映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ジャッジ!

2014年01月14日 22時14分33秒 | 映画 さ行
評価:★★★【3点】



三谷監督がいう妻夫木くんのイメージはこういうことね(笑)
テレビの某CMの“のび太”がまんま長編映画になったみたい。



一流広告代理店・現通で働く落ちこぼれクリエイターの
太田喜一郎。ある日、身勝手な上司・大滝から
彼の替え玉となって世界一のテレビCMを決める祭典
“サンタモニカ広告祭”の審査員を務めるよう命じられる。
そして、現地で夜ごと開かれるパーティには
パートナーの同伴が必須と知り、
優秀な同僚・大田ひかりに偽の妻となって同行するよう懇願する。
最初は断られるも、ラスベガスが近いことが幸いし、
ギャンブル好きのひかりの説得に成功する。
こうしてようやく乗り込んだ広告祭では
、一癖も二癖もある審査員たちが自社の作品を有利にしようと
熾烈な駆け引きを繰り広げていた。
そんな中、大滝から“ちくわのCMを入賞させる”という
真のミッションを告げられる太田だったが…。
<allcinema>



小心者で臆病で何やってもうだつの上がらない男。
俗に言うヘタレ男子という言い方がぴったりの主人公。

ひょんなことからサンタモニカ広告祭の審査員に任命され
英語もろくに話せない主人公が現地で巻き起こすドタバタ劇。

流れ的には笑いメインでラスト辺りで少しの感動が待っている。
これは、リリー・フランキー扮する鏡さんの
絶対使えそうもないアホみたいなアドバイスだったものが
実は巧妙に仕組まれたテクニックだったこと。
これにはダメ元で使った本人もびっくりな展開になってしまう。

世の中、凡人の勝手な先入観だけで判断してはいけないね(笑)

この映画の鏡さんのアドバイスを今後の社の会議に
使ってみるのも面白いかも(笑)


【今週のツッコミ】
・例えば、相手を笑わせるときにネタが重要と思いがちだが
 そうではなく、意外にもチョッとした間さえ計算していれば
 つまらないネタも爆笑を起こすことができる。

・つまり、ペン回しで相手の注意を引き言葉を発するのだが
 その時、必ず最初に言うセリフは間を置き「今から重要なことを言う」
 たったこれだけで、その後の一言一言に重みが増す。

・くだらない内容でも相手を抑える説得力が生まれるから不思議。
 場の空気に緊張感が生まれ、その時点で相手よりも優位になるのだ。

・日本人が外国にプレゼンに行くならアニメのTシャツは必需品?(笑)
 ちなみに審査委員長にプレゼントしたTシャツのキャラってなあに(爆)

・夫婦同伴でないと“こっち系”の人間と思われるらしい^^;

・世界のトヨタのCM、あれはまさに“おもてなし”の心だったね。
 もうちょっと映像的に芸術性を持たせればリアルCMでいけるかも^^

・日本のちくわとは余った魚を新鮮なうちにすり身に加工し焼いたモノ。
 いわば、食材の合理的利用法のアイデア食品のひとつとされるらしい。
 ちなみに起源は1880年ごろの冷蔵庫のない時代だそうで。

・同じ苗字の社員がいる場合、優秀な方のオオタ!は辛い(笑)

・「経理の松本さんはな~、昔は16歳だったんだぞ!」
 「へ~!そうなんですか」会話が変だろ!でも納得!伊代だもの。

・邦画にしては外国俳優が多く、なぜか洋画を観てるようだった。
 無名俳優なのか?意外にも魅力があり
 バーのマスター役の人、エド・ハリスの雰囲気ありましたし
 審査委員長なんてハリウッドオーラ出てましたよ(笑)
-----------------------------------------------------
監督:永井聡
脚本:澤本嘉光
撮影:野田直樹
音楽:平沢敦士


