映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ヒア アフター

2011年02月19日 20時36分06秒 | 映画 は行
評価:★★★★【4点】


「ここでは何でもできる。宙に浮いてる感じが、かなりイケてる」


冒頭からの津波映像は、デザスター映画専門屋のR・エメリッヒ作品のようだった。
まさか、イーストウッド監督がここまで完成されたVFXを作品に入れ込むとは
予想だにしなかったことである。

その津波シーン、流されている主人公のニュースキャスターを追うように
カメラは溺れかけている彼女を近接撮影しているから、かなりリアルなものとなっている。
エメリッヒ作品と違うのは、全体像のなかのひとりの人間に焦点を当てていることで
溺れかけの瞬間の息苦しさなどが鮮明に分り、そういうきめ細かい演出がいいんですね。

にしても、あの水中で意識のない人間がゆっくりと沈み流れていく様子は
近年稀に見る美しい水中シーンだった気がしました。
あれが、もしも楽器だったとしたら映画『ピアノ・レッスン』ってところでしょうか。



パリのジャーナリスト、マリーは、恋人と東南アジアでのバカンスを楽しんでいた。
だがそのさなか、津波に襲われ、九死に一生を得る。
それ以来、死の淵を彷徨っていた時に見た不思議な光景(ビジョン)が忘れられないマリーは、
そのビジョンが何たるかを追究しようと独自に調査を始めるのだった。

サンフランシスコ。かつて霊能者として活躍したジョージ。
今では自らその能力と距離を置き、工場で働いていた。
しかし、好意を寄せていた女性との間に図らずも霊能力が介在してしまい、2人は離ればなれに。

ロンドンに暮らす双子の少年ジェイソンとマーカス。
ある日、突然の交通事故で兄ジェイソンがこの世を去ってしまう。
もう一度兄と話したいと願うマーカスは霊能者を訪ね歩き、
やがてジョージの古いウェブサイトに行き着く。そんな中、
それぞれの事情でロンドンにやって来るジョージとマリー。

こうして、3人の人生は引き寄せ合うように交錯していくこととなるが…。
<allcinema>




【ネタバレに要注意】

出だしからインパクトある画作りに圧倒されてしまい
そこだけで作品全体像を勝手にイメージしてしまったら、中盤以降、静かな展開にアレ?となるかも。
まずは、そういう危険度を持ち合わせた映画といってもいいのかもしれない。

物語は、まったく別の場所での三つのエピソードを“死”というキーワードに基づき描かれている。

香港での巨大津波に遭遇したフランスの女性ニュース・キャスター。
死者と交信ができる力を持つサンフランシスコ在住の苦悩する元霊媒師。
ロンドンで母子家庭の一卵性双生児の兄の不慮の交通事故と、まるでオムニバス映画のよう。

さて、一見まったく繋がりのない三つのエピソードを、最終的にどう関連付けるのか。
終盤になると、これが上手い具合にまるでマジックのように融合されていくのです。
この辺りの脚本の上手さは自然で、どこにも突っ込みどころが見当たらない感じ。

以前、北野武監督がインタビューで言っていたことばに
「映画はラストから撮る。そうすれば途中で、話がおかしな方向に行かずに済む」
これをイーストウッドがやっていたかは知らないが、初めから三つの話が既に繋がっていたかのように
そんなふうに思わせるテクニックは、やはり凄いことだと思った。
ひとの心象心理を表すのに影を巧みに使い分ける演出法は『父親たちの星条旗』や
『チェンジリング』でも決まってたな~。
いつも、大袈裟な演出を極力排除しヨーロッパ映画のヒューマン・ドラマを観ている雰囲気がある。

ま、さすがは世界の巨匠・イーストウッドというところか。

ワタシ的に、三つのエピソードのなかで特に良かったのは
双子の兄の死により、残された弟が亡き兄に対する強い想いではないでしょうか。
母子家庭の彼らは、アルコール依存症の母をそれでも愛していた。
福士課の保護観察中で訪問面談の際にも、機転の利く兄のおかげで母の更生施設行きを
うまくかわしていたのであった。
そんな頼れる兄の不慮の死が、結果として自分の身代わりとなったことへの無念さが
その後の彼の行動で痛いほど伝わってくる。

