映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ブリッジ・オブ・スパイ

2016年01月10日 17時54分38秒 | 映画 は行
評価:★★★★☆【4.5点】



安定した面白さはむしろ地味な作品の方が多いのでは。




米ソ冷戦下の1957年、ニューヨーク。
ルドルフ・アベルという男がスパイ容疑で逮捕される。
国選弁護人として彼の弁護を引き受けたのは、
保険を専門に扱う弁護士ジェームズ・ドノヴァン。
ソ連のスパイを弁護したことで
アメリカ国民の非難を一身に浴びるドノヴァンだったが、
弁護士としての職責をまっとうし、死刑を回避することに成功する。
5年後、アメリカの偵察機がソ連領空で撃墜され、
アメリカ人パイロットのパワーズがスパイとして拘束されてしまう。
アメリカ政府はパワーズを救い出すためにアベルとの交換を計画、
その大事な交渉役として白羽の矢を立てたのは、
軍人でも政治家でもない一民間人のドノヴァンだった。
交渉場所は、まさに壁が築かれようとしていた敵地の東ベルリン。
身の安全は誰にも保証してもらえない極秘任務に戸惑いつつも、
腹をくくって危険な交渉へと臨むドノヴァンだったが…。
<allcinema>



冒頭から数分間、セリフがまったくないにも関わらず
グイグイ作品に惹き込まれてしまうスピルバーグの技に拍手!
カメラアングルやチョットした画面の動きだけで
登場人物の心情の奥深いところまで描き出す技量は健在だった。

そしてそれに見事に応える名役者たちが揃えば
脚本がいいだけに映画が面白くなるのは当然の結果と思う。

言葉も満足に通じない異国の地でポーカーゲームをする
主人公の底知れぬ度胸には、ただただ驚くばかり。
これもすべては保険専門の弁護士で養われた一語の重要性を
体で覚えた彼の中のスキルなんだろうな。

重大な責務から解放され我が家に帰って来たジェームズ。
疲れと風邪からスーツのままベッドに体を放り投げ眠る。
テレビでは彼の行った功績がニュースで流れ、それを見た家族の
驚きの表情が涙腺を刺激する。

男ってこうでなくっちゃ!(笑)



【今週のツッコミ】
・ソ連のスパイを弁護する羽目になったジェームズに
 冷たい視線を送った電車のご婦人が最後は微かに微笑む演出が秀逸。

・1957年代の舞台背景がワタシは大好きなのだ。
 男女のファッションから道路を走る車に至るまで^^

・ソ連のスパイを演じたマーク・ライランスのキャラがいい。
 本作でイッキに知名度が上がることだろう。
 ちなみに、まだ50代半ばという若さにびっくり(入歯だし)^^;

・弁護を引き受けてからNY市民に銃撃されるシーンは
 本作で予告編のワンシーンしか描かれなかったわけだが
 家族の恐怖を描くには少々物足らない気がした。

・出来る交渉人としての彼の上を行くのが実は彼の妻ではないか?と
 密かに確信しているワタシ。出発前の彼女のセリフが素晴らしい。

・双方の捕虜ともに抱擁はなかったですね。これが現実。
 情報漏えいの疑いがあるから仕方ないか。

・当初は地味な予告編のためか食指も動かずスルーを決めていたが
 地元の料金の安い単館でも上映することを思い出し急遽鑑賞!大正解!(爆)
------------------------------------------------------------
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:マット・シャルマン/イーサン・コーエン/ジョエル・コーエン
音楽:トーマス・ニューマン

出演:トム・ハンクス/マーク・ライランス/


『ブリッジ・オブ・スパイ』
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリムゾン・ピーク | トップ | パディントン »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2016-01-10 18:54:40
あけおめ~♪

男心をくすぐる作品なんですかね?!(爆
女心からしたら、
あんた、なにやってんのよー
って感じですが。
まぁ~あの時代ですから妻がでるまくないですね。
私にはちょと真面目すぎた作品でした。
えふさんへ (ituka)
2016-01-10 19:32:40
初対面の相手と交渉するときは強気な態度に出ると
意外と成功するものだと、この映画で学べました(笑)
地味だったけど、その分、現実っぽくてワタシは好きでしたよ。

>女心からしたら、
>あんた、なにやってんのよー

いいなー!こういうの(爆)
あの妻もこれくらいのセリフを言ってほしかった。
だとすると、サスペンス・コメディになっちゃうか(爆)
あけおめです。 (オリーブリー)
2016-01-10 19:47:46
すっかり遅れましたが、今年も宜しくお願いします。

あの妻、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の悪母の印象が強すぎましたが、これで一気に好感度得ました(私的に)
監督、脚本、役者の綺麗なトライアングル作品でした。
オリーブリーさんへ (ituka)
2016-01-10 20:24:34
あけおめ~!ことよろ~!

