映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアリティ映画でシミュレーションしておけば何処かで役立つはず

ガール・オン・ザ・トレイン

2016年11月19日 20時36分38秒 | 映画 か行
評価:★★★☆【3.5点】




エミリー・ブラントの痛い女が哀れすぎ^^;



愛する夫トムと離婚し、友人の家に居候しているレイチェル。
未だに心の傷は癒えず、アルコールが手放せない彼女は、
通勤電車から見える一軒の家に住む“理想の夫婦”の姿に
慰めを見出していた。
その家の近くには、かつて彼女がトムと暮らしていた家もあった。
今はそこに、トムは新たな妻アナと生まれたばかりの娘と住んでいた。
そんなある日、いつものように車窓から
“理想の夫婦”を眺めようとしたレイチェルは、
思いがけず妻の不倫現場を目撃してしまう。
激しいショックで混乱するレイチェルは、思わずその家へと向かう。
ところが、途中から記憶を失い、気づいたときには
自分の部屋で血を流して倒れていた。
その後、彼女が理想の妻と思っていた女性メガンが
行方不明になったことを知るレイチェルだったが…。
<allcinema>



決まった車両の決まったシートから車窓を眺める女ということで
どこかヒッチコック映画を思わせる感じがワタシ好み。

毎日、車窓の向こうにある優雅なブロンド美女と男が暮らす家を眺め
ひとり妄想の世界に浸っているのが今回の主人公。
ある時、いつもと違う光景を目の当たりにしたことから
自分が思い描いていたイメージが崩れ、彼女に動揺が走るのだ。

ここから、ある事件が起こってしまい、現場で目撃された彼女に
その事件の容疑がかかってしまうことになる。

この映画は、車窓女が動いたことによって二つの家庭が崩壊へと進む。
それは結果的に真実を暴くということが、いいことだったかどうなのか。
少なくとも、ひとりの死者がいるのだから。。。

ずばり、結論から言えばラストの衝撃度は単なる意外性という程度だが
まさか、あのひとがそんな人だったとは!?って感じでしょうか^^

ミステリー映画として堪能することは出来ますね。



【今週のツッコミ】

・邦題長いので「電車女」でチケット購入ができるのかトライしたい(なにそれ)
 名古屋のTOHOシネマズは自動券売機じゃないからね^^;

・こういうミステリータッチの作風で事件が絡んでくると
 大概、怪しいのは周りから浮いている人物。
 今回、毎日暇を持て余し、アル中でウソつき女呼ばわりされた
 ヒロイン(笑)

・女性にとって望んでできた妊娠・出産という最も幸福なことが
 ヒロインには叶わない夢と消えたことで人生が負の方向へと進む。
 これでアル中になったヒロインを単純に非難は出来ない。

・いちばん怪しくない人物は誰?ということで真犯人を探し始めたワタシ。
 動機を考えれば主要人物全員が怪しいのだが。

・2階のテラスに立つブロンド美女が『パッセンジャー』(2017年公開)の
 ブロンド仕上げのジェニファー・ローレンスにクリソツなんですけど(笑)

・あの女刑事の貫禄が凄すぎる!(笑)

・テレビシリーズ「フレンズ」の天然娘フィービーことリサ・クドローが
 しっかり者の熟女に変身してました(懐かしい)^^
------------------------------------------------------------
監督:テイト・テイラー
脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン
音楽:ダニー・エルフマン
出演:エミリー・ブラント/レベッカ・ファーガソン/ヘイリー・ベネット/

『ガール・オン・ザ・トレイン』
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手紙は憶えている | トップ | 聖の青春 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに痛い (ここなつ)
2016-12-27 12:42:51
こんにちは。確かにエミリー・ブラントは痛すぎました。
女性陣の3人が、したたかだったり悪癖を持っていたりという風に最初は見えたのですが、
結局は哀しい女達だったのですねぇ。
ここなつさんへ (ituka)
2016-12-27 19:28:19
エミリー・ブラントは男前なアクションが魅力だったので
こういうどうしようもない(アル中女)役柄が逆に新鮮だったりします。
自分が思い描く理想の他人の夫婦関係に“不倫”という文字が入った途端
許せなくなって「成敗してくれるわ~!」と殴り込みに行く異常女だと思っていたので、チョット惜しかったです(笑)

コメントを投稿

映画 か行」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

ガール・オン・ザ・トレイン / The Girl on the Train (勝手に映画評)
ネタバレあり。 ポーラ・ホーキンズのヒット小説『ガール・オン・ザ・トレイン』の映画化作品。 初めは、パッと見レイチェルが怪しい様には見えませんが、徐々に彼女の“異常さ......
ガール・オン・ザ・トレイン (映画と本の『たんぽぽ館』)
欠落した記憶に怯える女 * * * * * * * * * * 毎日、通勤電車から見えるある家を食い入るように見つめるレイチェル(エミリー・ブラント)。 そんなところ......
映画:ガール・オン・ザ・トレイン The Girl on the Train 女優として成熟の域に達したエミリー...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ベストセラーの映画化。 とはいえ 正直、あまり期待しないで鑑賞(笑) 離婚し、アルコール依存の主人公(エミリー・ブラント)は、正直グダグダの人生。 メンタル危機状態......
THE GIRL ON THE TRAIN/ガール・オン・ザ・トレイン (我想一個人映画美的女人blog)
NYで最後に見た劇場映画。 もう日本でもすぐに公開なので先にup。 NYタイムズのベストセラーで21週No.1やサンデー・タイムズ・ベストセラー(英国)30週No.1の驚異の記録! 50ヵ国で......
「ガール・オン・ザ・トレイン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Girl on the Train」2016 USA愛する夫トムとの間に子供ができず飲酒に走り、アルコール依存症になったレイチェルは離婚し、友人キャシーの家に身を寄せているが、傷ついた心もアルコ......
ガール・オン・ザ・トレイン (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般     「ガール・オン・ザ・トレイン」 原題:The Girl on the Train 原作:ポーラ・ホーキンズ 監督:テイト・テイラー 2016......
ガール・オン・ザ・トレイン (映画好きパパの鑑賞日記)
 アル中の女性が電車の中から見た風景は真実なのか。女性向けサスペンスのベストセラーの映画化で、謎解き自体は面白いですが、映像化するとミステリー映画としては、ちょっとア......
『ガール・オン・ザ・トレイン』をトーホーシネマズ・スカラ座で観て、これはアレちゃ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲観客が主人公を信頼できない設定ってキツイ。 五つ星評価で【★★★三人よれば文殊の知恵どころか3P始まらないのがある意味不思議という、そんな人生観があったりもする映......
「ガール・オン・ザ・トレイン」 (ここなつ映画レビュー)
エミリー・ブラント渾身の作品。そして終始緊張を強いられる。エミリー・ブラントと共に、緊張感溢れる想像力の旅と記憶の旅を彷徨うのだ。マンハッタンへ行って帰る電車に乗って......
Blu-Ray:ガール・オン・ザ・トレイン The Girl on the Train  同じ映画でも、その後の知識獲得...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
(注:ギリギリ核心にはふれていないものの、以下の文章はかなりネタバレしています) 初めて観た時には、薄らボンヤリしていた認識。 それがあとでもう一度映画を観る......
ガール・オン・ザ・トレイン (銀幕大帝α)
THE GIRL ON THE TRAIN 2016年 アメリカ 112分 ミステリー/サスペンス PG12 劇場公開(2016/11/18) 監督: テイト・テイラー 原作: ポーラ・ホーキンズ『ガール・オン・ザ・トレイン......