二度と戻らない兄に、せめてひとことだけでも話がしたかった。
死者と交信ができる霊媒師を訪ね歩き、ことごとく期待を裏切られてきた彼の前に
偶然にも遭遇したのがジョージ(マット・デイモン)であった。
避ける彼を追い、肌寒いなかアパートの前で十数時間も待つ姿に涙を誘うのです。

根負けしたジョージは彼の要望に応え、しかたなく霊媒行為をしてあげるのですが
マーカスがそれまで診てもらった霊媒師とちがい、ジョージはものの見事に言い当てていきます。
そして最後に兄の言葉として言って聞かせたことは
「ココは凄いところだ!なんでもできる。宙に浮いている感じで、かなりイケてる」
この言葉を聞いた途端マーカスの泣き顔が、みるみる変化していったのは言うまでもない。

分るんです!マーカスにとって、あの世に居る兄のまるで後悔などしていないことばで
そこは決して不安や淋しさなど存在しない素晴らしい場所だと聞き、どれだけ救われたことか。
あのとき、例えそのことばがジョージの気使いだったとしても
それはそれで良かったのではないかと思わせる名シーンになっていたと思います。

苦悩する元霊媒師ジョージの顔には、初めてひとを救った充実感が見てとれた。
彼はもうすこし時間を掛けてから復職するように思えてならなかった^^


三つのエピソードが、最後でそれぞれすべて解決していくことが心地良い、そんな映画でした。



おまけ)
・この映画に出てくるそれぞれの主人公の背景などが描き足りないともいえますが
 さすがに三つにもなるストーリーで、まともにそれをやったら4時間作品になったかも^^;
 ある程度、観てる側が彼ら彼女らの設定に歩み寄っていってあげないといけないのかな。

 主人公以外にも助演の女性で、その過去がかなり気になりましたから。
 ワタシが想像したのは父親との近親○姦?(←おい)

・ジョージが勤めてた会社も不景気で従業員数の3割カットってかなり深刻な状況ね。
 そんな状況だったにも関わらず、工場でも覇気が見られなかったジョージは
 そりゃあ、解雇の対象になるでしょうに^^;
 っていうか、あの年齢で月給二千ドルって、ひとり暮らしならそんなものか。

・ジョージの気持ちを思いっきり勘違いしてたマーカスくんでしたが、最後にすばらしい行為を。
 これは今風な男の子っていう感じで、脚本を書いた人に賛辞を贈りたい。

・今回の映画に出演している双子は『ソーシャル・ネットワーク』で使われていた
 ボディダブルではないようですね。本物の双子みたいです。
 こういうところで無駄なお金を掛けないイーストウッド監督でした^^

・ところで、なんで「ヒアアフター」でも「ヒア・アフター」でもなく
 半角空けた「ヒア アフター」なんでしょうか(←知らんがな)^^;
-----------------------------------------------------------------------------------
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ピーター・モーガン
撮影:トム・スターン
音楽:クリント・イーストウッド


出演:マット・デイモン/セシル・ドゥ・フランス/フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン/


『ヒア アフター』







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デザート・フラワー | トップ | 英国王のスピーチ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね。 (rose_chocolat)
2011-02-20 00:39:58
賛否両論あると思います。
私は大丈夫な方でしたけど。

死者に対しての温かいまなざしというものは
あったように感じました。
人生が交差することへの応援というか。
そんなのがあったと思ったんだけどね^^
賛否ありましたね~ (ituka)
2011-02-20 11:26:26
roseさん、こんにちは。

概ね、イーストウッド監督の映画作りはこういう感じで静かに進行していきますよね。
ただ、今回は冒頭からのインパクトある映像に
ある意味、イーストウッドらしからぬサービス精神が逆に働いたというところでしょうか。

イーストウッド自身、80歳を超えて、今ここで死というものが他人事でない事実として
1本こういうのを作ってみたくなったのかなって思ってます。
死者に対する温かいまなざしは強く感じました。
彼独特の繊細さがにじみ出ていたように感じた一作でしょうか^^
☆お、イキましたねー☆ (TiM3)
2011-02-21 00:23:00
この週末は、ちょっと劇場で観る時間が取れませんでした(×_×)