スピルバーグ監督に群衆に呑みこまれてしまう目標物を描かせたら
もはや右に出るもの居ないと思っているワタシです。
これは、もう若手監督への教科書ではないかと(笑)

>あの妻、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の悪母の印象が強すぎましたが

なるほど!未見なのでこの良作はいちどチェックしたいものです。
いい映画にはいいスタッフが付かないとダメですね。

Unknown (mariyon)
2016-01-10 20:59:07
アナログなスパイ活動の小道具が、
あの時代の大変さを物語っていました。
ベルリンの壁が作られていくさまや、偵察機での撮影。
(そう、キューバ危機もこの写真からだったような・・・。)
ものすごい時代だったんだと。。。
こんな時代でなくて良かった。現代に感謝…と思いつつ
自分の生まれた頃って、こんな時代だったのかと
ちょっとしたカルチャーショックを受けて帰ってきました。

スピルバーグ作品で久々に感動しました。
mariyonさんへ (ituka)
2016-01-10 21:26:29
ソ連のスパイ爺さんから押収した品物もアナログ満載でしたね(笑)
公園のベンチから持ってきた銀貨に仕込まれてたのが
ホント時代を感じました(笑)

そうそう、キューバ危機勃発もあのU2-偵察機による画像が発端でしたもんね。

ジェームズが帰りの車窓から見る少年らの何気ない金網飛び越えに
可なり反応してましたね。
あれが所謂トラウマって言われるものなんでしょうね^^;
トライアングル (もののはじめのiina)
2016-01-21 09:51:09
1対1と思っていたスパイ交換に伏兵がいたり、交換後のその後の貢献に喜ばしく思いました。

ソ連側に抱擁はなかったですが、アメリカ側は上官との抱擁がありましたょ。

こんにちは。 (みぃみ)
2016-01-21 13:46:43
お父ちゃんドノバン氏は、
釣りに行ってた(ことになってた)んだ~、
と、子供達のお父ちゃん帰宅時の
のんびり具合に、思い出しました。
真実を知った時にも、
そっとお父さんを寝たままにしておいてあげる家族に、
良い家庭だな~と思いました。

マーク・ライランス、50代なんですか?
びっくりっ!!。
とっても心に響く役作りなさっていたと思いました。

撮り方もよかったですね。
最初のアベルが人混みに紛れる迄な映像に、
冒頭からひきこまれてました~。



iinaさんへ (ituka)
2016-01-21 22:32:34
スパイ交換なので互いの駆け引きなど緊張感ありました。
1体2という変則技を見事に成し遂げたドノバンの力量に尽きますね。
こういうのを見て日本政府も北の国との交渉を進めてほしいところです(笑)
みぃみさんへ (ituka)
2016-01-21 22:41:16
今度の週末はチョイと釣りに行ってくるわ!
会社の付き合いだから仕方ないんだよね~(苦笑)
というお気楽なノリで、実は凄いことをしていたというのが
ドノバン氏の粋なところでしたね。

妻は薄々気づいていたものの
まさかこんなことをしていたとはつゆ知らずってやつですね(笑)

アベル爺さんの静かな佇まいに見入ってしまい
こういうのが本当のスパイって感じなのかもしれませんね。
J・ボンドやイーサン・ハントが如何に劇画っぽいか
よ~く分かりましたよ(笑)

ちなみにアベル爺さんまだ50代ってびっくりですよね^^;
またもやニアミス?! (ami)
2016-01-22 23:24:18
(投稿日時から察するに)
ひょっとして10日10時の回でしたか?
同時刻、私はスクリーン2にいたのですが、
ってことはやっぱり3回券の最後の1枚を買ったのは私だったのですね(爆)

本作についてはまたもや巷の絶賛に
全くついて行けないマイノリティなので
軽~くスルーさせていただきますね(笑)
amiさんへ (ituka)
2016-01-23 16:22:11
そう!10日の10時にスクリーン1で観てました(笑)
なんだ隣のスクリーンに居たのね。
ワタシは例の会員券にハンコ押してもらうときに訊いたんで
時間的にamiさんが買われた直後だったのね(爆)

マジョリティが高評価なA級作品だと、つい食い付いてしまうワタシですが
これは観ておいてよかったです(笑)
久しぶりにスピルバーグ作品のカメラアングルの妙技を見せつけられました。
Unknown ()
2016-01-24 18:12:04
トラバありがとうございます。