出演:妻夫木聡/北川景子/リリー・フランキー/鈴木京香/豊川悦司/
    加瀬亮/風間杜夫/木村祐一/松本伊代/


『ジャッジ!』
 







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キリングゲーム | トップ | エンダーのゲーム(吹替え) »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無茶 (iina)
2014-01-20 10:59:03
「狐を猫にしろ」と言い出すのは、ソフトバンクCMの白戸家メンバーに、犬を父親にさせた孫氏のことを下敷きにしたそうです。
へぇ~と思いますが、これを識ると愉快ですね。

Unknown (Nakaji)
2014-01-20 12:02:39
こんにちは♪
そうそう、なんかCMの裏側をきくと面白いって思いました。
こんなぶちゃぶりする人っているんだな~って。。。

>審査委員長なんてハリウッドオーラ出てましたよ(笑)
本当にそう思いました!!だれだろって思いながらみておりました(笑)
iinaさんへ (ituka)
2014-01-20 23:05:03
こんばんは。
>犬を父親にさせた孫氏のことを下敷きに

あ、そうなんですか!
あの狐もよくみると、かなりキモい感じですが可愛いとは到底思えませんでした^^;
それにしても狐うどんでしたっけ?
どうみても美味しそうに見えないのが可笑しかったです(笑)
Nakajiさんへ (ituka)
2014-01-20 23:10:32
こんばんは。
この映画のサンタモニカ広告祭って実際もあんな感じなのか気になるところです。
邦画に出てくる外人さんて普通は無名俳優かオーラもイマイチな感じの方多いですが
本作品の俳優さんすべてハリウッドオーラでてましたよね(笑)

あの審査委員長、バーのマスターが気になります^^
CMたち (iina)
2014-01-21 08:51:33
エースコックの狐CMに、ネコですの但し書きをいれなければ、なかなかユニークなCMと思いました。腰の使い方にコシがはいって商品のコシに掛けて好かったですよ。

>トヨタのCM、 ・・・ もうちょっと映像的に芸術性を持たせればリアルCMでいけるかも^^
なんと、CM「TOYOTA Humanity」は、2006年のカンヌ国際広告祭フィルム部門で銀賞を受賞したのだそうですよ。(^^ゞ
トヨタもこんな気色悪いCMを映画に提供するとは、フトコロの広い会社だと思ったのに、評価されていたとは、審査員にウインクを連発して票を集めたのでしょうネ。

こんにちは。 (みぃみ)
2014-01-21 10:44:30
鏡さんの秘策、太田使いこなしてましたね~。
意外とデキル奴だったりするのかも(^^)。
賭け事大好きな彼女の援護も手伝って…。
最終的には、太田の人柄の良さ(真っ直ぐさ)の勝利!。
笑ってほっこり♪。

年の始め、間の良い作品と出会えてハッピーです~。
iinaさんへ (ituka)
2014-01-21 23:28:16
こんばんは。
あのCM!!!へ~、そうだったんですか!(笑)
先ほどYoutubeで見てきました。

こうなってくると、今更ながらこの映画ってすごいな~って思います^^
確かに、あのCMには、おもてなし精神が詰まってましたもんね。
トヨタなかなかやるなー(笑)
みぃみさんへ (ituka)
2014-01-21 23:37:08
こんばんは。
この映画の陰の主役は、鏡さんで決定!したい(笑)
七人の侍でいえば剣術師・久蔵というところでしょうか^^

あの秘策、ありえないと思っていたら、恐ろしく的を突いていたところがすごいです(笑)
あういう席では、やはり目立たなければいけないということですね。
日本人はただでさえ大人しいんで、あれくらいの奇策がちょうどいいのかもしれませんね(笑)

妻夫木くん、こういうキャラがほんとうにお似合いでした(爆)
Unknown (Ageha)
2014-01-22 14:20:47
「狐を猫にしろ」と言い出すのは、ソフトバンクCMの白戸家メンバーに、犬を父親にさせた孫氏のことを下敷きにしたそうです。

・・・これ知りませんでした。
狐を猫にっての十分あるあるですね。
あのちくわのCMでグランプリとれってのも
そうとうな無茶。
でもそれをチャンスに変えられたのが
馬鹿正直でええひとすぎるハッタリオタクってのが
実にいい。なんか元気もらいました。
たまには都合よく転ぶ話でいいじゃんて。

妻夫木くんもにあってたけど
リリーさんの「実はすごいひと」だったのも
トヨエツの「めっちゃやな役だけどハマってる」のも
よかったです。(^-^)/
Agehaさんへ (ituka)
2014-01-22 20:59:16
こんばんは。
まさか、この映画にソフトバンクが絡んでくるとは夢にも思いませんでした。
iinaさんの情報にただただびっくりな状態(笑)

>あのちくわのCMでグランプリとれって

リリー・フランキーにやらせてみたかったですよね。
ルール上、自国CMを宣伝できないなら彼のことだから
心理的作戦やら凡人じゃ思いもよらない奇策とかやってくれそうでしたもんね^^;

>リリーさんの「実はすごいひと」だったのも

こういう窓際族(←死語?)こそ異端児が多いんじゃないかと、、、自分がそうなったとき、こうでありたい(笑)
トヨエツさんも、ここのところ存在感ありますよね。

この映画、いろんな情報知れば知るほど深いな~と思いました^^
ちくわCM (mariyon)
2014-02-01 19:50:21
あれがグランプリにならないでよかったですね。

ニャーニャーの回収もきちんとできてたし、
のび太のような純粋な目で見られちゃ、
だれもが降参です。はい。

なんだか、ほんとに、楽しくって
いまさらですが観てよかったとつくづく思いました。

>邦画にしては外国俳優が多く、なぜか洋画を観てるようだった。

邦画っぽくなかった、たしかに。

鏡さんはドラえもんより役立ちグッヅを
持たせてくれたってことですね。
mariyonさんへ (ituka)
2014-02-01 20:44:17
こんばんは。
さすがにあのちくわのCMがグランプリとっちゃったら
国際CM祭の今後の存続に大きく関わってくる可能性ありますよね^^;
ここは順当にTOYOTAでみんな丸く収まったってところでしょうか。
ただ一人を除いて(爆)
実際に流れたTOYOTAのCMってテレビで見た記憶ないんですけどね~^^;

妻夫木くんのこういうキャラは今や安定感すら感じます。
逆に北川さんはどうも苦手意識があってダメなんですよ~(笑)
☆やっとアップしました~☆ (TiM3)
2014-02-09 13:29:26
セリフ量が意外に多くて苦労しました(=^_^=)

鏡さん、何で今やあんなに「窓際」なのか・・
本作「11の謎」の1つでしたねぇ。(←他にもあるんかい!)

カルロスがどう観ても日本人にしか見えないのが良かったです。

ジャック役のしと、ジェームズ・バーンズさんと仰るそうですが、メチャシブくて良かったですねぇ。
ゼヒ軍服を着て欲しい(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2014-02-09 18:17:23
こんばんは。
セリフの多い作品はそれだけで別の作業が絡んでくるので大変ですよね^^
ワタシは自分の記憶できる容量(20バイトくらい!←なんだよそれ!)で手ぶらで呑気に見てます(笑)

鏡さんのやってる仕事って傍から見たら辛そうですけど
本人にしたらそうでもなかったりしてね(笑)
ワタシもあんな環境にひとり放置されてみたいもんだ(爆)