そんな中にあって・・本作は
今、1番気になっとる作品です。

津波のような「観たい欲」に襲われ続けてます(⌒~⌒ι)
画像がまた変わりましたね。 (オリーブリー)
2011-02-21 15:45:49
こんにちは~こちらの女優さんは何となく存じてますが、この頃の女優さんて、皆同じに見えてしまう、私…(苦笑)

随分と賛否が分かれてますね~「ザ・タウン」以上に(笑)
私も受け入れられ派ですが、イーストウッドの過去作に比べると、うーん…とはなります。

大人でも辛いのに、マーカス君の喪失感は大きいものだったでしょうね。
生きる者に優しい導きを感じさせてくれたのは、イーストウッドならではと思いました。

ところで、ブライス・ダラス・ハワードが妙にエロかったですね~あれは最初から計算ずくだと思ってたんで、ああなって良かったと思いましたよ(汗)
男性ウケはしそうですが、私は嫌いなタイプですわ(爆)

死を受け入れるまでって、結構キツイですよね。
私も20年ほど前に父が他界した時、数年、辛くて沈みがちでしたが、今では兄弟たちと「天国良いトコ1度はおいで、酒は上手いし、ネエチャンはキレイだぁ~」(←古ッ!!)盛り上がってると思ってます(笑)
TiM3さんへ (ituka)
2011-02-21 23:40:31
こんばんは。

お忙しそうですね。
無理なさらないようにしてくださいね。
ワタシも平日はブラック会社並みに22時ごろまで残業続きで嫌になります^^;
36オーバーで訴えてやる~(爆)

この映画は賛否がかなりありますからご覧になった時にどちらに転ぶか楽しみにしてますね^^
オリーブリーさんへ (ituka)
2011-02-22 00:02:29
こんばんは。

この画像は録画しておいた作品をテレビに向かって写真を撮ったのです(爆)
だって、画像がほんとに無いんだもの~

本作、面白いくらい賛否両論ですよね。
冒頭からのインパクトある映像に、そっちの方の期待値を上げてしまうとダメかもしれませんね。
ジョージの「あ!今戻って来た」(←ほんとかよ!)って突っ込みました^^
以後、アドリブだっていいのです。マーカスくんのお顔が明るくなっていったのが嬉しかったですから^^

>ところで、ブライス・ダラス・ハワードが妙にエロかったですね~

『ヴィレッジ』のヒロインでしたね~
どこかで見たぞこの女優!ってずっと考えてました。
レビューを書いてるときに分りました^^
ワタシもワザとらしい仕草に見えましたが、男は弱いんです。
特にジョージの下心にちょっとサスペンスを感じました(笑)

オリーブリーさん、それ古いよ(爆)
この作品観たら死んでも怖くなくなりましたよ。
あの世は誰もが20代の若者になると丹波さんが言ってましたが、どんなパラダイスなんでしょうね~(爆)
☆街の不良共に死を!(おいおい)☆ (TiM3)
2011-02-25 00:31:23
観て来ました~

思ったよりも重苦しい訳でもなく、
寛いで観ることが叶いました。

津波のシーンでは、マリーの後頭部にボートの先端部が
「ズゴッ!!」と激突するシーンがあり、そっちの方こそが
観てて痛かったです、、

あれで脳組織に損傷を受け、フラッシュバックするように
なったんかな~とか勝手に推理を繰り広げてました(⌒~⌒ι)

ブラダラさんは、私的には結構好きでしたね。
何となくジュリエット・ルイス系にも見えてしまいますが・・

ワタシの感想で言えば、アレは間違いなく「近親姦」じゃないかな・・
ってトコですが。。

地下鉄のシーンでは、帽子を追いかけてるうちに線路に
転落するんじゃないか?! とか気を回し過ぎて疲れました(×_×)
お~!ご覧になったのですね (ituka)
2011-02-26 00:39:49
TiM3さん、こんばんは。

意外にも、あの不良どもはその場から逃げずにオロオロしてましたね。
まだカワイイところがあるんだと少し救われました(←ってひとが死んでるし)

マリーの後頭部にボートが激突してたのは見逃していたかも^^;
流されて行くシーンは、スクリーンいっぱいに情報量多過ぎて追いつけませんでした(爆)
そのせいでフラッシュバックするようになったなら、それで1本映画が出来そうですね^^
監督はロバート・ゼメキスでお願いします。

>何となくジュリエット・ルイス系にも見えてしまいますが・・

いわれてみれば、それ言えるかもですね。
どことなくキュートで守ってやらないといけない女性というか、男心を擽りますよね^^
ココのところ『ザ・タウン』から賛否の分かれ目がなんとなく見えてきました。
男女差で見る角度が若干違うのかな~ってね^^

>ワタシの感想で言えば、アレは間違いなく「近親姦」じゃないかな・・

ですよね!アメリカはそういうのが多いそうですよ。
特に労務系低所得者のおっちゃんというパターンとか。
もしかしたら『宇宙戦争』のトムクルもヤバかった(笑)

>地下鉄のシーンでは、帽子を追いかけてるうちに線路に
>転落するんじゃないか?! とか気を回し過ぎて疲れました(×_×)

あれね~^^
誰かが釣り糸で引っかけたわけじゃなかったですよね。
しかも、這って追いかけるもんだから、ひとに踏まれるんじゃないかと心配しちゃいました^^;
☆ヒア・アフター・トゥモロー・ネヴァー・ダイ☆ (TiM3)
2011-02-26 16:10:18
どもです。

色んな理由をつけて、
女の子の手をとにかく握りまくりたいです(おいこら!)

>そのせいでフラッシュバックするようになったなら、
>それで1本映画が出来そうですね^^
>監督はロバート・ゼメキスでお願いします。

原作&脚本はスティーヴン・キングに、
主演はクリストファー・ウォーケンに、
お願いしましょう(=^_^=) でっどぞ~ん?

>ココのところ『ザ・タウン』から賛否の分かれ目が
>なんとなく見えてきました。
>男女差で見る角度が若干違うのかな~ってね^^

男性目線なのは、基本、ダメなんでしょう。
ブラダラさんのキャラによっては、多少女性観客ウケは
良くなったかも知れませんね。

>もしかしたら『宇宙戦争』のトムクルもヤバかった(笑)

「トライポッド」って言う兵器の名称からして「3本の脚」
ってことで、何となく「男性」の隠喩な気もしますしね。
(考え過ぎや!!)

>誰かが釣り糸で引っかけたわけじゃなかったですよね。
>しかも、這って追いかけるもんだから、ひとに踏まれる
>んじゃないかと心配しちゃいました^^;

もうちょっと自然にやったら『妹の恋人』でのジョニデに
勝てるかも知れませんね(←パントマイムかよ!)
今度は決められた運命に逆らう男 (ituka)
2011-02-26 21:02:23
TiM3さん、こんばんは。

マット・デイモンの最新作は追われる男を演じる『アジャストメント』です。
民間人+諜報員÷2っていうキャラと読みましたが^^;
相手のお姉さんはエミリー・ブラントというもうひとつ伸び悩んでいる女優さんが相手です^^

キングとウォーケンといえばソレですよね!
レンタルで見ましたが、たしか2回くらい観たような気がします。
ウォーケンも80年代以降はなんだかアンドロイドみたいになっちゃいましたね^^;
整形失敗という噂もチラホラ(←いや、オモイチガイかも)

>男性目線なのは、基本、ダメなんでしょう。

経済効果も含めて女性受けしないと、世の中生き残っていけない恐ろしい惑星です(←トミーかよ)^^;
『ヴィレッジ』のころは良かったのにね^^
シャマラン映画ではいちばんのお気に入りでした。

>もうちょっと自然にやったら『妹の恋人』でのジョニデに

その妹の病も相当な感じもしましたが、演じてるのがメアリー嬢ってことだけでレンタルしまた記憶が^^
ジョニデのパントマイムがあったのですね。
映画泥棒のおっちゃん系?
多分、途中でヒロインキャラがウザくなって再生中止したような気がします^^;

ドラマでした (mariyon)
2011-02-27 21:33:20
たしかに、津波のシーンは度肝を抜かれました!現実のインドネシアの津波を思い出しました。
でも、それ以上に1人1人のドラマがしっかりしていて、よかったです。とくに、マーカスくんの静かすぎる演技に泣かされました。
ただ、あのラストの展開は少し、急すぎたような気がしますが…。
静かに着実に進行する展開に (ituka)
2011-02-27 22:07:43
mariyonさん、こんばんは。