アベル大佐が50代とは驚きですね。老けの原因は、どんな冬の時代を生きて来たんだよと。

スピルバーグ監督の、スパイものと言う事で、アクションでは無いと思いましたが、これはこれでひとつの確立されたやり方だと思います。当事者達の心の動きや、その間隙を突く、スパイの常套。

世界は美しい、と思っていないと、こんな大謀略は却って出来ない、と思いました。大佐は信じる事によって、自分の受け皿となっている国をすら売れるのだと。
隆さんへ (ituka)
2016-01-24 19:08:24
ハリウッドの御三家(死語?)ブラピ、ジョニデ、トムクなどと殆ど年齢変わらない大佐の老け具合にびっくりでした(笑)
彼がスパイとなった経緯がすごく気になるんですよね。
彼のアジトにガサツに入ったところ、ヨレヨレの下着姿で
入歯のこと気にしてましたが、こういう何気ない描写こそスピルバーグの繊細な部分かもしれないですね。

エンドロールの後日嘆でかなり救われました。
こんにちは (ミス・マープル)
2016-01-28 13:39:38
そうそう入れ歯とか、コートを盗まれて風邪をひき鼻水を垂らすとか、ルドルフ一家と自称する人々の一瞬での豹変ぶりとか、橋の上での任務が終わり、東ドイツの高官の差し出した手をCIAが全く無視するとか、細かな演出が素晴らしかったです。
確かにトム・ハンクスは老けましたね。
ミス・マープルさんへ (ituka)
2016-01-28 21:42:40
トム・ハンクスの次の映画はイーストウッド監督作品ということで
今から楽しみにしているワタシです(笑)
スピルバーグ映画はワタシ的に当たり外れが大きいので
この作品もやめようか迷ったんですが観て正解でした!(笑)

