映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

リアルな映画を観て、生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

2012年12月01日 20時38分34秒 | 映画 あ行
評価:★★★【3点】



とくに目新しい内容でもないしラストも今となっては、、、

何も衝撃を受けることなく淡々と進む物語りと
すっかり成長してしまったラドクリフくんには
なんと!無精ひげが生えてて、もう子役は無理な年齢か。
そういうところばかりに目が行って少し淋しい気分に(笑)



ロンドンに暮らす若い弁護士アーサー・キップスは、
妻に先立たれた悲しみから未だ立ち直れずにいた。
そんな中、事務所から新たな仕事を命じられた彼は、
ひとり息子をロンドンに残し、
田舎町クライシン・ギフォードへと向かう。
目的の館は、霧深い沼地に浮かぶ島の中に建っていた。
しかも島に繋がる道は満潮になると水没し、
館は完全に孤立してしまう。
彼はそこで他界したアリス・ドラブロウ夫人の
遺品整理に取りかかる。
そして図らずもドラブロウ家にまつわる
忌まわしき過去に触れてしまい、
館に取り憑くおそろしくも哀しい呪いの正体と
対峙していくことになるアーサーだったが…。
<allcinema>



正直、何も残らない映画でした。
今時のハリウッド映画のような絶叫ホラーとちがい
そこには格調高い空気が漂い、正統派で真面目な
これぞイギリスホラーだ!という声が聞こえてきそうだった。

作品全体を覆うクラシカルな雰囲気はいいんだけど
そういった高貴なイメージは画面を支配する問題の館の
外観と色温度を限界まで下げた美術スタッフと
撮影監督のセンスによるものが大きいところだけ。

ラドクリフくんは23歳になったそうですが
見た目、かなり小柄なイメージ。
ハリーポッターのように子供役で主人公ならいいけど
今後はこういったモダンホラーとか史劇など
演じる役の幅が狭くなる懸念も(って、大きなお世話や)^^;


【今週のツッコミ】
・自分のひとり息子を失った母が暴走する映画でした。
 悲しみは分かりますが、かなり独りよがりな部分があって
 自己チューとはこういう感じの人なんですかね。

・その母に感情移入できなければ、亡霊に歩み寄れない。
 製作スタッフの脚本家と監督はこれでGO!だったのか?
 亡霊に歩み寄れなければ、ただの絶叫ホラーと変わらない^^;

・ラドクリフくん、次回作はサイコホラーかコメディへ!
 どうみても刑事役のオファーはないと思うので
 IQの高い犯人役なんか期待したいです。
 見た目がホアキン・フェニックスかスチュアート・タウンゼント?
--------------------------------------------------
監督:ジェームズ・ワトキンス
脚本:ジェーン・ゴールドマン
撮影:ティム・モーリス=ジョーンズ
音楽:マルコ・ベルトラミ


出演:ダニエル・ラドクリフ/キアラン・ハインズ/ジャネット・マクティア/
    リズ・ホワイト


『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HICK-ルリ13歳の旅 | トップ | 007 スカイフォール »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
彼は、、、 (オリーブリー)
2012-12-03 12:09:11
数年前、まだハリーの最中で10代だったと思うけど、舞台用のヌード画像観た時、相当な体毛に覆われていましたよ(爆)
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-12-03 22:12:25
こんばんは。
相当な体毛でしたか〜(爆)
小柄(166センチ)で細身だけなら『キャプテン・アメリカ』の今後のリメイク(あるんか?)に
マッチョの方はCGで出演できそうですね(おいおい)

逆にその体毛を生かして人類に捉えられたチンパンジー役という
今後の『新生・猿の惑星』なんか良いかもしれませんね(こら!)^^
ラドクリフVSイライジャくん (mariyon)
2012-12-26 19:38:52
わたし、ハリー・ポッターは4回目までしか見てません。
彼の成長に、なんとなくついていけなかった。
今回、予告の映像にやられて、これは・・・と期待したんですが、さすがに妻を亡くして苦悩する夫は無理だったようで。
イライジャくんにしても、子役の時期が可愛かった分、ホビトのあとは、オタク青年あたりが適役になってるし。
彼もそんな風にならなきゃいいけど。

確かに、刑事ものはきついですよね・・・。

これだけ素敵な映像を見せられたのに、
ほんと、何も残らない映画でした。
mariyonさんへ (ituka)
2012-12-27 15:29:18
こんにちは。
そういえば、『ハリーポッター』も第一作だけしか観てなかったわ(爆)
たぶん、こういう団体ツアーのようなファンタジー系が苦手なのかもしれません(苦笑)
いわれてみれば、イライジャくんもラドクリフくんも苦手系な俳優さんって感じです。
どちらもシリーズでがっぽり稼いだはずなのに後が続きませんね〜。

この映画はラドクリフくんのひとり芝居な感じなので、舞台劇としたほうがよかったのかも(笑)
今後の彼には是非とも悪役を!これで10年は俳優として生き残れそうだと勝手に思っています(ファンに怒られるかも)^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ウーマン・イン・ブラック』 2012年11月27日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウーマン・イン・ブラック』 を試写会で鑑賞しました。 ホラーはちと苦手なんだけど、なかなか良い感じの映画だった けど、苦手は変わらんよ 【ストーリー】  19世紀末のイギリス。ロンドンで弁護士として働くアーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、4年前...
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE WOMAN IN BLACK】 2012/12/01公開 イギリス/カナダ/スウェーデン 95分監督:ジェームズ・ワトキンス出演:ダニエル・ラドクリフ、キアラン・ハインズ、ジャネット・マクティア、リズ・ホワイト、ソフィー・スタッキー 見たら、逃げられない。 [Story]19世紀末...
「ウーマン イン ブラック」☆丑三つ時の恐怖 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ハリポタ卒業のダニエル・ラドクリフが、すっかり大人になって戻ってきた。 もみ上げの長さ分成長したラドクリフの、渾身の一人芝居が見事。 時代物の屋敷で展開する極上のゴシックホラーは、雰囲気たっぷりなものの怖すぎず、私に丁度良いかな〜と思っていたら・・・・...
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 ★★ (パピとママ映画のblog)
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のダニエル・ラドクリフ主演で贈るゴシック・ホラー。19世紀末、他界した大富豪の遺産整理のため、イギリスの田舎町に赴いた弁護士が“黒衣の女”にまつわる怪現象に遭遇する。原作はスーザン・ヒルの『黒衣の女 ある亡霊の物語』。...
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館/ダニエル・ラドクリフ (カノンな日々)
『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが主演するゴシック・ホラー・ムービーです。ハリポタ以外でダニエル・ラドクリフを観るのは『ディセンバー・ボーイズ』以来 ...
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (風に吹かれて)
許さないわよ 黒衣の女公式サイト http://www.womaninblack.jp原作: 黒衣の女 ある亡霊の物語 (スーザン・ヒル著/ハヤカワ文庫)脚本: ジェーン・ゴールドマン  「キック・ア
ウーマン・イン・ブラック〜 亡霊の館〜 (★ Shaberiba )
ある意味ビックリ・・
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (だらだら無気力ブログ!)
雰囲気は良かったけど、あんまり怖くはなかったな。
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (Memoirs_of_dai)
ゴシックホラーにハマらないダニエルの画 【Story】 19世紀末のイギリス。ロンドンで弁護士として働くアーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、4年前の妻の死を引きずっていた。そんな彼に、弁...
映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-100.ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館■原題:The Woman In Black■製作年・国:2012年、イギリス・カナダ・スウェーデン■上映時間:95分■観賞日:12月15日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジェームズ・ワトキンス◆ダニエル・ラ...
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (銀幕大帝α)
THE WOMAN IN BLACK 2012年 イギリス/カナダ/スウェーデン 95分 ミステリー/ホラー 劇場公開(2012/12/01) 監督:ジェームズ・ワトキンス『バイオレンス・レイク』 原作:スーザン・ヒル『黒衣の女 ある亡霊の物語』 出演: ダニエル・ラドクリフ:アーサー...
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (いやいやえん)
ダニエル・ラドクリフ主演。全体に陰鬱な空気が流れるゴシックホラーの趣がいいね! 弁護士として働くアーサーは妻に先立たれ、悲しみにから抜け出せないでいた。そんな中、彼は仕事で田舎町に建つ館へ赴き、亡くな
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (いやいやえん)
ダニエル・ラドクリフ主演。全体に陰鬱な空気が流れるゴシックホラーの趣がいいね! 弁護士として働くアーサーは妻に先立たれ、悲しみにから抜け出せないでいた。そんな中、彼は仕事で田舎町に建つ館へ赴き、亡くな