あの津波シーンは、監督さんのサプライズという位置付けで観てました。
なので、それに惑わされることなくドラマに集中できましたよ。

マーカスくん、よかったですよね~。
どことなく、ショーン・ペンみたいで影がある演技が秀逸でした^^

>ただ、あのラストの展開は少し、急すぎたような気がしますが…。

ワタシもそう感じました。この映画、もっともっと長く観ていたいってマジで思いましたもん(笑)
懐深さ (ぺろんぱ)
2011-03-01 02:42:43
こんばんは。

>映画はラストから撮る

なるほど、勉強になりました。(と言っても別に映画を撮る予定はないのですけれど。)

マーカス君がジョージを介してジェイソンと話せた時、私も涙しました。
一連のシーンからラストへの展開には監督の懐深さを感じました。

やっぱりこの監督の作品は見逃せないですね、これからも。(*^_^*)
復帰お待ちしてましたよ^^ (ituka)
2011-03-02 01:49:45
ぺろんぱさん、こんばんは。

それって北野監督の発案だったのでしょうかね~。
案外とヒッチコック辺りが既にやってそうな気もしますよね(←おい)

マーカスくんが街をひとりで彷徨う辺りから
監督さんの繊細な演出がかなり効いてた感じです。
過去映画、初代『グロリア』のなかの少年を思い出しましたよ^^

>やっぱりこの監督の作品は見逃せないですね、これからも。(*^_^*)

年2本ペースで来てません?^^
カメラ撮りがめちゃくちゃ早い監督さんらしいですね。
でも、こういうココロに染みいる映画をしっかり作ってしまうんだから凄いですね。
イーストウッドとM・ナイト・シャマランお二人の作品は何故か引き寄せられてしまいます^^
観了 (笛吹働爺)
2011-03-07 19:17:38
☆4.7/5 です。ブラダラにあそこまでエロっぽくさせたならば、もう一息ってところ。
しかし、さすがクリントですね。
セシルは仏女優らしく?痩せすぎですねぇ。
死後の世界は魂のレベルによって階層になってるとか。チャネラーとか霊媒師に出てくるのはまだこの世に未練があるからでしょう。
鑑賞お疲れ様です^^ (ituka)
2011-03-07 23:33:29
笛吹働爺さん、こんばんは。

おっと!可也の高得点ですね。
ブラダラさんのお口に吸い込まれそうでした(笑)
あんなに大きくアップで見せられると、生唾ゴックンですよね。
たぶんご自分で試写観ても恥ずかしかったんじゃないかと想像してます。
いや!プロだからそれはないかな(笑)

セシルさん、たしかに痩せてましたね~
ワタシ的には、肉付きの良いガッチリ系女性が好きです。

>死後の世界は魂のレベルによって階層になってるとか。
>チャネラーとか霊媒師に出てくるのはまだこの世に未練があるからでしょう。

ですよね。それは丹波氏の発言や映画などで、そう言われてますもんね。
もっと高い階層に行かないと本当のパラダイスはないってことですね。
どこかで見た印象 (笛吹働爺)
2011-03-08 17:50:32
セシルさん、誰かに似てるなぁと思っていたら、「SP」の記事を見て、真木よう子だと思いあたった。真木のほうがボインだけど。
真木よう子 (ituka)
2011-03-10 00:31:23
笛吹働爺さん、こんばんは。

真木さんは、え~っと!あのひと!
伊東美咲さんをチョットだけワイルドにしたら、こんなんなりました!って感じに思っています。

セシルさんよりは真木さんの方が魅力的です^^
実際の津波 (笛吹働爺)
2011-03-13 13:35:00
実際は映画のような'水の壁が迫ってくる'のとは違いました。しかも2~3分の間に町が飲み込まれている。
仙台の友人知人も数名音信不通です。

亡くなった方々のご冥福を祈るばかりです。
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-13 14:31:19
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
笛吹働爺さんへ (ituka)
2011-03-13 19:19:20
こんばんは。

津波の映像は、満水しオーバーフローしているお風呂の感じですね。
しかも、思いのほかその溢れだした水の圧力が凄いということ。
木造があんなに簡単に破壊されてしまうのには驚きました。

仙台に知り合いが居るんですね。心配ですよね。
ワタシも嫁方の親族が宮城に居るのですが連絡が取れてません。

そうですね。亡くなった方のご冥福をお祈りしましょう。
シムウナさんへ (ituka)
2011-03-13 19:28:42
こんばんは。

イーストウッド監督自信の余生のなかで、
ココロに引っかかっていたテーマではないかと思っています。
ワタシ自身、死後の世界は確実にあると思っている派なので
死ぬこと自体への恐怖は無いと思っていますが
実際そうなってみないと分りませんが
いずれにしても無の世界だけは、いやだな~と思っています^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヒア アフター (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組んだマット・デイモン。共演に『シスタースマイル ドミニ...
ヒア アフター / Hereafter (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click イーストウッドにハズレなし!だったんだケド… 「硫黄島からの手紙」に続き、スピルバーグ製作総指揮で3度目タッグ。 原題「Hereafter」=来世。 死後に人はどうなる? マット・デイモンが霊...
映画「ヒアアフター」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポット...
ヒア アフター (食はすべての源なり。)
ヒア アフター ★★★★★(★満点!) いや~。よかったです。ほんと、良い意味で裏切られました。 観たくて、観たくて、試写会にさんざん応募したのですがことごとくハズレナイトショーで鑑賞。 そのくせ、あまり事前情報なく鑑賞して、裏切られた(笑) 鑑賞後にHPと...
映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン....
映画 「ヒア アフター」 (ようこそMr.G)
映画 「ヒア アフター」
ヒア アフター (あーうぃ だにぇっと)
1月21日@よみうりホールで鑑賞。 クリントの新作ということで珍しく男性も多い試写会。 我々の横に座った鈍感そうなおばさん二人組は会場内の混雑をものともせずに隣の座席に荷物を置いて不法占拠(笑)していた。 開演間際に係りの人に声かけられてようやく荷物を...
ヒア アフター (Akira's VOICE)
静かで前向きな物語。   
ヒア アフター (食はすべての源なり。)
ヒア アフター ★★★★★(★満点!) いや~。よかったです。ほんと、良い意味で裏切られました。 観たくて、観たくて、試写会にさんざん応募したのですがことごとくハズレナイトショーで鑑賞。 そのくせ、あまり事前情報なく鑑賞して、裏切られた(笑) 鑑賞後にHPと...
ヒア アフター・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全ての人間が絶対に避けられない瞬間、それは“死”である。 死はすべての終わりなのか、それとも新しい何かの始まりなのか。 巨匠クリント・イーストウッドが齢80歳にして新たに挑んだのは、彼自身にも確実に...
ヒア アフター【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ヒア アフター 制作:2010年・アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエ...
ヒア アフター (シネマDVD・映画情報館)
ヒア アフター パリ。ジャーナリストのマリーは、津波にのまれて呼吸停止した時に見た光景が、頭から離れない。あの不思議な映像は何だったのか? ロンドン。少年マーカスは、双子の兄を亡くした悲しみから立ち直れない。兄とはもう二度と会えないのか......
ヒアアフター (悠雅的生活)
野球帽。チャリングクロス駅。ディケンズの朗読。
ヒア アフター (映画鑑賞★日記・・・)
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...
ヒア アフター (心のままに映画の風景)
フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、バカンス先の東南アジアで津波に襲われ、九死に一生を得る。 霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、今はそ...
ヒアアフター #15 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Hereafter 監督・製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア 製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 脚本:ピーター・モーガン 撮影:...
ヒア アフター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグン×監督クリント・イーストウッド、“硫黄島二部作”のコンビが送り出す感動のヒューマンドラマ。津波で生死の境を彷徨った女性、霊能力者 ...
ヒア アフター (うろうろ日記)
試写会で見ました。津波の被害者、双子の兄を失った弟、死者の声が聞けるマット・デイ
ヒア アフター (風に吹かれて)
今が大事 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hereafter製作総指揮: スティーブン・スピルバーグ監督: クリント・イーストウッドパリで活躍するジャーナリストの
『ヒアアフター』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア試写会場:ニッショー...
人生は必然で出来ている。『ヒア アフター』 (水曜日のシネマ日記)
生と死を身近に体験した人間の物語です。
『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! (映画のブログ)
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か~?英語で言や~Every Jack has his Jillや~(笑) (労組書記長社労士のブログ)
 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかなあ~って感...
ヒア・アフター  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  セシル・ドゥ・フランス  フランキー・マクラレン  ジョージ・マクラレン   【ストーリー】 ジャーナリストのマリーは、東南アジアで津波に飲み込まれ、呼吸が停止した時に不思議な光景を見る。サンフランシスコ―かつて霊能力者と...
映画「ヒア アフター」 (FREE TIME)
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。
ヒアアフター(2010)☆Hereafter (銅版画制作の日々)
  MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス~」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいきませんでしたが、それほど悪くもありませんでした。全体を通して...
ヒア アフター (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 雄花と雌花と蜜蜂 サンフランシスコとパリ。 遠く離れて生きる男女が出会うべくして出会う物語。 人は過去に囚われて生きている。 その過去とどう折り合いをつけて未来を見つめるか...
生と死、そして希望 (笑う学生の生活)
21日のことですが、映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。 双子の兄を亡くした少年、津波で死を垣間見た女、死者と話せる能力に苦しみ男 3人が希望を持つまでのドラマ じっくりと 静かに進んでいくストーリー それぞれのドラマが描かれる イースドウッド監督だけあり...
【映画レビュー】ヒアアフター (Hisa-Bo's Walk)
2010年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 製作 クリント・イーストウッド、キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ティム・ムーア、ピーター・モーガン 脚本:ピーター...
劇場鑑賞「ヒアアフター」 (日々“是”精進!)
「ヒアアフター」を鑑賞してきました「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマ...
CGよりも人間ドラマ「ヒア アフター」 (茅kaya日記)
 社会への怒りを作品に込めてきたイーストウッド監督。が、今回、今までとはずいぶん違う題材。個人的には死後の世界と言うのはどうも苦手だが、津波のシーンをはじめ見どころ満載。それに、死後の世界が中心と言うわけでもなくさすがはイーストウッド監督、人間...
ヒア アフター (こんな映画見ました~)
『ヒア アフター 』---HEREAFTER---2010年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、 セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン 、ジョージ・マクラレン 、ジェイ・モーア 、 &nbsp...
ヒア アフター (犬・ときどき映画)
クリント・イーストウッド監督ヒア アフター <Story> リゾート地で休暇中に津波に飲み込まれ、臨死体験をする人気キャスターのマリー いつも一緒にいた双子の兄を突然の事故で亡くした、マーカス 死者との交信を職業にしていたが、疲れ果て工場で働くジョージ マリー...
ヒア アフター(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ ここ2年ほど見た映画のコメントをまともに書いてませんでしたが、落ち着いてきたのでそろそろ書いてみたいと思います。 久々に書くのは大好きなクリン ...
「ヒアアフター」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
No.244 ヒア アフター (気ままな映画生活)
【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ...
ヒア アフター (だらだら無気力ブログ)
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合っ...
『ヒア アフター』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、...
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
ヒア アフター (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ...
映画『ヒアアフター』を観て (kintyre's Diary~Goo Version)
11-20.ヒアアフター■原題:Hereafter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:3月13日、渋谷シネパレス■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド□脚本・製作総指...
ヒア アフター (銀幕大帝α)
HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン....
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン....
ヒア アフター (いやいやえん)
クリント・イーストウッド監督作品。大津波シーンが東日本大震災と重なりますね、途中で劇場非公開になるのも納得です。 でもこれは災害の物語ではなくて、希望と再生の物語でした。 サンフランシスコの霊媒体質の青年、ロンドンで暮らす双子の兄を亡くした少年、大...
「ヒアアフター」(HEREAFTER) (シネマ・ワンダーランド)
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...
【DVD】ヒア アフター (映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記)
JUGEMテーマ:洋画  ※ 震災を想起させるシーンが流れます。あらかじめご了承ください。クリント・イーストウッド監督、主演マット・デーモンの組み合わせである。 インビクタスに続き、二作目。 今回は霊能力者のお話。 こういった話はファンタジーになりがち...