>ジャック役のしと、ジェームズ・バーンズさんと仰るそうですが

へ~、そうだったんですか!
なかなか渋くていい俳優さんでしたよね。
そうそう、いちど軍服着た勇士を見てみたいものです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『ジャッジ!』観てきたよヾ(=^▽^=)ノ (よくばりアンテナ)
サンタモニカで開かれる世界一のTVCMを決める国際広告祭に 無理矢理参加させられる落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎(妻夫木聡)が、 ちくわのCMを入賞させるべく、ドタバタ繰り広げるコメディ。 詳しくは公式HPへ。 笑ったわ~~(*´∀`*) ここ最近はダメ男を...
ジャッジ!~トヨタが落選する訳ない (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。永井聡監督、妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次、風間杜夫、でんでん、浜野謙太、伊藤歩、加瀬亮、 ...
『ジャッジ!』 2013年12月19日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャッジ!』 をプレミア試写会で鑑賞しました。 上映前に舞台挨拶があり、妻夫木聡、北川景子、木村祐一澤本義光(脚本)、永井聡監督登壇して 面白いトークで盛り上がりました。 度重なる妻夫木君の突っ込みや北川景子のイメージと違う女王様キャラで無い所が聞けて...
ジャッジ! (とりあえず、コメントです)
CM業界や世界的な広告祭の裏側を、妻夫木聡&北川景子主演で描いたコメディです。 予告編を観て、主人公たちのドタバタしている雰囲気が楽しそうだなあと気になっていました。 予想以上にギャグが登場する展開に、大笑いしながら楽しめるような作品でした~♪
ジャッジ! 審査員を審査する (そーれりぽーと)
予告編のドタバタ感が面白そうだった『ジャッジ! 審査員を審査する』を観てきました。 ★★★★ ステレオタイプのキャラクター達でCM業界の裏側を茶化して描いたサクセス・コメディー。 監督と脚本家はふたりともCM業界出身なのだそうで、CM業界から中島哲也監督のよう...
無欲の勝利。『ジャッジ!』 (水曜日のシネマ日記)
仕事の出来ない新人広告マンが自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走する物語です。
ジャッジ! (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月12日(日) 18:30~ 109シネマズ川崎2 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 無茶と書いてチャンスと読む。(無謀だったかな?) 『ジャッジ!』公式サイト 同じタイトルの「JUDGE/ジャッジ」と大違いだ。あちらはワーストを争うものであ...
『ジャッジ!』 (時間の無駄と言わないで)
クソCMに賞を獲らせるためにあの手この手で奮闘する映画かと思ってたんだけど違った。 広告業界が舞台のお仕事コメディだった。 妻夫木聡を初めて見たのが「ウォーターボーイズ ...
『ジャッジ』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  熱意だけはある真面目な広告クリエイターの青年が 上司に代わって国際広告祭に行くことになる。 ひとりで行くのはまずい、と考えた彼は 仕事はできるがギャンブル好きの同僚で同じ苗字のひかりに頼み込み同行してもらう。  国際コンクールに参加した経験....
「ジャッジ!」 (NAOのピアノレッスン日記)
~恋と仕事。人生最大の審査(ジャッジ)!~ 2013年  日本映画    (2014.1.11公開)配給:松竹    上映時間:105分監督:永井聡脚本:澤本嘉光美術:相馬直樹音楽:平沢敦士主題歌:サカナクション 「アイデンティティ」出演:妻夫木聡/北川景子/リ....
ジャッジ! (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ジャッジ! '13:日本 ◆監督:永井聡「いぬのえいが」 ◆主演:妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次、風間杜夫、でんでん、浜野謙太、伊藤歩、加瀬亮、木村祐一、あがた森魚、松本伊代、志賀廣太郎、柄...
映画:「ジャッジ!」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年1月16日(木)。 映画:「ジャッジ!」。 監  督:永井聡 脚  本:澤本嘉光 キャスト: 妻夫木聡:太田喜一郎・北川景子:大田ひかり リリー・フランキー:鏡さん・鈴木京香:木沢はるか 豊川悦司:大滝一郎・荒川良々:カルロス 玉山鉄二:竜也・...
ニャーニャー駄馬頑張る。(^_^;)~「ジャッジ!」~ (ペパーミントの魔術師)
ブッキーのせつなげな犬顔って なんか母性本能くすぐるんだよね~。 北川景子が演じる太田ひかりも結局は この「駄馬」を乗りこなしてやろうというギャンブルに打って出る。 (わわわ・・・それ以上いうたらダメですね。(^-^)) バカをいくつ乗っけても足りない正...
『ジャッジ!』が問う日本人のあり方 (映画のブログ)
 広告業界を舞台にした『ジャッジ!』は、ゆるい笑いに満ちたコメディだ。  しかもそれだけにとどまらず、なかなか教訓に富んでいる。  『ジャッジ!』の主人公は、広告代理店で働きながらも、モテない、仕事できない、うだつが上がらない青年・太田喜一郎だ。  ...
『ジャッジ!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャッジ!」□監督 永井 聡 □脚本 澤本嘉光 □キャスト 妻夫木 聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、       荒川良々、玉山鉄二、田中要次、風間杜夫、でんでん、伊藤 歩、加瀬 亮 ■鑑賞日 1月11日(...
ジャッジ! (映画的・絵画的・音楽的)
 『ジャッジ!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)『ルームメイト』での演技がなかなか良かった北川景子が出演するというので、映画館に行ってきました(注1)。  本作の冒頭は、「きつねうどんのCM」(注2)の撮影風景が描かれます。キツネの着ぐるみに広告代理店・....
[映画まとめ語り 『ジャッジ!』『大脱走』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ジャッジ!』 今年最初の傑作でした。 最近、視聴率的にジリ貧のフジテレビの制作だが、いい意味でのバラエティっぽさを底力で出し切った作品だろう。 気持ちよく笑い続けられた。 映画館でのチラシを見た限りでは、なんか内容が読めなかったのだが、夢を持...
映画『ジャッジ!』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-6.ジャッジ!■配給:松竹■製作年、国:2013年、日本■上映時間:105分■料金:0円(1カ月FP12本目)■観賞日:1月13日、TOHOシネマズ府中(府中) □監督:永井聡◆妻夫木聡◆北川景子◆鈴木京香◆リリー・フランキー◆荒川良々◆豊川悦司◆加瀬亮...
ジャッジ (映画好きパパの鑑賞日記)
 脳天気なコメディなんだけど、寒い部分もしばしば。電通やフジテレビがいかに世の中と乖離して、バブルの時代そのままの発想なのかというところが一番笑えました。  作品情報 2013年日本映画 監督:永井聡 出演:妻夫木聡、北川景子、鈴木京香 上映時間:10...
ジャッジ! (だらだら無気力ブログ!)
これは笑えたわ。
ジャッジ!  監督/永井 聡 (西京極 紫の館)
【出演】  妻夫木 聡  北川 景子  鈴木 京香  豊川 悦司 【ストーリー】 大手広告代理店に入社して間もない太田喜一郎は、審査員として参加予定の世界一のテレビCMを決定する広告祭に向かう。夜ごと開催されるパーティーには同伴者がいなければならないことから、同....
ジャッジ! (銀幕大帝α)
2013年 日本 105分 コメディ 劇場公開(2014/01/11) 監督: 永井聡 主題歌: サカナクション『アイデンティティ』 出演: 妻夫木聡:太田喜一郎 北川景子:大田ひかり リリー・フランキー:鏡さん 鈴木京香:木沢はるか 豊川悦司:大滝一郎 荒川良々:カルロ....
ジャッジ! (いやいやえん)
「つまらなくて死ぬかと思った」CMをサンタモニカ広告祭で入賞させるという無茶なお話。 前半のキツネ(「コンコンコンコン♪こしこしこしこし♪」)が、アップで「ニャンニャン」と鳴いたのには、笑いました。これ
ジャッジ! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/01/11公開 日本 105分監督:永井聡出演:妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二 一流広告代理店・現通で働く落ちこぼれクリエイターの太田喜一郎。ある日、身勝手な上司・大滝から彼の替え玉となって世界一のテレビCM....