細かい演出がよかったですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies (勝手に映画評)
事実に基づく作品。U-2撃墜事件でソ連に抑留されたフランシス・ゲイリー・パワーズの釈放にまつわる話を描いている。 U-2撃墜事件は、ちょうどベルリンの壁が構築されて時期にも近く、冷戦が最高潮の頃。それを理解しないと、アメリカでソ連のスパイを弁護するということ...
ブリッジ・オブ・スパイ (ハリウッド映画 LOVE)
今年の映画観始めは、BB-8恋しさに元旦にフォースを覚醒してきました。したがって今年2回目の映画鑑賞です。
劇場鑑賞「ブリッジ・オブ・スパイ」 (日々“是”精進! ver.F)
信念を、持ち続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601090001/ ★トム・ハンクスのアップ!名優のオーラを感じよう!★【 数量限定グッズ 】インテリアに!DVD...価格:16,800円(税込、送料別)
ブリッジ・オブ・スパイ (心のままに映画の風景)
米ソ冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。 敵国の人間を弁護することに非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たし...
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市....
同じ人を見ているのに・・・。『ブリッジ・オブ・スパイ』 (水曜日のシネマ日記)
東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件「U-2撃墜事件」の舞台裏を描いた作品です。
ブリッジ・オブ・スパイ (あーうぃ だにぇっと)
ブリッジ・オブ・スパイ@20世紀フォックス
「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード  “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサン&ジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が集結した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」...
『ブリッジ・オブ・スパイ』 (こねたみっくす)
愛国心が正義を踏みにじってもいいのか。 「20世紀を映像として残すことが監督としての使命」と語るスティーブン・スピルバーグが描く正義。それは常に愛国心を超えた世界に存在す ...
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ブリッジ・オブ・スパイ(日本語字幕版)』 (公式)を公開初日の本日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー アメリカとソ連が冷戦下の1950~60年代。保険の分野で...
「ブリッジ・オブ・スパイ」@20世紀フォックス試写室 (新・辛口映画館)
 今回私は「Yahoo!映画ユーザーレビュアー」試写会に招かれた。客席は満席だ。
ブリッジ・オブ・スパイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ Story:世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。...
『Bridge Of Spies』 ブリッジ・オブ・スパイ (キマグレなヒトリゴト: IN PERTH)
多少アメリカ万歳的な感じではあったけど、地味でなかなかよかったです。ちょこっとしたネタバレあるかもしれないので注意してくださいね。あらすじは:保険の分野で着実にキャリ ...
"Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容・台詞に触れています。『ブリッジ・オブ・スパイ』Bridge of Spies監督 : スティーヴン・スピルバーグ脚本 : コーエン兄弟、マット・チャーマン出演 : トム・ハンクス、マーク・ラ
「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
コーエン兄弟がかかわったら面白いと思うはず。 確かにスリリングな話で、しかも実話を基にした物語なんだから・・・・ でも何だろう? スピルバーグの真面目さと、トム・ハンクスの誠実さが強すぎて、一触即発な話が何だか落ち着きと安定に負けちゃったような??
ブリッジ・オブ・スパイ  (to Heart)
BRIDGE OF SPIES 上映時間 142分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 出演 トム・ハンクス/マーク・ライランス/エイミー・ライアン/ビリー・マグヌッセン/アラン・アルダ/スコット・シェパード/オースティン・ストウェル/ウィル・ロジャース/ピーター・マクロビー 一触即....
フツーの弁護士が、がんばりすぎ~~~(;´∀`)「ブリッジ・オブ・スパイ」~ (ペパーミントの魔術師)
正直なとこ私があんまし見るタイプの映画じゃない。(わわわわわ) でも、安定のトムハンクス。ヾ(・∀・;)オイオイ ジェームズ・ドノヴァンは、フツーの市民、フツーの弁護士、それも保険の。 それが、形式上は弁護士をつけなきゃくらいの気持ちで選ばれただけだった...
ブリッジ・オブ・スパイ (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込...
ブリッジ・オブ・スパイ~実はソ連側の勝利 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ...
ブリッジ・オブ・スパイ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マ...
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画好きパパの鑑賞日記)
 スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、脚本がコーエン兄弟と、鉄壁の布陣。コーエン兄弟の人をくった毒が少ないような気がしましたが、非常に上質の作品です。ただ、当時の知識がないと、よく意味が分からないかも知れません。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督...
映画:「ブジッジ・オブ・スパイ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年1月21日(木)。 映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」。 監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 音楽 トーマス・ニューマン ストーリー: アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950~60年代。 冷戦...
ブリッジ・オブ・スパイ (E'S STREAM)
激しい謀略戦の代償は、責任ある国家が負う…。冷戦下、米ソ間のスパイを用いた謀略戦は、デッドヒートを繰り広げていた。核爆撃の機をうかがい、その準備として米国に潜伏するソ連スパイのルドルフ・アベル大佐。彼は、画家として悠々自適の生活を送りながら、水面下では...
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (FREE TIME)
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016年1月9日。 ユナイテッドシネマ豊洲、10番スクリーン。 やっとI列で鑑賞できた。 H列でも悪くはないがI列の方が高さはぴったり。 ** トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、スコット・シェパード。 * 1957年、東西冷戦の真....
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016年1月9日。 ユナイテッドシネマ豊洲、10番スクリーン。 やっとI列で鑑賞できた。 H列でも悪くはないがI列の方が高さはぴったり。 ** トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、スコット・シェパード。 * 1957年、東西冷戦の真....
ブリッジ・オブ・スパイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...
ブリッジ・オブ・スパイ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブリッジ・オブ・スパイ」 原題:Bridge of Spies 監督:スティーブン・スピルバーク 脚本:ジョエル・コーエン    イーサン・コーエン 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:トム・ハンクス      マー...
無冠詞~『ブリッジ・オブ・スパイ』 (真紅のthinkingdays)
 BRIDGE OF SPIES  1957年、東西冷戦の時代。保険が専門の弁護士、ジェームズ・ドノヴァン (ト ム・ハンクス)は、ブルックリンで諜報活動に従事していたソ連のスパイ、ルドル フ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を命じられる。  一人の...
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画の話でコーヒーブレイク)
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画の話でコーヒーブレイク)
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ブリッジ・オブ・スパイ/BRIDGE OF SPIES 2015年/アメリカ/142分 監督: スティーヴン・スピルバーグ 出演: トム・ハンクス/マーク・ライランス/エイミー・ライアン/アラン・アルダ/スコット・シェパード 公式サイ...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ここなつ映画レビュー)
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴す...
ブリッジ・オブ・スパイ(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年3本目です。 【あらすじ】 アメリカとソ連が冷戦下だった1950~60年代。 ソ連のスパイ・アベル(マーク・ライランス)の弁護人になったジェームズ・ド...
ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  オースティン・ストウェル 【ストーリー】 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、ア....
スパイ交換劇 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。 弁護士ドノヴァンはソ連のスパイ アベルの弁護を引き受ける 敵国の人間の弁護に周囲から非難もあったが死刑を免れ懲役刑となる 5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲さ....
ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ...