

・偶然が重なるとこんな悲惨な結果を引き起こしますよ~という
 教訓映画となるのかならないのか(知らんがな)

・ジェニファー・アニストンのキレっぷりは
 さすがコメディ出身だけあって、安定感があり上手い。

・ヒロインのイモージェン・プーツに魅力を感じなかった分
 そこまで映画に入り込めなかった。
 でも、あの悩める判事さんはツボだった。本作の最優秀演技賞は彼!(爆)

・ちなみにイモージェン・ブーツと聞いた途端
 頭の隅っこでイモータン・ジョーの映像が浮かんでしまった。
-----------------------------------------------------------------
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
脚本:ルイーズ・ストラットン/ピーター・ボグダノヴィッチ
音楽:エドワード・シェアマー

出演:オーウェン・ウィルソン/イモージェン・ブーツ/キャスリン・ハーン/
    ジェニファー・アニストン/ウィル・フォーテ/リス・エヴァンス/


『マイ・ファニー・レディ』 
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« I LOVE スヌーピーTHE PEANUT... | トップ | スター・ウォーズ/フォース... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神ですか!? (ami)
2015-12-23 11:46:19
アーノルドの行いはあそこまでくると
私にはもはやビョーキとしか思えませんでした(笑)

カメオ出演も豪華でしたね。
タラちゃんは相変わらずの目立ちたがり屋さんでしたが、
あまりに自然なマイケル・シャノンはあやうく見逃すところでしたよ(笑)

そしてあの台詞がルビッチのパクリだったとは!
古典好きの私ですが『小間使』は未見なので観てみたくなりました。
amiさんへ (ituka)
2015-12-23 21:41:51
下心何もなくしてあのような行動ができるものでしょうか。
ヤバイ銭の脱税対策としか思えないのですが。
ビョーキというのも、、、うん確かに(爆)

そうそう、カメオが豪華ってあったけど
ワタシはタラちゃんとシャノンしか分からなかったんですよ^^;

アーノルドのキメ台詞も一語一句完全コピーでしたね(笑)
こういう映画で古典映画を知るって、ちょっと得した気分になりますよね。
でも、ワタシは『小間使』は興味ないかも~(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY (我想一個人映画美的女人blog)
片隅のスタジオで、先鋭のハリウッドスター・イザベラは、その成功への道のりについて記者からインタビューを受けていた。 高級コールガールをしていたことを天真爛漫に告白、お客として初めて会ったブロードウェイの演出家アーノルドから、 突然「君の将来のために...
『マイ・ファニー・レディ(SHE'S FUNNY THAT WAY)』ピーター・ボグダノヴィッチ監督、オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『マイ・ファニー・レディ』SHE'S FUNNY THAT WAY 監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ出演 : オーウェン・ウィルソンジェニファー・アニストンイモージェ
『マイ・ファニー・レディ』 2015年12月23日 ヒューマントラストシネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マイ・ファニー・レディ』 を鑑賞しました。 大満足の1本だった イモージェン・プーツは美女リストへインプット。 【ストーリー】  新たなハリウッドスターとして活躍する女優、イザベラ(イモージェン・プーツ)。とあるスタジオで記者からインタビューを受けてい...
【第27回東京国際映画祭】『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: She's Funny That Way 監督/脚本 : ピーター・ボグダノヴィッチ 出演: オーウェン・ウィルソン 、キャスリン・ハーン 、イモージェン・プーツ 、ジェニファー・アニストン 、ウィル・フォーテ 、リス・エヴァンス 第27回東京国際映画祭『シーズ・...
「マイ・ファニー・レディ」:アレン的な練達のコメディ (大江戸時夫の東京温度)
懐かしやピーター・ボグダノヴィッチ監督作品『マイ・ファニー・レディ』を観ました。
マイ・ファニー・レディ (映画好きパパの鑑賞日記)
 大ベテランのピーター・ボグダノヴィッチ監督の人を食ったようなスクリューボール・コメディ。ベテランながらの味わいがある一方、せっかく良いシチュエーションを作ったのに生かし切れない歯がゆさがありました。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ピーター・ボ...
「マイ・ファニー・レディ」 (ここなつ映画レビュー)
ただ楽しい。ただ笑える。大人のコメディ。得るもの失うもの何もなく、でもたまにはこんな作品もいい。っていうか、こんな作品がいい。巷で噂の通り、ウディ・アレンの作風に似てなくもない。でも、洒脱過ぎなかったり、斜に構えた部分がなかったり、という点では、アレン...
マイ・ファニー・レディ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」の名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督が、「ブロンドと柩の謎」以来13年ぶりに手がけた映画作品。元コールガールの人気女優をヒロインに、彼女を巡って一癖も二癖もある男たち女たちが織りなす、複雑に絡まり合った愛憎の行方をユ...
マイ・ファニー・レディ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
マイ・ファニー・レディ '14:米 ◆原題:SHE'S FUNNY THAT WAY ◆監督:ピーター・ボグダノヴィッチ「ブロンドと柩の謎」「マスク(1984)」 ◆主演:オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、リス・エヴァンス、ウィル・フォーテ、ジ...
『マイ・ファニー・レディ』をシネマカリテ2で観て、割と適当なコメディーちゃう?ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★まあ、面白いんだけどそこでその人とぶつかるのというのが適当な気がする】 「イモージェン・ブーツ可愛いよ」という噂なので見てみた。 うわ、顔のパーツ ...
マイ・ファニー・レディ (こんな映画見ました~)
『マイ・ファニー・レディ』---SHE'S FUNNY THAT WAY---シーズ・ファニー・ザット・ウェイ(第27回東京国際映画祭) 2014年(アメリカ)監督: ピーター・ボグダノヴィッチ出演: オーウ...
「マイ・ファニー・レディ」 (或る日の出来事)
複数の人物が、ひとところにまとまって、浮気したしないでドタバタするコメディ。